2008年01月鑑賞記録

 2008年01月の月間鑑賞記録です。
 01月に出かけて見てきた(聴いてきた)展覧会、映画、コンサート等をまとめてあります。
 展覧会は今月は17の展示を見ることができました。年の初めから良いペースでスタートを切ることができました。
 今月一番はやっぱり「横山大観展」でしょうね。繰り返し開催される大観展ですが、代表作をこれだけ集めた展示は滅多にお目にかかれません。展示替えの後期もぜひ訪れたいです。
 「諏訪敦展」も素晴らしかったです。実物を拝見したからからこその感動です。こちらも展示替えがあるようなのでも、もう一度訪れたいです。
 常設展示で雪舟の「秋冬山水図」にようやくのご対面をはたしました。こちらも感動ものでした。

 映画は4本見ることができました。こちらも年の初めから良いペースです。今年はこのペースを維持したいです。

 コンサートはN響のブルックナーからスタートです。充分堪能できました。今年は当日券中心で、あんまり欲張らずに月1ぐらいのペースを目標にしましょう。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

 展覧会
◇「プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代」(そごう美術館)
△「目黒の新進作家―七人の作家、7つの表現」(目黒区美術館)
△「上海近代の美術」(松濤美術館)
△「アンカー展」(Bunkamura ザ・ミュージアム)
-「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」(後期)(江戸東京博物館)
△「北斎漫画展」(江戸東京博物館)
△「SPACE FOR YOUR FUTURE」(東京都現代美術館)
△「MOTコレクション ポップ道 1960s-2000s」(東京都現代美術館)
◇「近代日本画 美の系譜」(大丸ミュージアム)
◎「没後50年 横山大観―新たなる伝説へ」(国立新美術館)
△「『旅』展-異文化との出会い、そして対話-」(国立新美術館)
△「ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて」(サントリー美術館)
◎「諏訪敦絵画作品展~複眼リアリスト~」(佐藤美術館)
△「国宝 雪松図と近世絵画」(三井記念美術館)
△「現代絵画の展望展」(鉄道歴史展示室、上野Breakステーションギャラリー)
△「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」(東京国立博物館)
◇特別展示/雪舟「秋冬山水図」(東京国立博物館)

 映画
◇「ヴィーナス」(109シネマズ)
△「夜顔」(銀座テアトルシネマ)
◇「アース<日本語吹替版>」(movix)
△「マリア・カラス 最後の恋」(109シネマズ)

 コンサート
◇「N響第1610回定期公演 Aプロ/ブロムシュテット」(NHKホール)

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-30 12:14 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2008年01月読書記録 ノイズキャンセリングヘッドホン... >>