カテゴリ:読書記録(まとめ)( 51 )

2009年05月読書記録

 2009年05月の読書記録です。
 5月も4月と同じく15冊読むことができました。なんとかこのペースを維持していきたいと思ってます。
 今月のベストワンは田中優子「春画のからくり」です。わたしにとっては春画について目を開かせてくれた素晴らしい本でした。
 デイヴィッド・リーフのソンダクについてと岡田温司さんのフロイト論も心に残りました。
 図録は4冊やっつけましたが、週間本は今月もゼロでした。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

 書籍
△片岡義男「なにを買ったの? 文房具。」(東京書籍)
△穂村弘「整形前夜」(講談社)
△竹信三恵子「ルポ 雇用劣化不況」(岩波新書)
△秦野るり子「バチカン」(中公新書ラクレ)
△「柄谷行人 政治を語る」(図書新聞)
△福井憲彦他「人類はどこへ行くのか(興亡の世界史20)」(講談社)、
◇デイヴィッド・リーフ「死の海を泳いで」(岩波書店)
△一坂太郎「仁王 知られざる仏像の魅力」(中公新書)
◎田中優子「春画のからくり」(ちくま文庫)
◇岡田温司「フロイトのイタリア 旅・芸術・精神分析」(平凡社)
△「春画 江戸の絵師四十八人」(平凡社)
△兵藤裕巳「琵琶法師〈異界〉を語る人びと」(岩波新書)
△宮永美知代「美女の骨格」(青春新書)
◇魯迅「故郷/阿Q正伝」(光文社古典新訳文庫)
△酒井忠康「早世の天才画家」(中公新書)

 週刊本
 なし

 図録
-「図録 浮世絵 ベルギーロイヤルコレクション展」(読売新聞社)
-「図録 朝鮮王朝の絵画と日本」(読売新聞社)
-「図録 アーティスト・ファイル2009」(国立新美術館)
-「図録 やなぎみわ マイ・グランドマザーズ」(淡交社)

[PR]
by daisenhougen | 2009-06-02 06:52 | 読書記録(まとめ)

2009年04月読書記録

 2009年04月読書記録です。
 15冊ほど読むことができました。先月よりさらに少し増えました。
 今月の一押しは臼杵陽「イスラエル」です。
 イスラエルの過去から現在に至る状況をコンパクトながら的確に伝えてくれています。
 辺見庸「しのびよる破局」の鬼気迫る論述も身をただして耳をかたむけなくてはなりません。
 久しぶりの太宰治も良い読書でした。
 週間本、図録ともに今月は1冊も読めませんでした。5月は一掃が目標ですね。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

 書籍
△荒川章二「豊かさへの渇望(全集 日本の歴史 第16巻)」(小学館)
△湯浅邦弘「諸子百家」(中公新書)
◇辺見庸「しのびよる破局-生体の悲鳴が聞こえるか」(大月書店)
△長岡龍作「日本の仏像―飛鳥・白鳳・天平の祈りと美」(中公新書)
△高木由臣「寿命論」(NHKブックス)
×「日本の図像 美人」(PIE BOOKS)
△「それでは、訴えさせていただきます」(角川SSC新書)、
△ブルーガイド編「韓国 第2版(わがまま歩きツアーズ7)」(実業之日本社)
△田中長徳「カメラに訊け! 知的に遊ぶ写真生活」(ちくま新書)
△春日武彦・穂村弘「人生問題集」(角川書店)
△福岡伸一「動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか」(木楽舎)
×李元淳ほか「若者に伝えたい韓国の歴史」(明石書店)
△藤田令伊「現代アート超入門!」(集英社新書)
◇太宰治「斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 他七篇」(文春文庫)
◎臼杵陽「イスラエル」(岩波新書)

 週刊本
 なし

 図録
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-05-02 07:12 | 読書記録(まとめ)

