<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

塚本邦雄歌集「寵歌變」(短歌新聞社)を読む

 塚本邦雄歌集「寵歌變」(短歌新聞社)を読んだ。新しく刊行された「新現代歌人叢書」の1巻目として著者自選の「寵歌」に追補して著者の全歌集からの選歌集としたもの。 6月9日に84歳で亡くなった塚本さんの遺作ともいうべき選歌集なので、遅ればせながら追悼の気持ちで読んだ。
 塚本さんは二十四冊に及ぶ序数歌集とその他の歌集がある。小生はその内晩年の「波瀾」、「黄金律」、「風雅黙示録」、「汨羅変」、「詩魂玲瓏」、「約翰傳偽書(ヨハネでんぎしょ)」は発行時に読んできたが、最も脂ののっていた時期は残念ながら後追いで選歌集などでしか知りません。でも塚本さんは戦後を最も代表する歌人ですね。この難解さは良かれ悪しかれ戦後の表現そのものですね。
 正岡子規に始まり斉藤茂吉が完成させた近代短歌を、戦後に塚本さんと岡井隆が徹底的に解体しきったと理解しています。現在はその解体されバラバラになり、意味不明にまで陥った短歌をどうやったら救い出せるかを試行錯誤している段階ではないでしょうか。
 今回の選歌集は
 ・妻よ僕らのシーツの中の眞青の魚を一ぴきかくしてゐたか(初學歷然)
からはじまり
 ・玩具函(おもちゃばこ)のハーモニカにも人生と呼ぶ獨房の二十四の窓(約翰傳偽書(ヨハネでんぎしょ))
 まで約500首が選ばれている。もちろん以下の様な超有名作ももれなく含まれているようです。
 ・革命歌作詞家に凭りかかられてすこしづつ液化してゆくピアノ(水葬物語)
 ・暗渠の渦に花揉まれをり識らざればつねに冷えびえと鮮(あたら)しモスクワ(装飾樂句)
 ・日本脱出したし皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係りも(日本人霊歌)
 ・馬を洗はば馬のたましひ冱ゆるまで人戀はば人あやむるこころ(感幻樂)
 小生の愛読した晩年の作品から選ばれている作品が少ないのは残念ですが、やっぱり作品のできばえからは仕方がないんでしょうね。
 何はともあれ、久しぶりに塚本さんの短歌の世界を堪能させてもらいました。もう新しい歌集が出ないのが残念です。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-29 09:34 | 読書-詩歌小説評論他

南沙織「青春の絆17-03号」を読む

d0001004_6363943.jpg 17会編「青春の絆17-03号」を読んだ。
 この本(?)は南沙織ファンの人の超人的な努力によって収集された南沙織に関する雑誌写真の収集コレクションです。古雑誌をコピーして、編集して、活字部分は新たに入力して、カラープリンターで印刷という非常に手間がかかっているようです。ちなみに第3号はオールカラーA4版で90ページからなっています(但し、製本されてませんバラコピーです)。南沙織ファンにはたまらなく嬉しい資料集成です。
 もともとは同人誌的なファンの会報で永らく休刊だったようですが、3年前から別冊形式で刊行が始まり、今回が第3号です(もちろん3冊とも入手しております)。毎年シンシアの誕生日頃に刊行されます。シンシア本人にも直接進呈しているようです。
 本当に感謝して読ませてもらっています。今回も、ゆっくり時間をかけて楽しましてもらいました。彼女はまさに日本のミュージックシーンのアイドル第一号ですね。中年オヤジにとっては、いまだに色あせない輝きを持っていますね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-28 06:40 | 読書-詩歌小説評論他

