カテゴリ:鑑賞記録(まとめ)( 76 )

2010年03月鑑賞記録

 2010年03月の鑑賞記録です。
 03月は20ほどの展示を見ることができました。
 数的にも満足ですが、内容的にも素晴らしい展示に出会えました。
 その中でも長谷川等伯展と歌川国芳展は甲乙つけがたいぐらい充実した展示でした。これだけ充実した展示はもはや再見は不可能かもしれませんね。
 国芳さんは4月20日から全面展示替えですので、ことらも見逃さないようにしなくてはなりませんね。
 洋物では「レンピッカ展」ですね。時代とギリギリの線で渡り合った成果を堪能させてもらいました。
 そして何といってもピカイチは東大博物館でひっそりと開催されていた「命の認識」展です。わたしにとっては心から衝撃を受けた展示でした。
 これら以外も充実した展示が目白押しでした。
 日本物では板橋美の浮世絵の死角、東海道五十三対の全点展示、近美の小野竹喬展などが心に残りました。
 洋物では西美のブラングィン展と水彩・素描展のそろい踏み、庭園美のマッキアイオーリ展などが素晴らしかったですね。
 番外編としては大哺乳類展でしょうか。
 映画は1本だけでした。アカデミー賞受賞作を野次馬的に見ておいたといったとこですね。 コンサートは今年始めて訪れることができました。ルイゾッティによるあまりに美しいモーツァルトの音楽を堪能させてもらいました。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。
 では、一覧です。
 展覧会 
◎「没後400年 特別展 長谷川等伯」(東京国立博物館)
△「特集陳列「農村(田園)へのまなざし」ほか常設展示」(東京国立博物館)
◇「フランク・ブラングィン展」(国立西洋美術館)
◇「所蔵水彩・素描展-松方コレクションとその後」(国立西洋美術館)
◇「生誕120年 小野竹喬展」(東京国立近代美術館)
△「水浴考」(東京国立近代美術館)
△「木田安彦の世界」(汐留ミュージアム)
△「現代絵画の展望 12人の地平線~この頃~」(鉄道歴史展示室)
◇「浮世絵の死角 イタリア・ボローニャ秘蔵浮世絵名品展」(板橋区立美術館)
◇「イタリアの印象派 マッキアイオーリ展」(東京都庭園美術館)
◎「美しき挑発 レンピッカ展」(Bunkamuraザ・ミュージアム)
-「ボルゲーゼ美術館展」(再訪)(東京都美術館)
-「没後400年 特別展 長谷川等伯」(展示替え再訪)(東京国立博物館)
△「VOCA 展2010」(上野の森美術館)
△「鰭崎英朋(ひれざきえいほう)展」(弥生美術館)
◎「特別展示 命の認識」(東京大学総合研究博物館)
◇「東海道五十三対」(UKIYO-e TOKYO)
◇「大哺乳類展 陸のなかまたち」(国立科学館)
△「向井潤吉 展~わかちがたい風景とともに~」(日本橋高島屋)
△「荒木経惟・舟越桂 至上ノ愛像」(高橋コレクション日比谷)
◎「歌川国芳 奇と笑いの木版画」(前期(府中市美術館)

 映画
△映画「ハート・ロッカー」(TOHOシネマズ)

 コンサート
◇ホールオペラ「コジ・ファン・トゥッテ/指揮:ルイゾッティ」(サントリーホール)

[PR]
by daisenhougen | 2010-03-31 06:40 | 鑑賞記録(まとめ)

2010年02月鑑賞記録

 2010年02月の鑑賞記録です。
 02月はかなり低調でした。せっかく01月にスタートダッシュを切った思ってたのに、台無しになってしまいました。休日の天候があんまり良くなかったことで、出かけるのが億劫になったことが要因かもしれません(単なる言い訳ですね・・・)。
 けっきょくは展覧会は7つしか見ることができませんでした。
 その中では束芋とウィリアム・ケントリッジという、映像作品における先鋭的であるが、ある意味で対極的な表現を体験させてもらいました。
 どちらも素晴らしい展示でした。
 「医学と芸術展」も素晴らしい展示でした。ちょっと欲張りすぎの気もしますが、十分堪能させてもらいました。
 映画の2本は、どちらも素晴らしい作品でした。

