「婁正綱の世界~心ときょうの言葉~」を見る

d0001004_9205760.jpg 昨日(12月15日)「上野の森美術館」で展覧会「婁正綱の世界~心ときょうの言葉~」を見た。 婁正綱(ろうせいこう)(1966年-)さんは中国人の女流書家であり油絵の画家でもあり、主に日本やアメリカで活動しているとのことです。
 まず書です。
 中国人の書家ということで、漢字を揮毫しているのかと思ってましたが、大きな勘違いでした。産経新聞に連載されてるんでしから、当然ながら、普通の漢字仮名交じりの文章を揮毫していました。
 油絵は女性らしい穏やかな色遣いの抽象画でした。色遣いはシャガール風と言えそうでした。最後の方には具象的な風景画も何点か展示してありました。
 最後に財界人の座右の銘を揮毫した作品も展示してありました。
 一つのパターンを作り上げたので、いくらでも作品は量産できるようです。部屋を飾るインテリアにいかがですか、てなもんでしょうか。

[PR]
by daisenhougen | 2007-12-16 07:40 | 鑑賞記-展覧会
<< 「日本彫刻の近代」を見る 「北斎-ヨーロッパを魅了した江... >>