2008年05月鑑賞記録

 2008年05月鑑賞記録
 2008年05月の月間鑑賞記録です。
 05月に出かけて見てきた(聴いてきた)展覧会、映画、コンサート等をまとめてあります。
 展覧会は今月は20個の展示を訪ねることが出来ました(内、再訪が2つ)。ゴールデンウィークの展覧会三昧でけっこう数をこなせましたね。
 今月のベストワンはなんといっても「知られざる鬼才 マリオ・ジャコメッリ展」で決まりです。今のところ今年最も衝撃を受けた展示でした。
 白隠さんの禅画が地方でひっそり開催されていたのに出会えたのもラッキーでした。
 岡鹿之助さんと佐伯祐三さんの同い年の洋画家の展示も素晴らしかったですね。
 現役世代の作品にも沢山触れることができました。横尾忠則さん、宮島達男さん、大岩オスカールさんなどが心に残っています。
 そうそう忘れちゃいけないのが、大丸で開かれていた「四大浮世絵師展」ですね。まさに浮世絵のエッセンスの展示でした。
 映画は今月は見ることができませんでした、見たい作品が結構あったのに残念でした。
 コンサートは一つだけでしたが、五嶋みどりさんの決定的な名演に出会えました。今でも感動が残っています。忘れられない演奏となりましたね。
、その他も今月はありませんでした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

◇「大岩オスカール展」(東京都現代美術館)
△「屋上庭園」+MOTコレクション「新収蔵作品展」(東京都現代美術館)
△「中西夏之新作展 絵画の鎖・光の森」(松濤美術館)
△「紫禁城写真展」(東京都写真美術館)
◇「シュルレアリスムと写真 痙攣する美」(東京都写真美術館)
◎「知られざる鬼才 マリオ・ジャコメッリ展」(東京都写真美術館)
◇「春の優品展」+「国宝 源氏物語絵巻」(五島美術館)
◇「冒険王・横尾忠則展」(世田谷美術館)
-「東山魁夷展」(再訪)(東京国立近代美術館)
◇「四大浮世絵師展」(大丸ミュージアム)
◇「岡鹿之助展」(ブリヂストン美術館)
-「ウルビーノのヴィーナス(再訪)」(国立西洋美術館)
△「芸術都市パリの100年展」(東京都美術館)
◇「名画の散歩道 三重県立美術館名品展」(福島県立美術館)
◇「スペイン2大巨匠 ダリとピカソ展」(諸橋近代美術館)
△「ベルリン国立アジア美術館所蔵日本美術名品展」(郡山市美術館)
△「所蔵作品選 175/3000」(茨城県立美術館)
◇「宮島達男 Art in You」(水戸芸術館)
◎「白隠禅画墨蹟展」(瑞巌寺宝物館青龍殿)
◇「没後80年 鮮烈なる生涯 佐伯祐三展」(そごう美術館)

 映画
 なし

 コンサート
◎「五嶋みどり/エッシェンバッハ指揮フィラデルフィア管弦楽団」(サントリーホール)

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2008-05-31 06:12 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2008年05月読書記録 関川夏央「家族の昭和」を読む >>