 03月は暖かくなるでしょうから、出動回数を増やすようにしたいものです。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。

 では、一覧です(一覧なんておこがましいですが・・・)。

 展覧会
◇「束芋展」(横浜美術館)
◇「ウィリアム・ケントリッジ 展」(東京国立近代美術館)
△「早川良雄―“顔”と“形状”―」(東京国立近代美術)
-「江戸の彩 -珠玉の浮世絵コレクション-後期」(太田記念美術館)
◇「医学と芸術展」(森美術館)
△「テレルヴォ・カルレイネン+オリバー・コフタ・カルレイネン」(森美術館)
△「高山登展」(宮城県立美術館)

 映画
◇「インビクタス/負けざる者たち」(109シネマズ)
◇「アバター」(109シネマズ)

 コンサート
 なし

 その他
 なし。

[PR]
by daisenhougen | 2010-03-02 07:17 | 鑑賞記録(まとめ)

2010年01月鑑賞記録

 2010年01月の鑑賞記録です。
 本年最初の月は展覧会は17つほど拝見することができました。
 その中でわたしの中で最も強烈な印象を与えてくれたのは「オブジェの方へ−変貌する「本」の世界−」でした。
 昨年から開催されているのを危うく見逃すとところでした。なんとかキャッチできて良かったです。
 そしてやっぱり「ボルゲーゼ美術館展」も落とすわけにはいけません。超一級品の名画にうっとりでした。
 その他にも柴田是真、小村雪岱といった埋もれた名人の復権展示、有名な割にはなかなかまとめて見る機会のない安井曾太郎や村山槐多の回顧展なども心に残りました。
 アンコールワット展や斎藤真一展、太田記念美術館のお宝勢揃いも素晴らしかったです。   そうそう、日本の美術シーンの「今」を教えてくれる「DOMANI・明日展」も心に残っています。
 映画は2本でした。
 2本とも素晴らしい作品でした。映画はやっぱり見続けないとと再認識しました。

 コンサートを聴きに行けなかったのは残念でした。

 相撲観戦に行くことができたのは良かったです。しかも天覧試合でしたからラッキーでした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。

 では、一覧です。

 展覧会
○「世界遺産 アンコールワット展」(日本橋三越)
○「柴田是真の漆×絵」(三井記念美術館)
○「安井曾太郎の肖像画」(ブリヂストン美術館)
△「絹谷幸二 生命の軌跡」(東京藝術大学大学美術館)
△「まばゆい、がらんどう」(東京藝術大学大学美術館)
△「デジタル・オイル・ペインティング展」(東京藝術大学大学美術館)
-「土偶展(再訪)」(東京国立博物館)
△「博物館に初もうで+洛中洛外図屏風(舟木本)+秋冬山水図」(東京国立博物館)
◎「オブジェの方へ−変貌する「本」の世界−」(うらわ美術館)
○「小村雪岱とその時代」(埼玉県立近代美術館)
◎「ボルゲーゼ美術館展」(東京都美術館)
○「斎藤真一展 瞽女と哀愁の旅路」(武蔵野市立吉祥寺美術館)
△「相笠昌義展—日常生活—」(損保ジャパン東郷青児美術館)
○「没後90年 村山槐多 ガランスの悦楽」(松濤美術館)
○「江戸の彩 -珠玉の浮世絵コレクション-前期」(太田記念美術館)
△「ルノワール—伝統と革新」(国立新美術館)
○「DOMANI・明日展」(国立新美術館)

 映画
◎「キャピタリズム~マネーは踊る~」(TOHOシネマズ)
○「Dr.パルナサスの鏡」(TOHOシネマズ)

コンサート
 なし

 その他
△「大相撲1月場所 初日」(国技館)

[PR]
by daisenhougen | 2010-02-04 06:59 | 鑑賞記録(まとめ)

2009年12月展覧会記録

 2009年12月の鑑賞記録です。
 12月に訪ねることができた展覧会は11でした。映画は1本、その他で落語1本でした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。