吉本隆明・高岡健「時代病」(ウェイツ)を読む


 吉本隆明・高岡健「時代病」(ウェイツ)を読んだ。吉本さんと精神医学者である高岡健の対談本。
 1995年の「社会の変容に精神がしてきたこと」、2001年の「社会を変えようとした若者、若者を変えてしまった社会」、2005年の「いい時代をつくるための精神をどう養うか」と3回にわたる対談が収められている。
 そもそもこれらの3つの対談が一冊の本としてまとめる必然性はないと思われます。対話時期も話題もバラバラであり、共通項は吉本さんが高岡さん相手に対談したことしかないわけですから。
 内容的にも吉本さんの従来の思想が開陳されていて、目新しい主張はあまりありません。ただやはり以前も書きましたが、吉本さんには老年論をきちんと書いて欲しいと思います。最後の対談でも触れていますが、これをもっと思想論のレベルで書いて欲しいです。個人の私的な実感を思弁的なものまで引き上げる力をもった吉本さんの様な人にしかできない仕事だと思うのですが。
 「あとがき」は少し注目しました。まず「私は今回の対談で、安保闘争のときのことをいろいろと述べているが、こうした話は、私の二世代前のおじいさんが、日露戦争の話をするのと同じような気がして、自分でもあまり意味がないのではないかと思っている」と言った主張はさすがですね。回顧談のたぐいはだいぶ出版していても、こういった冷徹な視点を持っているのはすごいところですね。
 次に「時代はそういうことを具体的にやらなければいけない段階に来ている」「いまは、どう動くかを考える段階、考えて具体的なものを出すべき段階に、もはや来ていると思われる」「どこをどうすれば歴史から離脱してしまった現状を、歴史的な方向に動かすことができるだろうか」「とにかく、動かないとダメ、そうでないと、いまのように停滞してしまう」と言った部分にはびっくりしました。今までとは違ったちょっと踏み込んだ論述ですね。そしてかなり違和感を感じてしまいます。単にこの様にまるでアジテーションのように主張されても困ってしまいますね。石原慎太郎や田中康夫とまでは言わないまでも、村上龍や柄谷行人とおんなじになってしまうではないでしょうか。
 現在の閉塞感に対する吉本さんの苛立ちは解りますが、「あとがき」ではなくきちっとした論考の中でもっと緻密に論じて欲しいですね。生意気ですが。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-27 09:16 | 読書-詩歌小説評論他

今月読んだ本と眺めた図録/幼年期/十二夜/運命の法則/縦に書け/アースダイバー/モカシン靴のシンデレラ

 今月読んだ本と眺めた図録。今月は投稿さぼってしまい、読んだ本と眺めた図録をアップしていません。これ以上ためてしまうと私的な備忘録の役目を果たせなくなるので、今月読んだ本(昨日(7月25日)までの分)をまとめてアップしておきます。今回は一言コメントだけです。
 今後は溜めずに読んだときにアップしなきゃいけませんね。順番は読んだ順序です。


■吉本隆明・芹沢俊介「幼年期」(彩流社)
 いつものリュウメイ節。いずれも以前に読んだことのある昔話ばかりかも。少々密度の薄い著作かもしれませんね。でも小生は意地でも吉本さんの著作は全部読むことにしています。最近、又、著作がいっぱい出るようになりましたね(健康回復しているのなら嬉しいのですが)。まだ読んでない著作が2冊あるので早く読まなくては。



■シェークスピア(小田島 雄志訳)「十二夜」(白水社Uブックス)
 「歌舞伎座公演」の予習に読みました。予習の甲斐あって歌舞伎は大いに楽しめました。久々のシェークスピアです。小生、シェークスピアの喜劇を読むのはたぶんはじめてです。不勉強ですねぇ。遙か昔に読んだ悲劇の「ハムレット」「オセロー」「リア王」「マクベス」ぐらいは、もう一度読み返してみたい気になりました。



■天外伺朗 「運命の法則」(飛鳥新社)
 CDの共同開発者、NEWS、AIBOの開発責任者などの華々しい経歴の持ち主で本名・土井利忠氏。書店に平積みされてるので買っちゃいましたが、ちょっとコメント出しにくい本ですね。もう一冊買ってあるので、コメントはそっちを読んだ時にでも(ホントかなぁ?)。

d0001004_9371510.jpg
■「図録 三島由紀夫ドラマティックヒストリー」(神奈川近代文学館)
 実際の展示よりこういった書籍の形の方が見栄えしますね。そもそも展覧会で展示する内容でないのかも知れませんね。こんなの眺めていたらもうれつに三島由紀夫の小説読みたくなりました。とりあえずは「春の雪」あたりからでも読みたいですね。

