奈良・京都旅行記2

 奈良・京都旅行記の二日目(11月04日)は朝8時半ぐらいから活動開始です。でも、バス停前は長蛇の列。みんな活動早いですね。
 バスで「京都国立博物館」の前を通過したら、人があふれてました。つくづく昨日行っておいて良かったなんて思いました。
 さて本日の最初は「京都市美術館」です。前回、京都に来たとき訪れた「京都国立美術館」の向かい側にあります。十年以上前の一度訪れたことがあります。今回のお目当ては「京都と近代日本画」展です。展覧会の感想は別途アップします。
d0001004_1363489.jpg

 歩いて「細見美術館」に移動しました。こちらは初めて訪れる美術館です。お目当ては「神坂雪佳-京琳派ルネサンス-」です。こぢんまりした美術館ですね。だんだん下の階に移っていくのも面白い構造でした。展覧会の感想は別途アップします。
d0001004_1365830.jpg

 「平安神宮」を参拝しました。七五三のお参りの家族連れがいっぱい来ていました。庭園を一回りしてきました。
d0001004_1372966.jpg

d0001004_1374844.jpg

 次は「二条城」へ移動。「二の丸御殿」の中を一回りしてみました。狩野探幽他の狩野派の面々のの障壁画がいっぱいでした。レプリカでしょうが、薄暗い中では区別付かないですね。
 「展示・収蔵館」では(はじめて訪れました)、「狩野尚信生誕400年記念特別展(後期)」ということで障壁画の原画が展示してありました。もう少し大きいスペースで展示して欲しいですね。
 二日間、狩野派づくしでしたね。
d0001004_1381836.jpg

d0001004_1383777.jpg

 「京都御所」は初めて訪れます。面倒な手続きが必要なので、なかなかハードル高いのですが、今回は5日間しか実施されない「京都御所の秋の一般公開」という幸運に恵まれました。
 でも、こちらも凄い数の観光バスが来ていました。入り口の宜秋門付近では荷物チェックが実施されて長蛇の列となってました。
 中はゆったりとしたスペースなので、多くの観光客が来ていても、そんなに混雑している感じはしませんでした。
d0001004_139131.jpg

d0001004_1392428.jpg

d0001004_1394830.jpg

 次に「相国寺 承天閣美術館」です。「若冲展」で再オープンした時に訪れました。その時と違いひっそりとしていました。今回は正門からの入場でした。開催されていたのは「相国寺の禅林文化」です。感想は別途アップします。
d0001004_13101442.jpg

 「相国寺」もラッキーなことに「秋の特別公開」を開催していて、普段は非公開の建物の内部を公開していました。
 まず「法堂」は「鳴き龍」が面白かったです。「方丈」はいろんな襖絵が拝見できました。次の「浴室」はなんてことなかったですが、まあご愛敬。
d0001004_13104927.jpg

d0001004_1311338.jpg

d0001004_13111748.jpg

 旅の最後は「金閣寺」まで足を伸ばしました。やっぱり京都に来たからには「金閣寺」ははずせません。青空の下に黄金色は映えますね。
d0001004_13113215.jpg

 ということで、京都・奈良弾丸ツアーは終了です。
 今年は、京都でしか見ることのできない大イベント「若冲展」、「狩野永徳展」を二つとも拝見できたことになります。やっぱり願えばかなうんですね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-11-06 07:53 | 街歩き・お出かけ
<< 「第59回 正倉院展」を見る 奈良・京都旅行記1 >>