「アンドリュー・ワイエス:創造への道程」を見る/再訪

d0001004_7403095.jpg 昨日(03月22日)「福島県立美術館」で展覧会「アンドリュー・ワイエス:創造への道程」を見た。
 この展覧会は昨年、「Bunnkamuraザ・ミュージアム」で開催されたのを拝見しているので、再訪ということになります(その時の感想はこちら)。
 この間にアンドリュー・ワイエスさん、ご本人がお亡くなりになったようです。アメリカの画家で最も好きな人の一人がだっただけに残念です。ご冥福をお祈りします。
 展示内容は東京展と全く同じですので特に新たな感想はないんですが、見ている人があんまりいないので、自分のペースで思う存分ワイエスの世界にひたることができました。

d0001004_7404880.jpg 特に今回の展示が多くのデッサンや習作と本画を比較できる展示ですので、誰にも気兼ねせずに行ったり来たりして鑑賞できたので、わたし的には最高でした。
 繊細な筆使いで描き出された静謐感を堪能させてもらいました。

[PR]
by daisenhougen | 2009-03-23 07:39 | 鑑賞記-展覧会
<< 小野健吉「日本庭園-空間の美の... 田中希美男「「デジタル一眼」交... >>