カテゴリ:読書記録(まとめ)( 51 )

2007年11月読書記録

 2007年11月の読書記録です。
 今月は15冊ほど読むことができました。
 まずは辺見庸さんの「たんば色の覚書 私たちの日常」。辺見さんの気迫は心に残りました。
ケルアック「オン・ザ・ロード」は青年の心を呼び戻したい気がしました。それに対する加島祥造・帯津良一の対談「静けさに帰る」は老年の心意気に学ばねばという気にさせましたね。
小林頼子「牛乳を注ぐ女」は専門家恐るべしです。
 図録は今月4冊です。
 今年買ったまま読んでいない図録が11冊溜まっています。年だけは越さないようにしたいですね。12月は図録一掃月間にしましょう。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
△池上英洋「血みどろの西洋史一〇〇〇年」(KAWADE夢新書)
◎辺見庸「たんば色の覚書 私たちの日常」(毎日新聞社)
△「iPod touchパーフェクトガイド」(アスキー)
△植島啓司「偶然のチカラ」(集英社新書)
△藤田達生「秀吉神話をくつがえす」(講談社現代新書)
△玉村豊男「絵を描く日常」東京書籍
△大岡信「新折々のうた9」(岩波新書)
△坂上孝・後藤武「〈はかる〉科学 計・測・量・謀」(中公新書)
△木村凌二「地中海世界ローマ帝国(興亡の世界史04)」(講談社)
△吉本隆明「よせやぃ」(ウェイツ)
△大岡信「新折々のうた総索引」 (岩波新書)
◇ジャック・ケルアック「オン・ザ・ロード」(河出書房新社)
△川上弘美「東京日記2 ほかに踊りを知らない。」(平凡社)
◇小林頼子「牛乳を注ぐ女」(ランダムハウス講談社)
◇加島祥造・帯津良一「静けさに帰る」(風雲舎)

 図録
-「図録 印象派とエコール・ド・パリ展」(日本経済新聞社)
-「鈴木理作 熊野、雪、桜」(淡交社)
-「図録 Great Ukiyoe Masters」(浅野研究所)
-「図録 山口晃展」(練馬美術館)

[PR]
by daisenhougen | 2007-12-01 06:44 | 読書記録(まとめ)

2007年10月読書記録

 2007年10月の読書記録です。
 今月は7冊まで落ち込みました。読書力の低下が止まりません。読む本が減れば良い本に出会う確率が減るのかもしれません。
 ということで、今月は宮下規久朗 「カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇」が面白かったぐらいです。
 図録は今月3冊です。
 またもや読んでいない図録が溜まっています。年越さないようにせっせと読まなくてはなりません。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
△加島祥造「ほっとする老子の言葉ーいのちを養うタオの智慧ー」(二玄社)
△中沢新一・太田光他「現代の秘境は人間の“こころ”だ 芸術人類学」(講談社)
△四方田犬彦「人間を守る読書」(文春新書)
△島田裕巳「中沢新一批判、あるいは宗教的テロリズムについて」(亜紀書房)
△岡田斗司夫「いつまでもデブと思うなよ」(新潮新書)
◇宮下規久朗 「カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇」(角川選書)
△村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」(文藝春秋)

 図録
-「山種美術館所蔵 玉堂」(山種美術)
-「図録 上村松園~近代と伝統~」(上村小園展実行委員会ほか)
-「図録 シャガール展」(上野の森美術館・産経新聞社)


[PR]
by daisenhougen | 2007-11-01 06:56 | 読書記録(まとめ)

2007年09月読書記録

 2007年09月の読書記録です。
 今月も9冊しか読めませんでした。読書力の低下が止まりませんね。
 今月は学者さんの啓蒙書2冊「人口学への招待」「プリオン説はほんとうか?」が面白かったです。専門家の力はあなどれませんね。
 図録は今月3冊です。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
△木村泰司「名画の言い分」(集英社)
△河邑厚徳「藝大生の自画像」(日本放送出版協会)
△荒川洋治「黙読の山」(みすず書房)
△四方田犬彦「詩集 人生の乞食」(書肆山田)
◇河野稠果「人口学への招待-少子・高齢化はどこまで解明されたか」(中公新書)
◇福岡伸一「プリオン説はほんとうか?」(講談社ブルーバックス)
△柴田文彦「快適デジタルライフ やっぱりオヤジもiPodが欲しい! 」(アスキー新書)、
△山折哲雄「早朝座禅ー凛とした生活のすすめ」(祥伝社新書)、
△片岡幸雄「すきっ腹ウォーキング」(ベースボールマガジン新書)

