「図録 伊藤彬展」を読む

d0001004_7315228.jpg 「図録 伊藤彬展」を読んだ。
 わたしにとって大きな発見となった日本画家「伊藤彬展」の図録です(その時の感想はこちら)。
 巻頭にこの美術館の館長、草薙奈津子によるインタビュー「伊藤彬・大いに語る」が収録されています。巻末に収録されている江口恒明「解説 伊藤彬作品の特色と変遷」とあわせて伊藤彬についての基礎知識を得ることができますね。
 図版を眺めながら、伊藤彬さんの世界を追体験することができました。
 伊藤彬さんは、これまでまとまった画集や展覧会図録はほとんどつくられていないとのことで、この図録は極めて貴重なもののようです。
 参考作品カタログ・レゾネとして1959年の自画像から2006年の「うつろい」まで 現在判明している作品200点の画像が収録されているのも貴重です。
 年譜、文献目録もありがたかったです。

 編集・発行:平塚市美術館、制作:光村印刷、2008年、96頁。

[PR]
by daisenhougen | 2008-11-06 07:44 | 読書-展覧会図録
<< 「図録 岡村桂三郎展」を読む 雑誌「日経トレンディ 2008... >>