「Great Ukiyoe Masters/春信、歌麿、北斎、広重」を見る

d0001004_19302695.jpg 昨日(10月07日)「松濤美術館」で展覧会「Great Ukiyoe Masters/春信、歌麿、北斎、広重」を見た
 アメリカ中西部にある「ミネアポリス美術館」の浮世絵コレクション3,000点の中から約250点の展示とのことです。
 展示してあるのは、鳥居清倍、二代鳥居清倍、鳥居清忠、奥村政信、西村重長、石川豊信、鳥居清広、鈴木春信、勝川春章、勝川春好、勝川春英、鳥居清長、窪俊満、喜多川歌麿、鳥文斎栄之、栄松斎長喜、東洲斎写楽、歌舞伎堂艶鏡、歌川豊国、歌川貞国、葛飾北斎、歌川広重といったメンバーです。あんまり聞いたことのない人から超有名まで揃っています。
 有名な割にはあんまりまとめて拝見できない鈴木春信の作品ががたくさん展示してあったのは嬉しかったですね。
 でも展示数では北斎と広重が圧倒的に多かったです。
 どれも保存状態が良く発色が良い作品だったのは嬉しい限りです。
 前期と後期で全面展示替えとのことですが、入館料がたったの300円ですから、是非とも後期も訪れなくてもなりませんね。

 図録買いましたので、読んでから感想続けます。

[PR]
by daisenhougen | 2007-10-08 07:29 | 鑑賞記-展覧会
<< 「アンドリュー・ワイエス展」を見る 映画「サッド ヴァケイション」を見る >>