「川端龍子と修善寺」を見る

d0001004_12192820.jpg 昨日(06月14日)「大田区立龍子記念館」で展覧会「川端龍子と修善寺」を見た。
 開催期間終了一日前に滑り込みで拝見してきました。こちらを訪れるのは2006年03月以来ですから、だいぶあいだが開いてしまいました(その時の感想はこちら)。
 今回は「龍子記念館開館45周年記念特別展」として龍子の別荘があったことなどでゆかりのある伊豆・修善寺をテーマとした展示です。

d0001004_12203551.jpg 伊豆市などが所蔵する近代日本画の作品と記念館の所蔵する龍子の伊豆にちなんだ作品を取り混ぜての展示です。
 といっても小さなスペースですので20点ちょっとの展示でした。
 まずは華やかな大作「龍子垣」がお出迎えです。これは伊豆の別荘の庭を描いたとのことです。
 続いて「逆説・生々流転」、「寝富士」といずれも伊豆が主題ですね。
 この記念館の所蔵する大作の連続展示です。これだけでも大満足の展示でした。
 伊豆市などから借りてきての展示は、大観のきらびやかな「松竹遊禽」、安田靫彦「相原沐芳像」、前田青邨「騎馬武者」などが心に残りました。
 図録買ったので、読んでから感想続けます。

[PR]
by daisenhougen | 2008-06-15 07:00 | 鑑賞記-展覧会
<< 「近代の日本画展」を見る CD「ドイツ・ハルモニア・ムン... >>