「Story of …カルティエ クリエイション」を見る

d0001004_113849100.jpg 昨日(04月29日)「東京国立博物館」で展覧会「Story of …カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶」を見た。 こちらで同時開催の阿修羅展は夕方にもかかわらず30分待ちでした。
 なんとなく、こちらの展示の方はガラガラだろうなんて勝手に想像しながら入館しました。
 ところが会場内は観客でぎっしりとなってました。
 しかも客層が圧倒的にカップルが多いんです。なにか宝飾店をカップルで見に来ているといった雰囲気でした。
 一人で訪れた中年オヤジには、場違いな空間に迷い込んだような感じになって、すっかり面食らってしまいましたね。
 今回の展示は「日仏交流150周年を記念し、フランスを代表するジュエラー、カルティエが所有する1370点のアーカイヴピースを中心に、276点を展示。監修・デザインの吉岡徳仁氏が、それぞれの宝飾品に秘められたストーリーを演出します」とのことです。

[PR]
by daisenhougen | 2009-04-30 07:37 | 鑑賞記-展覧会
<< 「特集陳列 平成21年新指定国... 「日本の美術館名品展」を見る >>