■2009年03月読書記録

 2009年03月読書記録です。
 14冊ほど読むことができました。先月より少し増えましたね。
 今月は強烈なインパクトのある本には出会えませんでした。
 もちろんそうはいってもレベルが低かったというわけでは決してありません。
 多くの素晴らしい出会いがありました。
 小川国夫さんの遺著となったキリストの生涯は心に残りましたし、高橋源一郎さんの文学に対する強い思い入れも涙なくしては読めません。
 半藤一利さんの薩長史観へのアンチテーゼもおもわず肯いてしまいましたし、並木誠士さんの日本絵画の確立を論じた著作も素晴らしかったです。
 もちろん大門正克の戦中戦後を描いた日本の歴史も高いレベルを維持していました。
 週間本は今月は一冊も目を通さなかったのは残念です。2シリーズですからどんどん溜まってます。4月は何とか挽回しなくてはなりません。
 図録は5冊でした。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

 書籍
△溝口睦子「アマテラスの誕生 古代王権の源流を探る」(岩波新書)、
◇並木誠士「絵画の変-日本美術の絢爛たる開花」(中公新書)、
△鎌田浩「地学のツボ」(ちくまちくまプリマー新書)
◇大門正克「戦争と戦後を生きる(全集 日本の歴史 第15巻)」(小学館)
△深井晃子「ファッションから名画を読む」(PHP新書)
◇半藤一利「幕末史」(文藝春秋)
△竹内実「中国という世界―人・風土・近代」(岩波新書)
◇小川国夫「イエス・キリストの生涯を読む」(河出書房新社)
◇高橋源一郎「大人にはわからない日本文学史」(岩波書店)
△「悲夢 オフィシャルブック」(エイチ・シー・ビー)
△田中希美男「「デジタル一眼」交換レンズ入門」(アスキー新書)
△小野健吉「日本庭園-空間の美の歴史」(岩波新書)
△松岡正剛「神仏たちの秘密 (連塾方法日本 1) 」(春秋社)
△田中修「都会の花と木 四季を彩る植物のはなし」(中公新書)

 週刊本
 なし

 図録
-「図録 没後三〇年 安田靫彦展」(茨城県近代美術館)
-「図録 土門拳の昭和」(クレヴィス)
-「ジュリアン・オピー記録集」(水戸芸術館現代美術センター)
-「図録 上村松園・松篁・淳之 三代展」(読売新聞)
-「図録 アンドリュー・ワイエス:創造への道程」(愛知県美術館ほか)

[PR]
by daisenhougen | 2009-04-01 06:50 | 読書記録(まとめ)

2009年02月間読書記録

 2009年02月読書記録です。
 2月に読んだのは先月に引き続き12冊でした。
 今月のベストワンはなんといっても塩野七生さんの「ローマ亡き後の地中海世界」です。先月の上巻に引き続き下巻を読みましたが、歴史を生き生きと甦させる手腕は見事なもんでした。
 小松裕さん、吉見俊哉さんの著作はそれぞれシリーズものの一冊ですが、それぞれ読み応えがある充実の一冊でした。
 鎌田遵さんの著作はアメリカンの先住民社会をコンパクトに描き出してくれてました。アメリカは黒人問題だけじゃないことを印象付けてくれました。
 内村剛介さんのロングインタビューは内村剛介さんの集大成の遺著ともいうべき著作となってました。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

 書籍
△浜矩子「グローバル恐慌―金融暴走時代の果てに―」(岩波新書)、
△蜷川美花「月刊 奥菜恵 FINAL」(新潮社)
◎塩野七生「ローマ亡き後の地中海世界 下」(新潮社)
△伊知地国夫「Focus in the Dark 科学写真を撮る」(岩波書店)
◇小松裕「「いのち」と帝国日本 (全集日本の歴史第14巻)」(小学館)
△狩野博幸・横尾忠則「無頼の画家 曾我蕭白」(新潮社)
◇鎌田遵「ネイティブ・アメリカン-先住民社会の現在」(岩波新書)
◇吉見俊哉「ポスト戦後社会〈日本近現代史 9〉」(岩波新書)、
△大河内直彦「チェンジング・ブルー」(岩波書店)
△上垣外憲一「富士山―聖と美の山」(中公新書)、
△田近英一「凍った地球-スノーボールアース生命進化の物語」(新潮選書)
◇陶山幾朗「内村剛介ロングインタビュー」(恵雅堂出版)

