カテゴリ:街歩き・お出かけ( 78 )

奈良・京都旅行記2

 奈良・京都旅行記の二日目(11月04日)は朝8時半ぐらいから活動開始です。でも、バス停前は長蛇の列。みんな活動早いですね。
 バスで「京都国立博物館」の前を通過したら、人があふれてました。つくづく昨日行っておいて良かったなんて思いました。
 さて本日の最初は「京都市美術館」です。前回、京都に来たとき訪れた「京都国立美術館」の向かい側にあります。十年以上前の一度訪れたことがあります。今回のお目当ては「京都と近代日本画」展です。展覧会の感想は別途アップします。
d0001004_1363489.jpg

 歩いて「細見美術館」に移動しました。こちらは初めて訪れる美術館です。お目当ては「神坂雪佳-京琳派ルネサンス-」です。こぢんまりした美術館ですね。だんだん下の階に移っていくのも面白い構造でした。展覧会の感想は別途アップします。
d0001004_1365830.jpg

 「平安神宮」を参拝しました。七五三のお参りの家族連れがいっぱい来ていました。庭園を一回りしてきました。
d0001004_1372966.jpg

d0001004_1374844.jpg

 次は「二条城」へ移動。「二の丸御殿」の中を一回りしてみました。狩野探幽他の狩野派の面々のの障壁画がいっぱいでした。レプリカでしょうが、薄暗い中では区別付かないですね。
 「展示・収蔵館」では(はじめて訪れました)、「狩野尚信生誕400年記念特別展(後期)」ということで障壁画の原画が展示してありました。もう少し大きいスペースで展示して欲しいですね。
 二日間、狩野派づくしでしたね。
d0001004_1381836.jpg

d0001004_1383777.jpg

 「京都御所」は初めて訪れます。面倒な手続きが必要なので、なかなかハードル高いのですが、今回は5日間しか実施されない「京都御所の秋の一般公開」という幸運に恵まれました。
 でも、こちらも凄い数の観光バスが来ていました。入り口の宜秋門付近では荷物チェックが実施されて長蛇の列となってました。
 中はゆったりとしたスペースなので、多くの観光客が来ていても、そんなに混雑している感じはしませんでした。
d0001004_139131.jpg

d0001004_1392428.jpg

d0001004_1394830.jpg

 次に「相国寺 承天閣美術館」です。「若冲展」で再オープンした時に訪れました。その時と違いひっそりとしていました。今回は正門からの入場でした。開催されていたのは「相国寺の禅林文化」です。感想は別途アップします。
d0001004_13101442.jpg

 「相国寺」もラッキーなことに「秋の特別公開」を開催していて、普段は非公開の建物の内部を公開していました。
 まず「法堂」は「鳴き龍」が面白かったです。「方丈」はいろんな襖絵が拝見できました。次の「浴室」はなんてことなかったですが、まあご愛敬。
d0001004_13104927.jpg

d0001004_1311338.jpg

d0001004_13111748.jpg

 旅の最後は「金閣寺」まで足を伸ばしました。やっぱり京都に来たからには「金閣寺」ははずせません。青空の下に黄金色は映えますね。
d0001004_13113215.jpg

 ということで、京都・奈良弾丸ツアーは終了です。
 今年は、京都でしか見ることのできない大イベント「若冲展」、「狩野永徳展」を二つとも拝見できたことになります。やっぱり願えばかなうんですね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-11-06 07:53 | 街歩き・お出かけ

奈良・京都旅行記1

 奈良と京都に一泊旅行に行ってきました。目的は「狩野永徳展」ですが、せっかくなので奈良まで足をのばしてきました。展覧会を見たり、神社仏閣をめぐってきました。
 初日(11月03日)は奈良に直行してスタートです。晴天に恵まれ街歩きにはうってつけの一日でした。
 まず「奈良国立博物館」を訪れました。もちろん目的は「第59回 正倉院展」です。
 いやー凄かったです。博物館の裏のずーっと先まで並ばされました。なんと90分待ちの表示でした。観光バスで大挙して訪れている人たちが、ドンドン列に加わってきます。こんなに人気のある展示なんですね。結局は一時間程度で入場できました。展覧会の感想は別途アップします。
d0001004_21494921.jpg