 図録
-「図録 広重が描いた日本の風景」(神奈川県立歴史博物館)
-「図録 仙厓・センガイ・SENGAI」(出光美術館)
-「図録 BIOMBO/屏風 日本の美」(日本経済新聞)

[PR]
by daisenhougen | 2007-10-02 07:41 | 読書記録(まとめ)

2007年08月読書記録

 2007年08月の読書記録です。
 今月も9冊しか読めませんでした。今月は四方田さんの著作が一番でした。福岡さんの著作ははじめて読みましたが、結構面白かったです。吉田さんの著作はこのシリーズでは一番でした。
 図録は今月4冊です。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リストです。

 書籍
△原聖「ケルトの水脈(興亡の世界史07)」(講談社)
△瀬木慎一「名画はなぜ心を打つか」(講談社文庫)、
◇福岡伸一「生物と無生物のあいだ」(講談社新書)、
△村上隆「金・銀・銅の日本史」(岩波新書)、
△「週刊アーティスト・ジャパン15円山応挙」(デアゴスティーニ)
△「週刊アーティスト・ジャパン16俵屋宗達」(デアゴスティーニ)
◇四方田犬彦「驢馬とスープ―papers2005-2007」(ポプラ社)
◇吉田裕「アジア・太平洋戦争(シリーズ日本近現代史6)」(岩波新書)
×上野千鶴子「おひとりさまの老後」(法研)

 図録
-「森村泰昌―美の教室、静聴せよ」(理論社)
-「図録 自画像の証言」(東京藝術大学大学院美術研究科油画技法材料研究室)
-「図録 川村記念美術館所蔵 巨匠と出会う名画展」(朝日新聞社)
-「図録 線の迷宮<ラビリンス>Ⅱ―鉛筆と黒鉛の旋律」(目黒区立美術館)

[PR]
by daisenhougen | 2007-09-01 06:44 | 読書記録(まとめ)

2007年07月読書記録

 2007年07月の読書記録です。
 今月は8冊しか読めませんでした。内容的にもチョット低調だった気がします。
 図録は今月も9冊も読みました。これで未消化文分は5冊まで減りました。8月中に追いつきたいですね。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リストです。

 書籍
◇加藤陽子「満州事変から日中戦争へ(シリーズ日本近現代史5)」(岩波新書)
△四方田犬彦「先生とわたし」(新潮社)
◇藤原新也「名前のない花」(東京書籍)
△加島祥造「求めない」(小学館)
△吉本隆明「吉本隆明 自著を語る」(ロッキング・オン)
×渡部昇一「95歳へ!」(飛鳥新社)
△森村泰昌「「美しい」ってなんだろう?―美術のすすめ」(理論社)
△山岡光治「地図に訊け!」(ちくま新書)

 図録
-「図録 副島種臣展」(佐賀新聞社)
-「図録 ペルジーノ展」(アートプランニング・レイ)
-「図録 金刀比羅宮 書院の美―応挙・若冲・岸岱―」(朝日新聞社)
-「図録 歌川広重《名所江戸百景》のすべて」(芸大ミュージアムショップ)
-「図録 開館40周年記念展 山種コレクション名品選」(山種美術館)
-「図録 中村梧竹の書-百代の新風」(五島美術館)
-「図録 ヴィクトリア アンド アルバート美術館所蔵浮世絵名品展」(太田記念美術館)
-「図録 肉筆浮世絵-出光コレクションのすべて」(出光美術館)
-「図録 美術の遊びとこころ「旅」」(三井文庫 三井記念美術館)

[PR]
by daisenhougen | 2007-08-02 06:24 | 読書記録(まとめ)

2007年06月の読書記録

 2007年06月の読書記録です。
 今月は原信田さん、斎藤さん、新川さん、白井さんの著作に惹かれました。いずれも初めて接する著者ですが今後の著作に触れるのが楽しみです(原信田さんは遺作なので残念ですが・・・)。
 後はシェイクスピアですが、こちらは別格ですね。精神をクリアーにする毒消しとしては効果抜群です。年内にもう一冊ぐらいは読んでみたいですね。
 図録を9冊も読みましたが、まだ全部消化できていません(8冊も机に積み上げたままになってます)。読む能力超えて買いすぎました。やっぱり図録は展覧会を見たらすぐに読まないと駄目ですよね。
 では、一覧リストです。