 週刊本
-「週刊世界の美術館 第28号 パリ国立近代美術館」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第29号 大英博物館(2)」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第30号 ボストン美術館(1)」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第31号 ルーヴル美術館(4)」(講談社)
-「週刊 西洋絵画の巨匠 02号 モネ」(小学館)
-「週刊 西洋絵画の巨匠 03号 ルノワール」(小学館)
-「週刊 西洋絵画の巨匠 04号 フェルメール」(小学館)

 図録
-「図録 特別展 妙心寺」(読売新聞社)
-「図録 加山又造展」(日本経済新聞社)
-「図録 国宝 三井寺展」(毎日新聞社)

[PR]
by daisenhougen | 2009-03-01 07:31 | 読書記録(まとめ)

2009年01月読書記録

 2009年01月読書記録です。
 1月に読んだのは12冊でした。
 その中の一番は佐藤康宏さんの「日本美術史」でした。放送大学のテキストですが、斬新な視点と充実度は抜群でした。
 その他では藤原新也さんの「Memento‐Mori」の英語版、牧原憲夫さんの「全集 日本の歴史13)」などが心に残りました。
 蜂屋邦夫訳注の「老子」も良かったです。古典も月1冊ぐらいは読みたいもんです。
 塩野七生さんの「ローマ亡き後の地中海世界 上」も素晴らしかったのですが、下巻を読んでから評価は付けることにします。
 週間本は2シリーズを追いかけることにしました。脱落しないでついていきたいですね。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

 書籍
△古井由吉「漱石の漢詩を読む」(岩波書店)
△吉本隆明「貧困と思想」(青土社)
△福井憲彦「近代ヨーロッパの覇権 興亡の世界史(13)」(講談社)
◇藤原新也「Memento‐Mori―英語版 メメント・モリ」(三五館)
◇牧原憲夫「文明国をめざして(全集 日本の歴史13)」(小学館)
△池上英洋「恋する西洋美術史」(光文社新書)、
-塩野七生「ローマ亡き後の地中海世界 上」(新潮社)
△近藤史人「歌麿 抵抗の美人画」(朝日新書)
◎佐藤康宏「日本美術史」(放送大学教育振興会)
◇蜂屋邦夫訳注「老子」(岩波文庫)
△魚住孝至「宮本武蔵-「兵法の道」を生きる」(岩波新書)
△小松和彦「百鬼夜行絵巻の謎」(集英社新書)

 週刊本
-「週刊世界の美術館 第21号 ルーヴル美術館(3)」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第22号 エルミタージュ美術館(2)」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第23号 オランジュリー美術館」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第24号 テイト・ギャラリー」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第25号 オルセー美術館(3)とモロー美術館」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第26号 ベルリン 美術館(1)」(講談社)
-「週刊世界の美術館 第27号 ゴッホ美術館」
-「週刊西洋絵画の巨匠 01号 ゴッホ」(小学館)

 図録
-「図録 石内都展 ひろしま/ヨコスカ」を読んだ。目黒区美術館

[PR]
by daisenhougen | 2009-02-01 09:09 | 読書記録(まとめ)

2008年読書回顧

 2008年の年間読書回顧を書いてみます(2007年はこちら)。
 今年読んだ本は一般書籍が128冊、週間本が39冊、図録が42冊でした。
 歴史のシリーズものでは、新たに始まった小学館の「全集 日本の歴史」を1巻から12巻まで一年間きっちり追っかけてきました。月々の読書のペースメーカーとなりました。内容的にもレベルの高い充実の全集でした。
 昨年から引き続きの「興亡の世界史」はペースダウンとなったようで5冊だけでした。こちらは巻毎の出来不出来の差がおおきかったですね。
 「シリーズ日本近現代史」にいたっては2冊しか刊行されなかったです。
 いずれにせよ歴史物が読書の中心でした。
 美術関連では週間本の「週刊アーティスト・ジャパン」が完結しました。少々を未読で終わってしまいました。
 更には「週刊世界の美術館」がスタートしました。こちらは遅れずについていきたいですね。
 一般書籍の方でも美術関連で20冊程度読むことができました。画集の素晴らしのをいくつか入手できたのもラッキーでした。
 その他、評論や小説なども少々覗きました。
 いつも追いかけている馴染みの方々の著作がチョット低調だったのは気のせいでしょうか。
 図録はだいぶ読み残したのが残念でした。美術展訪れる回数増えた分、図録の購入が増えましたが、目を通すのが追いつきませんでした。