 次に「正倉院」の建物を拝見してきました。せっかく所蔵してあるお宝を拝見したんですから、建物ぐらいは見ておきたいですものね。
 だいぶ離れた位置からしか見せてくれないのはチョット残念でした。
d0001004_2156417.jpg

 やっぱり奈良に来て「東大寺」は外せませんね。大仏殿に参拝して大仏様に久々の再会を果たせました。
d0001004_21564795.jpg

d0001004_21571062.jpg

 次の「興福寺」は特別拝観実施中でした。
 「五重塔」を眺めて、「東金堂」を参拝してから、「宝物展」で寺所蔵のお宝を拝見しました。 まず最初に「仏頭(旧山田寺講堂本尊)」に再会です。以前、「東京国立博物館」でこれ一つだけの特別展示してありましたね。
 そして「乾漆八部衆立像八部衆」シリーズがの一挙展示してありました。これも特別展示だそうです。ラッキーですね。やっぱり「阿修羅像」は素晴らしいですね。
 その他にもすばらしい仏像にうっとりしてしまいました。名品揃いです。
 最後の「大圓堂」では「本尊・秘仏聖観音立像」を初公開していたのも拝見できました。
d0001004_12475229.jpg

d0001004_1250035.jpg

d0001004_1250192.jpg

d0001004_12504222.jpg

 道路を挟んで「奈良県立美術館」では「シャガール展」が開催されていました。奈良まで来てシャガールに出会えるなんてラッキーでした。こちらの感想も別途アップします。
d0001004_125133.jpg

 電車で「学園前」まで移動して「大和文華館」を訪ねました。鬱蒼たる森の中にひっそりと建てられてました。入館時間ギリギリに滑り込みセーフでした。「大倉集古館所蔵 江戸の狩野派-武家の典雅-」展が開催されていました。こちらの感想も別途アップします。
d0001004_12512484.jpg

 奈良を後にして京都に移動。
 「京都国立博物館」を訪ねました。本当は2日目の予定でしたが開館時間が延長されているの思い出して急遽予定変更しました。
 でも、考えることは皆同じですね。博物館のまわりは60分待ち長蛇の列でした。ここまで来て引き返すわけには行かないので、じっと忍耐でした。
 もちろん内容は大満足。こちらの感想も別途アップします。
d0001004_1252392.jpg

d0001004_12523179.jpg

 後は一日を思い返しながら京都らしい料理と酒。
 とういことで長い一日終了です。京都のホテルでバタンキューでした。

[PR]
by daisenhougen | 2007-11-05 06:54 | 街歩き・お出かけ

東京街歩き/とげ抜き地蔵/浅草/靖国神社

 おのぼりさんの東京見物のつきそいで東京を一日回りました。
 台風一過の青空の中、ジャンボハイヤーでの快適な東京見物でした。
 まずはリクエストに応えるということで、巣鴨のとげ抜き地蔵です。
 さすがにお年寄りの原宿と言うだけあります。商店街は見事にお年寄りに特化しています。そして歩いている人もお年寄りが大半。こんなに老人ばっかりとは凄いですねぇ。

d0001004_6133656.jpg


d0001004_6135698.jpg


d0001004_6141297.jpg

 次は浅草です。やっぱり東京見物と言えば浅草は外せませんね。
 すごーーく混んでました。仲見世を歩くのも大変でした。いつもこんなに混んでるんでしょうか。一緒のおのぼりさんたちは目を丸くしてました。
 せっかくですからおみくじ引いてみたら、1人が大吉、1人が吉、3人が凶でした。凶の確率がこんなに高いお神籤というのも凄いですね。
d0001004_6154384.jpg


d0001004_61629.jpg


d0001004_6162096.jpg

 最後は靖国神社へ。こちらは一転してひっそりとしていました。さすがに大きな神社ですね。
旧日本軍の軍服来た人が来て、大声あげて参拝していました。さすがにいろんな人がいるんですね。凄いですね。

