「特別公開 横山大観《生々流転》」を見る

d0001004_838318.jpg 昨日(03月01日)「東京国立近代美術館」で展覧会「特別公開 横山大観《生々流転》」を見た。
 横山大観《生々流転》の特別公開は2007年にも一度見に来ました(その時の感想はこちら)。
 昨年も「新国立美術館」での「没後50年 横山大観」展でも拝見しましたから(その時の感想はこちら)、毎年見ていることになります。
 まぁこの作品もそろそろ卒業かなぁ、なんて気持ちかもしれません。

d0001004_8384392.jpg 常設展示では「光と墨の水墨画 近藤浩一路の世界」ということで「鵜飼六題」の一挙公開されてました。
 版画コーナーは「特集 枯れた樹と葉」、写真コーナーは「特集 神谷俊美「東京神話」」でした。
 「コラージュ -切断と再構築による創造」といった展示もされてました。
 ちょっと脈絡のない展示でわたしにはハードルが高かったですね。

[PR]
by daisenhougen | 2009-03-02 07:58 | 鑑賞記-展覧会
<< 映画「悲夢」を見る 「高梨豊 光のフィールドノート... >>