水戸「偕楽園」で梅を見る

 昨日(02月28日)水戸の「偕楽園」で梅の花を見てきました。
d0001004_1391428.jpg

 ちょうど「梅まつり」が開催中で、偕楽園駅が臨時の駅として止まってくれました。梅まつり期間中の土日の下り電車のみ停車するといったことのようです(ちなみに上りはホームすらありません)。
 駅のホームでは黄門様と着物姿の女性のお迎え付きというサービスで梅まつりを盛り上げてくれてました。

d0001004_13351447.jpg
d0001004_13353394.jpg

d0001004_1336626.jpg

 さて梅まつりですが、今回で113回と伝統ある催しのようです。
 そして、この偕楽園内だけでも約100品種3,000本の梅が植えられているとのことです。

d0001004_13392316.jpg

 偕楽園内でも着物姿の女性たち(「水戸の梅大使」というそうです)が笑顔を振いて花を添えていました。
d0001004_13403872.jpg

 黄門様も記念写真に応じたりと大サービスでした。
d0001004_13424454.jpg

d0001004_1341367.jpg

 梅の花も見頃といった感じでした。ほんのりと淡い色合いが奥ゆかしい美しさを振りまいてくれてました。
[PR]
by daisenhougen | 2009-03-01 07:05 | 街歩き・お出かけ
<< 「没後30年 安田靫彦展」を見る 「ガンオクロック」を買う >>