d0001004_617484.jpg


d0001004_618918.jpg

 その他にも、走行の途中途中で車窓から東京名所をドライバーが説明してくれて移動しました。
 久々におのぼりさん気分を満喫した一日でした。

[PR]
by daisenhougen | 2007-10-29 06:13 | 街歩き・お出かけ

六本木ヒルズ展望台と天空の水族館「スカイ・アクリウム」を見る

d0001004_1513932.jpg 六本木ヒルズ展望台と天空の水族館「スカイ・アクリウム」SKY AQUARIUMを見た。
 森美術館に行けば、自動的に展望台「東京スカイビュー」で東京中を見渡せるのも楽しみの一つですね。ちょっと霞んでいましたが、この眺望はすばらしいですね。
 今回はさらに水族館が臨時で引っ越してきてました。夏の暑さが続いているからなんでしょうか、会期が9月いっぱいまで延長とのことです。
 アクアリウムとは、熱帯魚や水草、珊瑚、岩などを用いて水槽の中に美しい海の世界を作り出すことだそうです。
 熱帯魚を飼う世界をプロ的に追求するとこうなりますよといった展示でしょうか。
 やっぱり一番はこのチラシにも載っていた巨大な水槽に金魚を泳がしたやつですね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-09-23 08:01 | 街歩き・お出かけ

山形旅行記(上山)

d0001004_14411669.jpg 山形から宮城へ一泊二日(9月16日~17日)で出かけてきました。旅行記を少々。ただ今回はカメラを持って行かなかったので、パンフレットをスキャンしたものと携帯電話で撮ったボケボケ写真を載せます。 
 初日(9月16日)は山形県の上山市を訪れました。
 上山といえば斎藤茂吉ですね。というとで、まずは「齋藤茂吉記念館」を訪れました。
 こちらはだいぶ前に訪れた時とは変わっていました。新たに記念館の中に晩年に過ごした自宅の一部が再現されていました。
 通常の展示コーナーは変わりようがないようですね。年代順に原稿や書そして遺品などが展示してありました。茂吉さんは字が下手なんだなぁぐらいしか感想浮かびませんでしたね。
 茂吉の生涯の映像も放映されていましたが、こちらも平板な作りでした。
 建物の外には書斎「童馬山房書屋」が移築してありましたが、こちらも特に感想浮かぶようなものでははありませんでた。
 でも、有名な何種かの茂吉の短歌にふれていると、茂吉の歌集を読み返したい気持ちがわいてきました。やっぱり「赤光」ですかね、それとも「白き山」にしましょうかね。

d0001004_1441531.jpg 次に「上山温泉 全国かかし祭り」の会場を訪れました。
 市役所の横の公園にいろんなかかしが展示してありました。ただ、「かかし」を雑然と展示しても、あんまり呼び物にはならない気もしましたね。
 全国と大きく出ていますが、地元の旅館や学生などが作った「かかし」が展示してあるだけでした。




d0001004_1442361.jpg 市の中心にある「上山城」を登ってみました。ちょうど「ふるさと秋祭り」とのことで御輿などがでていたようで、車両進入禁止になっており、たどり着くのが大変でした。
上山城の天守閣は、近年新たに再建された建物ですから、エレベーターも設置された近代建築です。中は郷土歴史資料館となっていました。まぁこういった建物の例に違わずあんまり見るべきものはありませんでした。




d0001004_14494032.jpg といった具合に、上山市内の観光スポットをめぐって、上山温泉のホテルにチェックインしました。今年は天童温泉に続き山形の温泉に縁がありますね。この温泉も無色透明で硫黄臭さとかのないシンプルな湯でした。
 嬉しいことに、食後になってから、ふるさと秋祭りの「踊り山車」が温泉街を運行してきました。先導の山車と踊り山車の2台だけの陣容でしたし、各旅館の前で一曲ずつ踊るちょっと寂しい構成でした。でも、山車の中で踊っていた芸妓さんは若くてべっぴんさんでしたので、不満も吹き飛んでしまいました(カメラ持ってこなかったので、ピンぼけでしか写せなかったのがつくずく残念でした)。