d0001004_9384155.jpg
■「図録 北斎と広重展」(サンオフィス)
 展覧会ではあまりに混んでいて、ゆっくり見ることができなかったので図録で展示内容をゆっくり確認。どっかでもう一度ゆっくり見ることのできる環境で再展示して欲しいですね。
 それと日本化薬の元会長原安三郎氏のコレクションからということですが、財界人もこういった道楽だったら許せるね。金儲けしたら株主に還元したり、私腹肥やすばかりじゃいけませんよ。

d0001004_9413466.jpg
■「図録 レオノール・フィニ展」(アートプランニング レイ)
 今回の展覧会ではじめて知った画家なので、伝記として役に立ちました。絵を見ていても感じましたが、やっぱりすごい女性なんですね。でもいくら美人でも一緒に暮らすのは勘弁して欲しい女性かもしれませんね??。



■石川九楊「縦に書け!」(祥伝新書)
 九楊さんのいつもの主張内容ですね。先日読んだ「日本語の手ざわり」(新潮選書)とほとんど内容が一緒です。九楊さん、最近少しばかり啓蒙的著作が多すぎるこでは。もう少し主著に力入れて欲しいですね。


■中沢新一「アースダイバー」(講談社 )
 これは素晴らしい著作です。まさに目から鱗ですね。アースダイバーってのもネーミングがいいですね。最近の中沢さんはのってますね。「カイエ・ソバージュ」の刊行が終わり一段落かと思ってましたが、そんなことないようで頼もしい限りです。彼の刊行する著作にハズレがありませんね。文句なしで日本で最もラジカルな現役思想家ですね。次のスリリングな著作待ってます。


■中沢新一「モカシン靴のシンデレラ」(マガジンハウス)
 「カイエ・ソバージュ」に引用してあったアメリカインディアン版「シンデレラ物語」を独立した絵本としての刊行。中沢さんの著作というより訳者ってことですよね。こういう本、中沢新一ファン以外に買う人いるんですかね。

d0001004_9563392.jpg
■「図録 小林古径展」(日本経済新聞社)
 実際の展覧会は前期、後期に別けて展示してあったが、当然ながら図録には全部の作品が載っているし、細かいデータも記載されているので、実物を思い返しながら古径の世界に浸れますね。しばらくは手元に置いておくことにしよう。心を落ち着かせてくれる作品の数々ですね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-26 10:00 | 読書-詩歌小説評論他

「フェスタ サマーミューザ若杉弘指揮東京都交響楽団」を聴く

d0001004_105717.jpg 昨日(7月24日)「ミューザ川崎」で「フェスタ サマーミューザKAWASAKI 2005」「若杉弘指揮東京都交響楽団演奏会」を聴いた。演奏曲目はマーラー:交響曲第5番 変ハ短調。
 席はオーケストラの斜め後ろの3列目でしたが、2,000円のチケット代ですから文句言っちゃいけませんね。というよりも2,000円でこんな贅沢な時間を過ごさせてもらって感謝ですね。
 さて演奏の方ですが、都響はマーラーを得意とするだけあって、まずもって金管が素晴らしいですね。ほとんど乱れることなく吹ききっていたと思います。熱演と言っていいですね。
 指揮も今度、新国立劇場の総監督となる若杉弘さんの久々の演奏を聴かせてもらいました。ちょっと年をめされた感じは否めませんが、演奏の方は叙情的な面と力強い面のバランスがとれたすばらしい演奏だったと思います。堪能させてもらいました。若杉さんの印象は緻密でクールな演奏と言ったイメージでしたが、力強さも兼ね備えているんですね。ちょっと見る目が変わりました。
 今回はマーラー1曲だけの演奏会でしたが、休憩はさんで抱き合わせで2曲演奏するよりも、このぐらい濃厚な曲ならば1曲だけのこんな形の演奏会の方が小生には好ましく思えました。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-25 10:07 | 鑑賞記-コンサート