 では、一覧です。
 展覧会
△「いけばな~歴史を彩る日本の美~」(江戸東京博物館)
△「将軍綱吉と元禄の世」(江戸東京博物館)
△「旗本がみた忠臣蔵」(江戸東京博物館)
△「出発-6人のアーティストによる旅 日本の新進作家展Vol8」(東京都写真美術館)
◇「浮世絵百華-平木コレクションのすべて」(たばこと塩の博物館)
◎「‘文化’資源としての炭鉱展」(目黒区美術館)
△「ヴェルナー・パントン展」(東京オペラシティアートギャラリー)
◇「031 奥山民枝」(東京オペラシティアートギャラリー)
△「project N39 住田大輔」(東京オペラシティアートギャラリー)
◇「清方/Kiyokata」(サントリー美術館)
◇「土偶展」(東京国立博物館)

 映画
◇「イングロリアス・バスターズ」(109シネマズ)見る

 コンサート
 なし

 その他
◇「桂文珍独演会」(ゆめはっと)

[PR]
by daisenhougen | 2009-12-28 06:19 | 鑑賞記録(まとめ)

2009年11月鑑賞記録

 2009年11月の鑑賞記録です。
 展覧会は19見ることができました。
 久々にたくさんの展示にふれることができた月となりました。ということで訪れた展覧会は19でした。
 その他にコンサートとお笑いを各1つずつ拝見できました・

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。

 では、一覧です。

 展覧会
△「ビュフェとアナベール展」(いわき市立美術館)
△「日本画にみる世界遺産の旅」(茨城県立天心記念五浦美術館)
-「トリノ・エジプト展」(宮城県美術館)
◇「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展」(東京都江戸東京博物館)
△「えどはくでおさらい!江戸時代」(東京都江戸東京博物館)
-「夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展」(三井記念美術館)
◇「新・根津美術館展-国宝那智瀧図と自然の造形」(根津美術館)
◇「特別展 菱田春草」(明治神宮文化館 宝物展示室)
◇「特別展 江戸園芸花尽し」(太田記念浮世絵美術館)
△「野島康三-肖像の核心展」(渋谷松濤美術館)
△「異界の風景-東京藝大油画科の現在と美術資料」(東京藝術大学大学美術館)
◎「皇室の名宝2期」(東京国立博物館)
△「ロートレック・コネクション」(Bunkamuraザ・ミュージアム)
△「ベルギー近代絵画のあゆみ」(損保ジャパン東郷青児美術館)
◇「新美術館開館記念 速水御舟展」(山種美術館)
◇「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」(東京都写真美術館)
◇「セバスチャン・サルガド アフリカ」(東京都写真美術館)
△「写真新世紀 東京展2009」(東京都写真美術館)
△「ユートピア―描かれし夢と楽園―」(出光美術館)

 映画
 なし

 コンサート
△「東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会」(オーチャドホール)

 その他
◇「よしもと品川花月」(よしもとプリンスシアター)

[PR]
by daisenhougen | 2009-12-01 06:15 | 鑑賞記録(まとめ)

2009年10月鑑賞記録

 2009年10月の鑑賞記録です。
 展覧会は10ほど拝見することができました。相変わらず低調ですが、ひさびさの二桁ではありました。
 そして今月はいつにも増して素晴らしい展示の数々にふれることができました。さすがに芸術の秋にふさわしい充実さでした。
 その中でも、何といってもナンバーワンは「皇室の名宝」展の第一期です。若冲さんや永徳さんの第一級のお宝のそろい踏みですから、ぶっちぎりのナンバーワンですね。
 その他にも三井記念美術館の浮世絵の優品のそろい踏み、チベット仏教のお宝展示、ローマ帝国のお宝、ハプスブルク家ゆかりのお宝と、きらめくばかりの充実した作品にたくさん接することができました。
 映画、コンサートともに今月もまったく行けませんでした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。

 では、一覧というほどない一覧です。

 展覧会
◇「夢と追憶の江戸 前期」(三井記念美術館)
△「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」(日本橋高島屋)
△「インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン」(国立科学博物館)
◎「皇室の名宝1期」(東京国立博物館)
◇「聖地チベット」(上野の森美術館)
◇「古代ローマ帝国の遺産」(国立西洋美術館)
△「ローマ 未来の原風景 by HASH」+常設展示(国立西洋美術館)
△「光 松本陽子/野口里佳」(国立新美術館)
◇「Theハプスブルク」(国立新美術館)
△「和紙と暮らす―装飾と造形」(サントリー美術館)