[PR]
by daisenhougen | 2007-09-18 07:30 | 街歩き・お出かけ

四国旅行記2

 四国旅行二日目(8月13日)。
 まずは高知といえばやっぱり坂本龍馬と言うことで、竜頭岬の坂本龍馬像を見学です。桂浜に向かって高知市の南、太平洋の土佐湾に面した浦戸というところにあるとのことです。まぁ単なる観光スポットですね。

d0001004_1352248.jpg

 その後、大歩危や脇町うだつの町並みなんて観光スポットを駆け足でまわって、いよいよ一番の目的の徳島の「阿波踊り」です。
 徳島市は初めて訪れる町ですが、市の中心に最近有名になった「眉山」があるんですね。もちろん「阿波踊り」ということで、大渋滞状態でした。本年は映画「眉山」の影響で観客数が大幅に増加しているとの添乗員の説明でした。
 いろんな場所で踊られているようですが、わたしが割り当てられたのは「南内町演舞場」という場所でした。両側に階段状に観客席が設けられており、見渡せるようになっていました。さすがに有数のお祭りだけああって観覧する準備も万端ですね。
 次々と嗜好をこらしたいろんなパフォーマンスが繰り広げられていました。踊りの数々を堪能させてもらいました。よさこい祭りと比較するとすこしは土俗的な雰囲気が残っている気もしましたね。

d0001004_136415.jpg
d0001004_1361698.jpg


 午後8時の第1部終了と同時に会場を後にして、宿泊地の神戸に移動しました。もっと見ていたかったのですが、やむを得ませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-08-17 07:04 | 街歩き・お出かけ

四国旅行記1

 夏休みに四国方面へ二泊三日(8月12日~8月14日)で出かけてきました。ミニ旅行記を少々。
 旅行初日(8月12日)は新幹線で岡山駅まで、そこからバスに乗り換え瀬戸大橋を渡って四国入りです。
 まずは「金刀比羅宮」。象頭山の中腹にあるので、真夏の真っ盛りに参道の石段をせっせと登りました。最初の頃は結構辛かったのですが、だんだん慣れてくるもんですね。やっと山門です。

d0001004_11125237.jpg

 785段の階段を登ってついに「御本宮」を参拝できました。

d0001004_1113328.jpg

 こちらは下界を見下ろした風景です。汗を流した後は爽快ですね。
d0001004_1114910.jpg

 今度は、下りの階段を下りました。
 途中の書院関連(奥書院、表書院、椿書院ともに)は工事中と言うことで閉鎖されていました。もちろんお宝は東京の上野にありますから当然ですね。
 いつの日かゆっくりお宝を含めて拝見しに再訪したい所でした。

d0001004_11145494.jpg

 再びバスに乗って高知市へまっしぐら。
 こちらの目的は「高知よさこいまつり」です。でも本祭りは終わっており、後夜祭フィナーレとのことです。
 いやーすごいもんです。最近はよさこいソーラン祭りと称して、日本各地でよさこい踊りを見ることができますが、やっぱり本場もんは違いますね。
 後夜祭と言うことで全国からの参加チームと地元の各賞を受賞したチームが踊ってました。アーケードで路上に座ってじっくり拝見させてもらいました。間近で拝見する迫力を堪能させてもらいました。

d0001004_11154333.jpg

 最後に、中央公園の特設ステージで受賞の発表と踊りが披露されましたが、さすが受賞チームだけあって完成されたパフォーマンスは素晴らしかったです。
d0001004_11175131.jpg

 全部のプログラムが終わったとたんに、強い雨が降ってきました。まさに天も味方してくれたお祭りでしたね。
[PR]
by daisenhougen | 2007-08-16 06:11 | 街歩き・お出かけ

「東京湾大華火祭」を見る

d0001004_1053218.jpg 先日(08月11日)「東京湾大華火祭」を見た。
 先日久しぶりに花火を見たら、ついついもっと大規模な花火大会を見たくなってしましました。おあつらえ向きに、大規模な花火大会が待っていました。中央区の区制施行60周年記念で第20回を数えるそうです。打ち上げ本数も12,000発と半端じゃないですねぇ。
 いろいろネットで調べてみると、もはや無料の指定席の抽選などはとっくに終わっており、後は当日早い時間に無料地区の会場で待機しないと駄目とのことでした。
 でも、協賛金5,000円也を支払えば、指定席が用意されているとのことで、さっそく入手しました。この年齢になると、半日も会場で待機する気力はないですもんね。
 さて、大枚はたいて入手した「豊洲第一会場」に出かけました。無料コーナーの前方に椅子が整然と並べてあり、さすがに少しリッチな気分を味わわせてもらいました。
 花火の打ち上げ開始され、さすがに地方の花火大会とは違う連発花火のオンパレードでした。いやーイイですねぇ。やっぱり花火はこうでなくては。これでもか、これでもかと続く光の饗宴は素晴らしいもんでした。熱い東京の一夜をビール片手に堪能させてもらいました。
 でも、この「豊洲第一会場」は少々打ち上げ位置からは遠いですね。間近での臨場感は味わうことができません。華やかな喧噪を遠くで眺めるといった感じでした。もちろん都会でこれだけゆったり花火を堪能できたのですから、贅沢言っちゃいけませんね。

