2009年01月鑑賞記録

 2009年01月の鑑賞記録です。
 今月は展覧会はたったの7つしか訪れることができませんでした。
 年の初めはなんやかやと忙しくて、美術館巡りは一日しかできませんでしたから当然ですね。
 そんな中で、一番は「石内都展」でした。昨年から開催されていたのを滑り込みで拝見できましたが、見逃さなくてつくづく良かったです。
 もう一つ「寿ぎと幽玄の美」で能面のすばらしさに始めて気づいたことも大きな収穫でした。
 映画他も全く出動無しの月でした。
 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

 展覧会
△「博物館に初もうで」(東京国立博物館)
-「レオナール・フジタ展(再訪)」(上野の森美術館)
△「田渕俊夫展」(日本橋三越)
◇「寿ぎと幽玄の美―国宝雪松図と能面―」(三井記念美術館)
△「美人画展―麗しの女性美を求めて―」(松岡美術館)
△「1930年代・東京」(東京都庭園美術館)
◇「石内都展 ひろしま/ヨコスカ」(目黒区美術館)

 映画
 なし

 コンサート
 なし

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-01-31 08:43 | 鑑賞記録(まとめ)
<< 2009年01月読書記録 小松和彦「百鬼夜行絵巻の謎」を読む >>