「富士―山を写し,山に想う―」(前期)を見る

d0001004_1025326.jpg 昨日(04月05日)「三の丸尚蔵館」で展覧会「富士―山を写し,山に想う―」(前期)を見た。  さすがに天気も良くて無料ですから、たくさんの人がつめかけてました。
 「三の丸尚蔵館」といえば2006年に5期にわけて若冲の「動植綵絵」が公開されたのに通って以来ですね(1期はこちら、5期はこちら)。
 今年は富士山を題材にした作品を3期に別けての公開ですから、又通わなくてはなりませんね。 何といっても今回の目玉は横山大観の6曲1双大作「朝日霊峯」です。天皇のご下命に受けての作品だけあって力がこもってます。

d0001004_10265671.jpg

d0001004_1027860.jpg
 今年になって大々的に開催された「没後50年 横山大観―新たなる伝説へ」(前期はこちら、下期はこちら)には展示されてませんでした。
 大観の代表作はほとんど見尽くしたかと思ってましたが、こういった未見の傑作があるんですから油断できないですね。
 
 図録買ったので、読んでから感想続けます。

[PR]
by daisenhougen | 2008-04-06 07:32 | 鑑賞記-展覧会
<< 「生誕100年 東山魁夷展」を見る CD「Key/一青窈」」(Co... >>