 書籍
△黒木登志夫「健康・老化・寿命」(中公新書)、
◇原信田実「謎解き広重「江戸百」」(集英社新書)、
△穂村弘「もしもし、運命の人ですか。」(メディアファクトリー)
◇斎藤希史「漢文脈と近代日本―もう一つのことばの世界」(NHKブックス)
△「山口晃作品集」(東京大学出版会)
△「山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈」(東京大学出版会)
◇シェイクスピア(安西徹雄訳)「ジュリアス・シーザー」(光文社古典文庫)、
◇新川登亀男「聖徳太子の歴史学―記憶と創造の一四〇〇年」(講談社選書メチエ)
△林俊雄「スキタイと匈奴 遊牧の文明(興亡の世界史02)」(講談社)
△「週間アーチストジャパン14 小磯良平」(デアゴスティーニ)
◇白井聡「未完のレーニン 〈力〉の思想を読む」(講談社選書メチエ)

 図録
-「図録 サンクト・ペテルブルク国立ロシア美術館展」(産経新聞)
-「図録 モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」(東京新聞)
-「図録 藤原道長 極めた栄華・願った浄土」(京都国立博物館)
-三沢厚彦「ANIMALS+(アニマルズプラス)」(求龍堂)
-「図録 アートで候 会田誠 山口晃展」(産経新聞社・上野の森美術館)
-「図録 水の情景-モネ、大観から現代まで」(横浜美術館・横浜市芸術文化振興財団)
-「図録 狩野派誕生-栃木県立博物館コレクション-」(大倉集古館)
-「図録 大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」(読売新聞社)
-「図録 鳥居清長展」(千葉市美術館)

[PR]
by daisenhougen | 2007-07-02 07:10 | 読書記録(まとめ)

2007年05月の読書記録

 2007年5月の月間読書記録です。
 5月は刊行中の歴史本の消化で終わった月でしたね。
 その中では中沢さんと沢木さんの著作はいつものように文章を読む悦楽を堪能させてもらいました。
 岡田さん、芳澤さんの歴史を掘り下げた論考も興味深かったです。専門家恐るべしですね。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リストです。

 書籍
◇中沢新一「ミクロコスモスⅡ」(四季社)
△成田龍一「大正デモクラシー(シリーズ日本近現代史4)」(岩波新書)
◇沢木耕太郎「「愛」という言葉を口にできなかった二人のために」(幻冬舎)
◇岡田温司/池上英洋「レオナルド・ダ・ヴィンチと受胎告知」(平凡社ライブラリー)
△土肥恒之「ロシア・ロマノフ王朝の大地(興亡の世界史14)」(講談社)
△井野瀬久美惠「大英帝国という経験(興亡の世界史16)」(講談社)
◇芳澤勝弘「白隠-禅画の世界」(中公新書)
△桶谷秀昭「人間を磨く」(新潮新書)

 図録
-「図録 国宝 上杉本洛中洛外図屏風」(米沢市上杉博物館)
-「ブックレット 国立ロシア美術館展」
-「図録 若冲展」(日本経済新聞)
-「図録 福田平八郎展」(京都新聞社)

[PR]
by daisenhougen | 2007-06-02 06:44 | 読書記録(まとめ)

2007/04読書記録

 2007年4月読書記録です。
 4月もあんまり本を読めませんでした(パワー低下継続中ですね)。
 でも、読んだ本はけっこう充実していました。安森さんおよび中野さんはそれぞれ専門分野からの啓蒙書ですが、さすが学者さんといった本でした。素人には及びもつかない知見に満ちていました。
 辺見さんおよび中沢さんはそれぞれ「辺見節」、「中沢節」を充分堪能させてもらいました。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リストです(リストというほど読んでいないんで、恥ずかしいですね)。