d0001004_10541837.jpg
d0001004_10543058.jpg

 花火が終了すると、豊洲駅に向かっての大行列と豊洲駅の入場制限といった大混雑でした。こっちも思ったほどはひどくはありませんでした。

 東京での花火初体験は大満足でした。クセになりそうですね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-08-15 07:52 | 街歩き・お出かけ

花火大会を見る

 昨日(8月5日)地元で開催された「花火大会」を見た。市民手づくりの夏祭の一環としての開催とのことです。
 そんなに混んでないだろうと思って、時間ギリギリに会場に向かいました。でも、認識の甘さを思い知らされました。会場付近で車が全く動ない状態でした。
 あきらめて、車をユータウンさせて、逆戻り始めたら、偶然何台かの車が、駐車場から出て行くではありませんか。ラッキーですねぇ、延々並んでいる反対側の車を横目に駐車することができました。

d0001004_12545072.jpg
d0001004_1255375.jpg

 急いで海岸沿いの会場にかけつけ、ようやく至近距離で花火を愉しむことができました。、

 なんせ、打ち上げられるのが、わずか約600発の花火とのことですから非常にささやかな催しです。打ち上げの間隔も結構ありますし、一度に打ち上げられる花火の数もそんなにおおくありません。
 でも。わたしにとっては充分愉しめました。
 間近に打ち上げられる花火は、やっぱり迫力満点でした。打ち上げ音が腹に響くように聞こえ、目の前いっぱいに広がる光の粒は素晴らしかったです。
 以前は、夏は必ず花火大会に出かけていたのですが、ここ数年ご無沙汰していました。でも、やっぱり夏は花火ですね。

[PR]
by daisenhougen | 2007-08-06 06:53 | 街歩き・お出かけ

信州の霧ヶ峰から白樺湖まで

 昨日(7月22日) 信州の霧ヶ峰から白樺湖まで日帰りで行ってきました。
 この季節はやっぱり高原でニッコウキスゲですよね。
 夏休みの時期になったのですが、まだまだ中央高速は空いていて、かなり順調に諏訪インターをおりることができました。
 そして「霧ヶ峰高原」へ到着です。東京は雨模様だったのが、こちらは晴れていました。ラッキーですね。

d0001004_1541151.jpg

 山歩きの人たちが大挙して押し寄せていました。ここから高原をトレッキングするようですね。 でも、このあたりには、肝心のニッコウキスゲはほとんど咲いていませんでした。十数年ぶりに訪れたのですが、かつて訪れた時は一面黄色い花に囲まれた思い出が残っているのですが、様変わりしている気がしました。
d0001004_155934.jpg

 気を取り直して、ビーナスラインを更に上っていくと、ようやくニッコウキスゲが一面に咲いているところに遭遇しました。鮮やかな黄色の花が山の緑に映えますね。はるばる訪ねてきた甲斐があります。目的が果たせて、ホッと一安心です。
 更に走行して人造湖の「白樺湖」へ到着。こちらはどんよりと曇っていました。

d0001004_156632.jpg

 「ユリとキスゲの丘」なるところをリフトで登りましたが、荒れ放題の斜面に少しばかりの花が植えてるだけでした。花いっぱいの斜面を期待していただけに、かなりガッカリでした。
 ということで、再び、中央自動車道を東京に戻りましたが、今度は小仏トンネルあたりで大渋滞。いつもの渋滞スポットですが、これがなければ遠出も楽なんですがねぇ

[PR]
by daisenhougen | 2007-07-23 14:52 | 街歩き・お出かけ