 心に残った著作としては以下の3冊をあげておきます。

1.辻惟雄「岩佐又兵衛 浮世絵をつくった男の謎」(文春新書) 
2.山田篤美「黄金郷伝説―スペインとイギリスの探険帝国主義」(中公新書)
3.川上弘美「どこから行っても遠い町」(新潮社)

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-31 09:18 | 読書記録(まとめ)

2008年12月読書記録

 2008年12月読書記録です。
 今月読んだのは11冊でした。
 今月の一冊は辺見庸さんの「愛と痛み」ですね。最近の辺見さんの思想が凝縮されています。
 沢木耕太郎さんの深夜特急の後日談もファンとしては締めくくる作品として懐かしかったです。
 林佳世子さん、平川新さんという両学者さんの歴史書も読み応えがありました。
 週間本は6冊で、なんとか付いていってます。
 図録はゼロ。いったい今年買った図録の読み残しは何冊になったんでしょう。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。週刊本及び図録には評価は原則付けません。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
◇林佳世子「オスマン帝国500年の平和(興亡の世界史10)」(講談社)
△中沢新一「鳥の仏教」(新潮社)
△秋山駿「忠臣蔵」を読んだ。新潮社
◇辺見庸「愛と痛み―死刑をめぐって」(毎日新聞社)
△松浦玲「坂本龍馬」(岩波新書)
◇沢木耕太郎「旅する力 深夜特急ノート」(新潮社)
△荒川洋治「読むので思う」(幻戯書房)
◇平川新「開国への道 (全集 日本の歴史 第12巻)」(小学館)
◇大久保純一「カラー版 浮世絵」(岩波新書)
△佐藤勝彦「宇宙論入門-誕生から未来へ」(岩波新書)
△塩川伸明「民族とネイション」(岩波新書)

 週刊本
-「週刊世界の美術館 第15号 東京国立博物館」
-「週刊世界の美術館 第16号 ヴァチカン美術館(2)」
-「週刊世界の美術館 第18号 オーストリア美術館」
-「週刊世界の美術館 第17号 プラド美術館(2)と『ゲルニカ』」
-「週刊世界の美術館 第19号 ピカソ美術館」
-「週刊世界の美術館 第20号 ウフィツィ美術館(2)とサンマルコ美術館」

 図録
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-30 08:43 | 読書記録(まとめ)

2008年11月読書記録

 2008年11月の読書記録です。
 今月は13冊読むことができました。先月の低迷からは脱することができました。
 今月の一押しは川上弘美さんの小説「どこから行っても遠い町」です。川上ワールド堪能させてもらいました。
 その他に倉地克直さんの江戸の歴史や神谷秀樹さんのウォール街の内幕ものも興味深かったです。
 いつも追っかけている藤原新也さん、四方田犬彦さん、吉本隆明さんの新刊も刊行されましたが、ちょっとテンションが低い著作の気もしました。
 週間本は今回は読みませんでした。
 図録は9冊でした。年内にどこまで追いつけるでしょうか。


 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。週刊本及び図録には評価は原則付けません。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
△藤原新也「メメント・モリ」(三五館)
△ロバート・ゲスト「アフリカ 苦悩する大陸」(東洋経済新報社)
△小林泰三「日本の国宝、最初はこんな色だった」(光文社新書)、
△斎藤環「アーティストは境界線上で踊る」(みすず書房)
△宮沢賢治「注文の多い料理店」(SDP文庫)、
◇倉地克直「徳川社会のゆらぎ (全集 日本の歴史 第11巻)」(小学館)
△四方田犬彦「日本の書物への感謝」(岩波書店)
△吉本隆明「「芸術言語論」への覚え書き」(李白社)
◇神谷秀樹「強欲資本主義ウォール街の自爆」(文春新書)
△長谷川裕行「デジタルカメラ「プロ」が教える写真術」(講談社ブルーバックス)、
△宮下誠「カラヤンがクラシックを殺した」(光文社新書)、
△武光誠「蘇我氏の古代史」(平凡社新書)
◇川上弘美「どこから行っても遠い町」(新潮社)

