2008年06月読書記録

 2008年06月の読書記録です。
 今月読んだのは11冊どまりでした。
 その中ではピカイチは写真集「Mario Giacomelli」です。久しぶりの洋書です。わざわざ手間暇かけて入手した甲斐がありました。わたしのお宝本になりましたね。
 三浦雅士さんの漱石論は充実していました、大部な単行本並の内容が詰まってました。
 ペマ・ギャルポさんの話題にあわせて緊急出版されたチベット関連本もタイムリーな良書でした。
 網野徹哉さんのインカとチベットの歴史も読み応えのある一書でした。このシリーズの充実を示していますね。
 読んだ冊数は少なかった割には良書が多かった気がします。

 週刊本は今月も手を付けられませんでした。
 図録は2冊どまりでした。またまた読み残しが増えてしまいました。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。週刊本及び図録には評価は原則付けません。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 ネグリさんの著作は下巻読んでからにします。
 では、一覧リスト。

 書籍
◇三浦雅士「漱石  母に愛されなかった子」(岩波新書)
◎写真集「Mario Giacomelli」(Phaidon Inc Ltd)」(Phaidon Inc Ltd)
△本郷恵子「京・鎌倉 ふたつの王権(全集 日本の歴史 第6巻)」(小学館)
△宮下規久朗「刺青とヌードの美術史 江戸から近代へ」(NHKブックス)
△アントニオ・ネグり「未来派左翼(下)」(NHKブックス)
△横尾忠則「隠居宣言」平凡社(平凡社新書)
△福田和也「教養としての歴史 日本の近代(上)」(新潮新書)、
△笹原宏之「訓読みのはなし 漢字文化圏の中の日本語」(光文社新書)
◇ペマ・ギャルポ「中国が隠し続けるチベットの真実」(扶桑社新書)
◇網野徹哉「インカとスペイン 帝国の交錯(興亡の世界史12)」(講談社)
△今橋映子「フォト・リテラシー 報道写真と読む倫理」(中公新書)

 週刊本
 なし

 図録
-「図録 冒険王・横尾忠則展」(国書刊行会)
-「富士―山を写し,山に想う(三の丸尚蔵館展覧会図録)」(菊葉文化協会)

[PR]
by daisenhougen | 2008-06-30 07:40 | 読書記録(まとめ)
<< 四方田犬彦「四方田犬彦の引っ越... 2008年06月鑑賞記録 >>