 書籍
◇安森孝夫「興亡の世界史05シルクロードと唐帝国」(講談社)
◇辺見庸「記憶と沈黙(辺見庸コレクション1)」(毎日新聞)
◇中野三敏「写楽」(中公新書)
△-「週刊アーティスト・ジャパン10 喜多川歌麿」(ディアゴスティーニ)
△茨木のり子「詩集 歳月」(花神社)
△大久保純一「東洲斎写楽(新潮日本美術文庫)」(新潮社)
△村上春樹「村上かるた うさぎおいしーフランス人」(文藝春秋社)
◇中沢新一「ミクロコスモスⅠ」(四季社)
△-「週刊アーティスト・ジャパン11伊東深水」(ディアゴスティーニ)
△-「週刊アーティスト・ジャパン12佐伯祐三」(ディアゴスティーニ)
△-「週刊アーティスト・ジャパン13狩野永徳」」(ディアゴスティーニ)

 図録
-「図録 生誕100年 靉光展」(毎日新聞社)
-「図録 動物絵画の100年 1751-1850」(府中美術館)

[PR]
by daisenhougen | 2007-05-02 07:42 | 読書記録(まとめ)

2007年3月読書記録

 2007年3月読書記録です。
 3月もあんまり本を読めませんでした。4月の新年度からは立て直さなくては・・・。軽い本が大半なんですから、図録のぞきで20冊は読みたいですね。
 3月に読んだ中では、やっぱり塩野七生「ローマ世界の終焉―ローマ人の物語XV―」の完結まで読み通したことです。なんてったって15冊ですもの。多少のパワー低下なんて気にしません。岡田温司さん作品は、チョット古い作品ですが、岡田ワールドに引き込んでくれますね。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、○は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リストです(リストというほど読んでいないんで、恥ずかしいですね)。

 書籍
△「週刊アーティスト・ジャパン 5 東洲斎写楽」(ディアゴスティーニ)
△「週刊アーティスト・ジャパン 6 上村小園」(ディアゴスティーニ)
○塩野七生「ローマ世界の終焉―ローマ人の物語XV―」(新潮社)
○岡田温司「『ヴィーナスの誕生』視覚文化への招待」(みすず書房)
△「週刊アーティスト・ジャパン 7 雪舟」(ディアゴスティーニ)
△原田敬一「日清・日露戦争(シリーズ日本近現代史3)」(岩波書店)
△谷公俊「興亡の世界史01アレクサンドロスの征服と神話」(講談社)
△「週刊アーティスト・ジャパン 8 竹久夢二」(ディアゴスティーニ)
△「週刊アーティスト・ジャパン 9 棟方志功」(ディアゴスティーニ)

 図録
-「図録 加山又造展」(茨城県立近代美術館)、
-「図録 レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像」(朝日新聞社ほか)
-「図録 没後五〇年 川合玉堂展」(朝日新聞社)
-「図録 シュルレアリスム展」(美術館連絡協議会)

[PR]
by daisenhougen | 2007-04-02 07:15 | 読書記録(まとめ)

2007年2月読書記録

 2007年2月読書記録です。
 2月はあんまり本を読めませんでした。日々の生活が、ちょっとだらけているのかもしれません。こうやってまとめてみると、如実に表れてしまいます。だらだらとTV見たり、ネット覗いている時間が多すぎるんですね。
 2月に読んだ中では、やっぱり岡田温司「処女懐胎」ですね。すばらしい著作です。今後、岡田さんの著作を遡って読んで見ようと思います。岡田正彦「人はなぜ太るのか」も目から鱗でした。ダイエットは、この処方箋での実行あるのみです。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、○は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。図録には評価は原則付けません。あくまでも小生の独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リストです(リストというほど読んでいないんで、恥ずかしいですね)。

 書籍
○岡田正彦「人はなぜ太るのか」(岩波新書)
△「週刊アーティスト・ジャパン 2 横山大観」(ディアゴスティーニ)
△「週刊アーティスト・ジャパン 3 東山魁夷」(ディアゴスティーニ)
○「吉本隆明「思想のアンソロジー」(筑摩書房)
◎岡田温司「処女懐胎」(中公新書)
△「週刊アーティスト・ジャパン 4 尾形光琳」(ディアゴスティーニ)
○宮下規久朗「食べる西洋美術史」(光文社新書)

 図録
-「都路華香展」(京都国立近代美術館/笠岡市立竹喬美術館)
-「20世紀美術探検」(国立心美術館)
-「日本美術が笑う」(森美術館)
-「ギメ東洋美術館所蔵 浮世絵名品展」(NHK・NHKプロモーション)

[PR]
by daisenhougen | 2007-03-01 07:15 | 読書記録(まとめ)