展覧会「王子江展」を見る

d0001004_1253845.jpg 昨日(02月25日)「上野の森美術館」で展覧会「王子江展」を見た。
 王子江(おうすこう)さんについてはNHKのTVで紹介番組を見たことがあるのですが、実際の作品を見るのは初めてです。
 会場に入ると、人物を描いた小品が並んでいました。するとそこに王子江さん、ご本人が作品を解説してくれているではありませんか。その解説を聴きながら展示を見ることができました。ラッキーでしたね。温厚な紳士といった感じでした。さすがに来日20年というだけあって日本語はぺらぺらでしたね。

d0001004_12534487.jpg 1階のメインの部分は水墨画の大作が9点ほど展示してありました。2階に移ると墨彩画が19点ほどの展示です。モノクロームの世界と色彩の世界の対比も鮮やかです。
 世界各国の人物画や群像画、中国や日本など各地を描いた風景画と幅広い画題を描き別けています。
 生き生きとした大画面に思わず引きこまれてしまいました。
 墨での筆致はかなり大胆ですが、彩色はかなり緻密ですね。伝統的な水墨画表現を使って現代を描く果敢な試みですね。

[PR]
by daisenhougen | 2008-02-26 06:59 | 鑑賞記-展覧会
<< 図録「没後50年 横山大観―新... 宮下誠「ゲルニカ ピカソが描い... >>