「川合玉堂展」を見る

d0001004_1039217.jpg 昨日(10月06日)「山種美術館」で展覧会「川合玉堂展」を見た。
 川合玉堂の没後50年の節目ということで春には「日本橋高島屋」でも開催されましたね。
 今回は「山種美術館」所蔵の作品70点の中からの展示とのことです。さすが「山種美術館」ですね。自前の作品だけで回顧展開けるんですから凄いもんです。
 初期の 「鵜飼」などの作品から、円熟期の「荒海」、「早乙女」といった作品、そして晩年までレベルの高い作品が揃ってます。
 決して奇をてらうことなく、平明な風景や風景に紛れた人物が淡々と描かれています。でも、けっして平板ではありません。じっくり見ているとハッと気づかされる発見に満ちています。
 時間をタイムスリップした充実した時間を過ごすことができました。

[PR]
by daisenhougen | 2007-10-07 07:38 | 鑑賞記-展覧会
<< 「平山郁夫 祈りの旅路」展を見る ∞(むげん)プチプチを買う >>