 週刊本
 なし

 図録
-「丸山直文全作品集1988-2008」(求龍堂)
-「図録 速水御舟」(平塚市美術館ほか)
-「図録 伊藤彬展」(平塚市美術館)
-「図録 岡村桂三郎展」(神奈川県立美術館)
-「図録 特別展 鎌倉の精華」(鎌倉国宝館)
-「図録 源氏物語の一〇〇〇年」(横浜美術館ほか)
-「図録 巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡/魂のポートレート」(朝日新聞社)
-「図録 ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展」(東京新聞)
-「図録 フェルメール展」(TBS・朝日新聞社)

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-02 06:42 | 読書記録(まとめ)

2008年10月読書記録

2008年10月の読書記録です。
 今月読んだのは6冊どまりでした。今年最低記録です。
 週刊本は何とか追いつくことができました。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。週刊本及び図録には評価は原則付けません。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
△水本邦彦「徳川の国家デザイン(全集 日本の歴史 第10巻)」(小学館)
◇由井大三郎「好戦の共和国アメリカ」(岩波新書)、
△- 「キヤノン EOS Kiss X2 マニュアル」(日本カメラ社)
△福岡伸一「できそこないの男たち」を読んだ。(光文社新書)、
△たくきよしみつ「デジカメに1000万画素はいらない」(講談社現代新書)
◇山田篤美「黄金郷伝説―スペインとイギリスの探険帝国主義」(中公新書)

 週刊本
-「週刊世界の美術館 第9号 大英博物館(1)」講談社
-「週刊世界の美術館 第10号 アムステルダム国立美術館」
-「週刊世界の美術館 第11号 ルーヴル美術館(2)」
-「週刊世界の美術館 第12号 オルセー美術館(2)」
-「週刊世界の美術館 第13号 ロンドン・ナショナルギャラリー(1)」
-「週刊世界の美術館 第14号 ニューヨーク近代美術館(1)」

 図録
-「図録 大琳派展 - 継承と変奏 -」(読売新聞社)
-「図録 ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」(日本経済新聞社)
-「図録 ジョン・エヴァレット・ミレイ展 」(朝日新聞社)
-「図録 髙山辰雄遺作展―人間の風景」(練馬区立美術館)

[PR]
by daisenhougen | 2008-11-02 08:37 | 読書記録(まとめ)

2008年09月読書記録

 2008年09月の読書記録です。
 今月読んだのは9冊どまりで、一桁どまりの低調さでした。
 今月のベストワンはロナルド・トビさんの「鎖国論」でしたね。目から鱗の読書を堪能させてもらえました。
 木村幹さんの「韓国現代史」も充実していました。
 週刊本は世界の美術館を2冊、図録は1冊どまりでした。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。週刊本及び図録には評価は原則付けません。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
△丸山茂徳「科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている」 (宝島社新書)、
△「Canon EOS Kiss X2 親切マニュアル」(毎日コミュニケーションズ)
◇木村幹「韓国現代史―大統領たちの栄光と蹉跌」(中公新書)
◎ロナルド・トビ「「鎖国」という外交(全集 日本の歴史 第9巻)」(小学館)
△片岡義男「ナポリへの道」(東京書籍)
△村上憲郎「村上式シンプル英語勉強法」(ダイヤモンド社)
△リービ英雄「延安 革命聖地への旅」(岩波書店)
△野口悠紀雄「超「超」整理法」(講談社)
△リービ英雄「仮の水」(講談社)

 週刊本
-週刊世界の美術館 第7号 エルミタージュ美術館(1)」を読んだ。講談社
-「週刊世界の美術館 第8号 メトロポリタン美術館(1)」を読んだ。

 図録
-「図録 北京故宮 書の名宝展」毎日新聞社ほか

[PR]
by daisenhougen | 2008-09-30 06:47 | 読書記録(まとめ)