 映画
 なし

 コンサート
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-10-31 07:41 | 鑑賞記録(まとめ)

2009年09月鑑賞記録

 2009年09月の鑑賞記録です。
 9月もブログ更新はサボリ継続中です。
 今回も9月のまとめだけでもアップしておきます。これもやめたら備忘録の役目も果たせないことになってしまいますからね・・・・。
 といってもエンタメ出動は今月も展覧会が9つだけという低調さが継続中です。
 でも、今月もどれも甲乙付けがたい充実した展示に出会えました。
 「江戸の幟旗」展は掘り出し物の展示としては今年一番のめっけ物かもしれません。日本美術シーンにしぼっても、まだまだ未知の領域がたくさんあるんですね。
 「ベルギー幻想美術館」展は「姫路市立美術館」という地方の美術館がベルギー絵画というテーマを絞ることにより、こういった充実したコレクションを作り上げることができる模範のようなものでした。
 「鴻池朋子展」は現代美術シーンの良い意味でも悪い意味でも最先端を象徴する作品達でした。もはや純然たる日本画もマンガも限りなく接近してしまい、その渾然一体の中で、いかに消費尽くされない表現を示し続けるかに奮闘している姿が、痛いように伝わってくる展示でした。
 「三輪休雪展」は初めて知った存在ですが、伝統的な萩焼の世界にこういった斬新な表現が現れたことは本当に素晴らしいことだと思います。
 「海のエジプト展」は先月拝見した「トリノ・エジプト展」とともに、巨大なスケールを堪能させてもらいました。
 「文化の力」はこちらも地方美術館がアメリカ絵画にマトを絞ることによって、美術館の顔を作り上げた素晴らしい成果を示してくれた展示でした。近年は予算不足で苦しんでいるようですが、なんとか踏ん張って欲しいところです。
 10月は素晴らしい展示が目白押しです。なんとか主力どころは見逃さないようにしたいですね。
 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。

 では、一覧というほどない一覧です。

 展覧会
◇「江戸の幟旗 庶民の願い・絵師の技」(松濤美術館)
◇「ベルギー幻想美術館クノップフからデルヴォー、マグリットまで」(ザ・ミュージアム)
◇「鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人」(東京オペラシティ)
△「開館10周年記念 響きあう庭」+「projectN38 山下美幸」(東京オペラシティ)
◇「十二代三輪休雪展」(日本橋三越)
△「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」(東京都庭園美術館)
△「線の迷宮〈ラビリンス〉・番外編」(目黒区美術館)
◇「海のエジプト展」(パシフィコ横浜)
◇「開館25周年記念 文化の力-福島と近代美術」(福島県立美術館)

 映画
 なし

 コンサート
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-10-01 06:54 | 鑑賞記録(まとめ)

2009年08月鑑賞記録

 2009年08月の鑑賞記録です。
 8月も結局は4日間更新しただけで、その後はずーっと更新をサボってしまいました。ブログを書き続けることに飽きてしまったんでしょうか・・・。4年以上も続いたブログですので、なんとか態勢を立て直したいですね。
 まぁ、とりあえずは8月のまとめだけでもアップしておきます。
 8月もエンタメ出動は展覧会は7つだけという低調さが継続中です。
 でも拝見した展示はいずれも選りすぐりでした。
 トリノからはるばる運ばれてきたエジプトの石像は素晴らしかったですし、なんとギリシャからの里帰りの浮世絵も良かったです。
 道教関連のお宝の展示も充実していました。本番とも言うべき「大阪市立美術館」にも訪ねたくなってしまいましたね。
 みちのく郡山の地でひっそりと開催されていた現代アートの競演も愉しむことができました。地方美術館もあなどれませんね。
 でも8月の最大の目玉はなんといっても「ゴーギャン展」でした。
 大作≪我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか≫を日本で拝見できただけでも満足でした。
 そして、それ以外もけっこう多くの作品が展示されていて、ゴーギャンの全貌をうかがうことができる展示でした。満足度はかなり高い展示でした。