映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を見る

d0001004_959995.jpg 昨日(7月23日)「MOVIX」で「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」を見た。
 2005年。アメリカ。監督:ジョージ・ルーカス、製作:リック・マッカラム、出演:ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダミード。
 ついに28年かけて「スターウォーズ」が完結。アナキンがダークサイドに落ちていきダースベイダーになる過程が中心ストーリー。
 エピソード1のあの少年が悪の権化への変貌するなんて。善悪の区別なんて言いようでどうにでもなると言ってしまいたくなるような、けっこうシビアなストーリーです。
 予習のつもりでエピソード1、2、4見ておいたので、頭の中が「スター・ウォーズ」モードになっていたのでかなり楽しめました。でも映画公開時の記憶だけでは、この複雑なストーリー展開についていくのは結構難しくないですかねぇ。
 でも何といっても素晴らしいのがCG映像ですね。これだけは他の追随を許しません。圧倒されました。映画表現史上の一つの大きな到達点かもしれませんね。
 大半の人はストーリーよりも、これを楽しんでいるのかも知れませんね。 今回の映画館は比較的新しくスクリーンも大きく、音響効果も良かったので充分堪能できました。
 報道ではTVシリーズを始めとしていろいろ発表されているようですが、やっぱり映画版でエピソード7、8、9を製作して欲しいですね。予算制約がありそうなTV版の映像ではスターウォーズじゃなくなる気がしますね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-24 07:58 | 鑑賞記-映画

「ドレスデン国立美術館展-世界の鏡」を見る

d0001004_21393999.jpg 昨日(7月20日)「国立西洋美術館」で「ドレスデン国立美術館展-世界の鏡」を見た。
 ザクセン選帝候たちが集めた美術品・工芸品のコレクションを展示しているドレスデン国立美術館の引っ越し展。展示は7つのセクションに区切られて、展示品も絵画だけでなく集光鏡、地球儀から始まり武具や陶器など当時の世界各地から収集した多様なものが陳列してありました。
 興味のある人には魅力があるのでしょうが、小生みたいに関心領域が狭い人間にはこの雑貨類はあまりピンときませんでした。
 やっぱりこの展覧会はフェルメールの「窓辺で手紙を読む若い女」につきますね。この絵を見ただけで元は充分取れます。フェルメールはそれだけの魅力があります。圧倒的な存在感があります。あんまり混んでいなかったのでゆっくり堪能させてもらいました。去年も「画家のアトリエ」一点だけで満足した展覧会がありましたが、今回も同じですね。 その他にはティツィアーノ「白いドレスの女性の肖像」とレンブラント「ガニュメデスの誘拐」。この2作品もおまけというには贅沢な作品でした。
 ともあれこの展覧会はこの3点でおしまいですね。それ以外はおまけかもしれませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-21 09:38 | 鑑賞記-展覧会

「ジャン・コクトー展」を見る

d0001004_19373490.jpg 昨日(7月20日)「日本橋 三越」で「ジャン・コクトー展」を見た。ジャン・コクトー(1889-1963)は詩人、映画監督をはじめあらゆる芸術領域で活躍した人ですが、今回はサヴァリン・ワンダーマン・コレクションから、油彩、水彩、版画、彫刻、陶芸、タピストリー、ジュエリーなどの美術作品を展示していました。
 今日の展覧会も結構混んでいた。いつもながら三越さんの会場は狭い場所に所狭しと展示してあり、しかも混んでいる。もう少し何とかしてほしいですね。でも、しょせんは人寄せ目的だからしょうがないのかなぁ。
 さて展示のほうですが、この華麗なる経歴の持ち主の美術作品をまとめて見るのははじめてでした。でも残念ながら心に響く作品には巡り会えませんでした。どの作品も的確に簡潔に表現されていて、どんな表現も軽々とマスターして作品に仕立て上げ、どの作品もコクトーの才能そのものといった作品の数々でした。しかしながらどの作品も空虚そのものといった印象しか残してくれない不思議。この印象のギャップは何なんだろう。
 展示の最後のほうに60歳で油絵を始めて、軽々と水準を超えたレベルに仕立て上げた作品が展示されていました。そこにつけたタイトルが「アングルのヴァイオリン」。画家アングルが玄人はだしのヴァイオリンの名手であったことから、「芸術家の余技」を意味する言葉のようです。コクトーは一種の諧謔からこのタイトルをつけたようですが、諧謔ではなく彼の作品全ての本質を言い表した言葉に思えました。そしてそれは美術作品だけでなく全ての彼の作品が「芸術家の余技」はないかと思ってしまいました。余技のみを製作し続けた芸術家ジャン・コクトーなんちゃって。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-21 08:35 | 鑑賞記-展覧会

