「鳥獣戯画がやってきた!」を見る

d0001004_1203693.jpg 昨日(11月11日)「サントリー美術館」で展覧会「鳥獣戯画がやってきた! 国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌」を見た。
 やっとこさ「鳥獣戯画」の実物を拝見できました。世評高く、教科書をはじめとして日本アニメ文化の源流などと持ち上げられていますが、なかなかお目にかかれませんでした。
 今回は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻の四巻そろい踏みですから期待も高まっていました。雑誌の特集で予習して万全の準備でのぞみました。
 人気の展示だけあって、結構混んでましたが、ゆっくり進むスピードは鑑賞するにはちょうど良いぐらいでした。
 やっぱり甲巻がダントツの出来映えですね。いきいきとした表情は素晴らしいです。
 断簡や後世の模本のたぐいもいろいろ展示してあり、こちらも興味深かったです。
 その後は「鳥獣戯画」と関わりのある作品がいろいろ展示してありました。「放屁合戦絵巻」をはじめとして、ユーモアたっぷりの作品に興味引かれました。

 今回は全巻ともに前半部分の展示でした。後半部分は11月28日から12月16日に展示されるようなので、絶対見に来なくてはなりませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-11-12 06:59 | 鑑賞記-展覧会
<< 「Great Ukiyoe M... 「岡倉天心―芸術教育の歩み―」を見る >>