 9月にはなんとかもう少し多くの展示を見たいですね。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。
 一覧というほどない一覧です。

 展覧会
◇「トリノ・エジプト展-イタリアが愛した美の遺産」(東京都美術館)
◇「ゆらめく日常 アートの交差展」(郡山市立美術館)
△「中国の陶俑―漢の加彩と唐三彩―」(出光美術館)
◇「特別展 道教の美術」(三井記念美術館)
◎「ゴーギャン展」(東京国立近代美術館)
△「寝るひと・立つひと・もたれるひと」(東京国立近代美術館)
◇「写楽 幻の肉筆画」(江戸東京博物館)

 映画
 なし

 コンサート
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-09-01 07:06 | 鑑賞記録(まとめ)

2009年07月展覧会記録

 ほぼ2ヶ月間アップするのをサボってしまいました。
 切っ掛けはパソコンの調子が悪くなり、ネット接続ができない状態に陥ったことです。
 でも復旧した後も、仕事やなんやかやにかこつけて、長い空白状態を作ってしまいました。
 この間のエンタメ出動が低調そのものだったことも、ブログをアップする気力が弱まった原因かもしれません。
 まぁ、言い訳はこのぐらいにしておきます。
 この間も日々の備忘録としては書いてはいたので、今回、2ヶ月間の記録のまとめ部分だけは一緒にアップしておきます。
 どこかまとめて時間が取れたときに、空白分はまとめてアップすることにします。

 なにはともあれ2009年07月の鑑賞記録です。

 7月も展覧会は5つ、映画が1本と低調な状態は継続中です。ここ3ヶ月は連続して近年にない低迷状態です。
 展覧会はたった一日しか出動できず、3カ所の美術館を回っただけでした。
 でも、さすがに上野に集う日本の代表的な美術館だけあって、いずれも充実していました。
 藝大美術館のコレクションの素晴らしさにうっとりさせられましたし、西美の版画コレクションとようやくフルオープンとなった常設展示の素晴らしさも堪能できました。もちろん東博の2つの企画展も充実していました。
 映画も西川美和監督だけあって素晴らしい出来映えでした。見逃さずに済んだことを感謝しておきましょう。
 なんとか8月からは正常に戻したいですね。なんせ必見の展覧会が目白押しですもんね。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。
 それでは一覧です(一覧というほどないですね・・・・)。

 展覧会
◇「コレクションの誕生、成長、変容―藝大美術館所蔵品選―」(東京藝術大学大学美術館)
△「日本藝術院所蔵作品展」(東京藝術大学大学美術館)
◇「かたちは、うつる-国立西洋美術館所蔵版画展」(国立西洋美術館)
△「伊勢神宮と神々の美術」(東京国立博物館)
◇「染付-藍が彩るアジアの器」(東京国立博物館)

 映画
◇「ディア・ドクター」(チネ・ラヴィータ)

 コンサート
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-07-30 06:56 | 鑑賞記録(まとめ)

2009年06月展覧会記録

 2009年06月の鑑賞記録です。
 6月も低調なままです。
 展覧会が7つ、映画が1本のていたらくでした。
 その数少ない中で「奇想の王国 だまし絵展」は素晴らしい展示でした。会期はまだあるので是非とも再訪しなくてはなりませんね。
 細見美術館に出張展示「日本の美と出会う」や岸田劉生展も充実していました。ほとんど再訪に近い展示でしたが「レオナール・フジタ展」も愉しめました。少々ハードルは高かったですが「フランス絵画の19世紀」も充実していました。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。
 それでは一覧です。

 展覧会
◇「日本の美と出会う」(日本橋高島屋)
◇「没後80年 岸田劉生 肖像画をこえて」(損保ジャパン東郷青児美術館)
△「芳年-「風俗三十二相」と「月百姿」-」(太田記念美術館)
◎「奇想の王国 だまし絵展」(Bunkamura ザ・ミュージアム)
△「古代カルタゴとローマ展」(仙台市博物館)
◇「フランス絵画の19世紀」(横浜美術館)
◇「レオナール・フジタ展」(そごう美術館)

 映画
△「ターミネーター4」(ワーナーマイカル・シネマズ)

 コンサート
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2009-06-29 06:54 | 鑑賞記録(まとめ)