映画「いつか読書する日」を見る

d0001004_1385443.jpg 昨日(7月17日)「ユーロスペース」で「いつか読書する日」を見た。
 2004年。日本。監督:緒方明、出演:田中裕子、岸部一徳、仁科亜季子、渡辺美佐子、香川照之他。
 上映20分ぐらい前に着いたがほぼ満席。開演時には立ち見まで出る始末。中年以上の夫婦が大半のようでした。
 中年男女の不器用な恋を描いたストーリーで、ストーリー自体はそれなりに興味惹かれるものがあります。何てったって30年の秘めた恋なんて時代がかって良いじゃないですか。そしてその秘めた恋を演じるのが田中祐子といったら傑作以外考えられないじゃないですか。
 だが、映画自体はまったく駄目でした。
 途中で痴呆を表現するのに文字を挿入したり、笑いを取ろうとして展開をめちゃくちゃにしたり、万引き少年の話も塊多の溺死に対して何の伏線にもなっていない等々穴ばかりです。結局はサイドストーリーに何の必然性も感じられずに、無駄な場面が延々と続いていると感じさせてしまうのです。
 なぜ本筋の中年男女の不器用な恋のストーリー展開をもっと丁寧に掘り下げて描けなかったんでしょう。もっと淡々と静謐に描けなかったんでしょう。更には坂を使った画面の美しさに絞って描ききれなかったのでしょう。まったく残念ですね。
 タイトルの意味も小生には全く了解できませんでした。
 結局、1月に見た「火火」と同じく田中裕子の演技だけが取り柄の映画でした。最近の田中祐子は良い作品や監督に巡り会えませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-18 13:21 | 鑑賞記-映画

映画「宇宙戦争」を見る

d0001004_12594364.jpg 昨日(7月16日)「上野セントラル」で映画「宇宙戦争」を見た。
 2005年。アメリカ。監督:スティーヴン・スピルバーグ、出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ミランダ・オットー、ダニエル・フランゼーゼ他。
 急に予定が空いてしまい、午前中の映画が消化不良だったので、憂さ晴らしに良いかと2本目の映画を見る。
ところが手近に入った映画館がひどかった。スクリーンが狭い上に、地下のダクトがむき出しになっているぐらいは何とか我慢するにしても、遠くからは子供の遊ぶ声がはっきり聞こえ、更に出入りする人で館内にしばしば光が入る始末。これはちょっとひどすぎですね。その上、満員ときたもんです(こんな設備で商売できるなんて信じられませんね)。これほどの劣悪環境で映画を見るのは久しぶりです。
 さて映画の方はおなじみH.G.ウェルズ原作のリメーク版。宇宙からの侵略により地中深くから巨大な三本足の物体に人間が殺戮される。そしてひたすら延々と逃げ回り、最後は地球の微生物に感染して侵略物体は自滅して、人類は一方的に助かってしまうと言ったたわいもない作りのストーリー。
 でもスピルバーグはいまさら何でこんな古いストーリーをリメイクしたんでしょうね。宇宙からの侵略を描きたかったのならば、いくらだって気の利いた原作なんてありそうなのに不思議ですね。
 トム・クルーズも明らかなミスキャストですね。どう見ても妻に逃げられた湾岸労働者には見えません。あまりに品がいいのでさまになってませんね。
 そしてハリウッド映画定番のとってつけたような家族愛ってのもうんざりですしね。
 結局、単なるパニック映画としての価値だけが残る気がします。CGを駆使した映像と音響のスピード感を味わうことにつきるのでしょう。での今回はあまりにひどい鑑賞環境でそれもあまり味わえませんでした。残念でした。

[PR]
by daisenhougen | 2005-07-17 09:00 | 鑑賞記-映画