2007年09月鑑賞記録

 2007年09月の月間鑑賞記録です。
 9月に出かけて見てきた(聴いてきた)展覧会、映画、コンサート等をまとめてあります。
 展覧会は12の展示を見ることができました。
 今月はなんといっても「BIOMBO/屏風 日本の美」展です。国内だけでなく海外に流失したのを含めて、これだけ素晴らしい屏風がそろい踏みは壮観ですね。この美術館のいつもの悪癖で細切れ展示ですので、ぜひ再訪しねければなりません。
 フェルメールの「牛乳を注ぐ女」を拝見できたのも嬉しい収穫の一つでした。
 若冲や仙厓さんも良かったです。
 今月は新たに3つの施設(仙台市博物館、礫川浮世絵美術館、UKIYO-e TOKYO)を初めて訪問できたのも収穫でした。
 映画は今月は3本した。「題名のない子守唄」は監督の力量の高さが光った作品でした。
 コンサート、この他ともになしです。
 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で非常に甘い評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

 展覧会
△「都市のフランス 自然のイギリス」(千葉市美術館)
◇「若冲とその時代展」(千葉市美術館)
◇「仙厓・センガイ・SENGAI―禅画にあそぶ―」展(出光美術館)
◎「BIOMBO/屏風 日本の美」展(サントリー美術館)
△「千總コレクション 京の優雅~小袖と屏風~」展(仙台市博物館)
△「花鳥礼讃―日本・中国のかたちと心」(泉屋博古館分館)
△「ル・コルビュジエ展」(森美術館)
△「土井コレクション 川瀬巴水 木版画展」(礫川浮世絵美術館)
△「月を愛でる-描かれた月の風情と物語」展(UKIYO-e TOKYO)
◇「フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展」(国立新美術館)
△「安齊重男の“私・写・録” 1970-2006」展(国立新美術館)
◇「ヴェネツィア絵画のきらめき」展(Bunkamuraザ・ミュージアム)

 映画
△「インランド・エンパイア」(シネチッタ)
△「長江哀歌」(109シネマズ)
◇「題名のない子守唄」(109シネマズ)

 コンサート
 なし

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2007-10-01 06:58 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2007年09月読書記録 「ヴェネツィア絵画のきらめ」展を見る >>