「特集陳列 平成21年新指定国宝・重要文化財」を見る

d0001004_11411514.jpg 昨日(04月29日)「東京国立博物館」で展覧会「特集陳列 平成21年新指定国宝・重要文化財」を見た。
 ゴールデン・ウィークにあわせてこんな素晴らしい特集展示が企画されたんですね。例年開催されていたんでしょうか。わたくしはじめて知りました。
 わたしが東京を離れている時期ですので、あわてて見てきました。
 「平成21年(2009)に新たに国宝・重要文化財に指定される美術工芸品等から39件(写真パネル展示3件含む)を展示いたします」とのことです。
 まずはお目当ての絵画関係ですが、今回、唯一国宝に指定された与謝蕪村の「夜色楼台図」は残念ながら保存上の問題から展示されてませんでした。でもまぁ「対決展」でじっくり拝見させてもらっているので我慢するしかないですね。

d0001004_11413663.jpg 最大の目玉展示は、重要文化財に指定された伊藤若冲の「菜蟲譜」でしょうか。
 ようやく拝見することができました。
 ただ、展示されているのは最後の部分の一部だけでした(たぶん4分の1も展示されていない気がしました)。
 結構長尺な作品なのに残念でした。せめて半分ずつぐらいは展示替えでも良いので展示して欲しかったですね。
 まぁ、最後の部分だけでも、まがうことなき若沖のオーラは感じることはできましたので、全巻拝見は後日に期待と言うことにしておきましょう。
 次には巨大な「白衣観音図」などのど迫力も凄かったですね。
 岩佐又兵衛の「弄玉仙図」も又兵衛様のふっくらとした顔立ちが特徴的な作品でした。
 その他には多くの書跡なども展示されてましたが、こちらは、わたしにはハードルが高かったですね。
 考古学的な発掘品もかなりたくさん展示してありました。
 この中ではなんといっても国宝指定の「土偶」でしょう。古代のおおらかな姿に夢誘われました。
 仏像も結構たくさん展示してありました。この中では日本流失騒動で大騒ぎになった運慶の「大日如来坐像」が重文指定になって、めでたく展示されてました。
 展示期間も短く、かなりぶっきらぼうな展示でしたが、見応え十分の展示でした。
 できれば、もう少し展示期間を長くして、図録なんかも出してくれたらいいんですがね。
 常設展示もザーッと見て回りました。
 国宝展示コーナーでは「国宝 普賢菩薩像」でした。これは再見ですね。
 狩野山楽「車争図屏風」、鳥居清倍「市川団十郎の竹抜き五郎」、鈴木春信「見立黄石公張良」、葛飾北斎「渡辺の源吾綱 猪の熊入道雷雲」あたりが展示替えでの目玉作品ですね。

[PR]
by daisenhougen | 2009-04-30 07:40 | 鑑賞記-展覧会
<< 2009年04月鑑賞記録 「Story of …カルティ... >>