「第11回 文化庁メディア芸術祭」を見る

d0001004_9185227.jpg 昨日(02月17日)「新国立美術館」で展覧会「第11回 文化庁メディア芸術祭」を見た。
 そうです「新国立美術館」もオープンして一年になるんですね。この展示はオープンした時にたまたま見ました。それから一年たったんですね。
 なんてったって無料ですから、チョットのぞいてみました。さすがに文化庁太っ腹です。
 「世界43の国と地域の応募作品から選ばれた、2007年を代表するアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの優秀作品、約160点を紹介。強いメッセージを持ち、時代を切り開く革新的な作品の数々を、ジャンルを横断してご覧いただくことが出来ます」とのことです。
 でも混んでました、身動きできないぐらいです。しかも大半が若者でした。同じく混んでても大観展とは大違いです。アニメや漫画、そしてゲームなどの展示が主体ですから当然でしょうか。 前回の展示の時はもう少しアートへの配慮があった気がしましたが、今回はすっぽり抜け落ちていたようです。
 会場も前回より縮小されているようで、ただただ人混みばかりで、じっくり見るような会場ではありませんでした。
 まぁ無料なんですから、贅沢言っちゃいけませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2008-02-18 22:55 | 鑑賞記-展覧会
<< 映画「かつて、ノルマンディーで... 「没後50年 横山大観―新たな... >>