「『旅』展-異文化との出会い、そして対話-」を見る

d0001004_7511867.jpg 昨日(01月26日)「国立新美術館」で展覧会「『旅』展-異文化との出会い、そして対話-」を見た。
 おなじ「国立新美術館」でもこちらはひっそりしていました。そのぶんじっくり拝見できました。
 文化庁の「芸術家在外研修(新進芸術家海外留学制度)」が40周年を迎えたのを記念して、その制度で海外研修した作家102名の作品展示とのことです。すべて「旅」をテーマにした新作のようです。
 いやぁ官費留学してる人ってたくさんいるんですね。長期だけでも780名とは凄いですね。そしてここに展示している人たちは、その中でも一定の評価を得て、プロとして独り立ちしているようですから、ある意味、現代日本の公認された芸術家たちと言うことになりますね。
 でも、いくらプロ作品といっても、こういう風に大量の作家の作品が1作ずつビッチリと展示してあると、なにか公募展みたいな感じで、なかなか入り込めない感じでした。

d0001004_7521279.jpg 結局は、奥谷博、絹谷幸二、石踊紘一、田村能里子、遠藤彰子、内田あぐり、諏訪敦といった自分の知っている作家の新作はどんなものだろうといった見かたに落ち入ってしまいましたね。
 大体こういったくくりで展覧会開催する意味ってあるんでしょうかね。
 備忘録として、一応出品作家の名前を写しておきます。
 奥谷博、渡辺恂三、一色邦彦、小島信明、馬越陽子、白野文敏、豊島弘尚、最上壽之、小嶋悠司、櫻井晨正、原健、松本旻、今井信吾、戸田康一、舩坂芳助、峯田義郎、絹谷幸二、山本衛士、大成浩、高柳裕、相笠昌義、櫃田伸也、齋藤研、田辺和郎、池田良二、伊庭新太郎、上條陽子、村山きおえ、森野眞弓、谷中武彦、若江漢字、池田宗弘、石踊紘一、市野英樹、三澤憲司、川口起美雄、河内成幸、菊竹清文、田村能里子、有地好登、遠藤彰子、深沢軍治、浜西勝則、木村秀樹、島谷晃、松永久、金森宰司、北久美子、北條正庸、星野美智子、山田修市、安達博文、久野和洋、八木幾朗、相田幸男、伊藤育子、内田あぐり、瀬川富紀男、玉川信一、柳澤紀子、山口啓介、山本直彰、吉岡正人、秋岡美帆、下川昭宣、中村文子、浅野均、梶滋、諏訪敦、天野純治、鍋島正一、北郷悟、重政啓治、三浦明範、前田哲明、関直美、福島瑞穂、山本明比古、石井武夫、滝純一、橋本とも子、蛭田均、坂本佳子、原高史、筆塚稔尚、間島秀徳、山内和則、小川巧、加藤修、木下恵介、中嶋明、金井訓志、金子亨、佐藤幸代、渋谷和良、西成田洋子、井田勝己、大場再生、絹谷幸太、畠中光享、川村悦子、丸山峰子。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-27 07:20 | 鑑賞記-展覧会
<< 「ロートレック展」を見る 「没後50年 横山大観―新たな... >>