<   2006年 12月 ( 52 )   > この月の画像一覧

2006年 年間回顧

 2006年の年間回顧を少し書いてみます。
 まず展覧会です。こちらは104回ほど訪れることができました。昨年は76回ですから、少し多く訪ねる事ができました。うち2度訪問した展覧会が4つあります。
 心に残った展覧会を少し記しておきます。
1.「花鳥―愛でる心,彩る技」(三の丸尚蔵館)
 今年のマイブームは何といっても若冲さんですね。そしてその最高傑作をじっくり展示してくれました。5期に分けて半年にもわたった展示だったので、長い期間若冲ワールドを楽しませてもらいました。来年は京都で一括展示があるそうなので、まだまだマイブームは続きそうです。
2.「プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展」(東京国立博物館)
 こちらも若冲さんを中心とした江戸絵画の展示です。個人コレクターでここまで収集するなんて、驚きを禁じえません得ませんでした。展示方法も気が利いてました。こちらは2度訪れることができました。
3.「ジャコメッティ展」(神奈川県立近代美術館葉山館)
 長年、待望していたジャコメッティさんのまとまった展示でした。やっぱりすばらしかったですね。鋭敏な精神が同時代を表現することの困難さと達成をあらためて考えさせられました。
4.「藤田嗣治展」(東京国立近代美術館)
 藤田嗣治復活を高々と宣言するにふさわしい展示ですね。こちらも2度訪れることができました。
5.「プラド美術館展」(東京都美術館)
 さすがに、美の殿堂プラド美術館。決定的名品は含まれていませんでしたが、レベルはすごいですね。こちらも2度訪れることができました。
6.「仏像 一木にこめられた祈り」(東京国立博物館)
 木造一本彫りの世界に心癒されました。円空さんはやっぱりイイですね。小生にとっては、木喰さん発見の展示でもありました。こちらも2度訪れることができました。
7.「ダリ回顧展」(上野の森美術館)
 2つの展覧会を1つにまとめたというだけあって、充実した展示でした。ダリの全貌がわかりますね。
8.「カルティエ現代美術財団コレクション展」(東京都現代美術館)
 現代美術の展示では出色の出来ですね。現代美術の多様さを堪能させてもらいました。企業の社会貢献としてもすばらしいもんです。
9.「出光美術館名品展Ⅰ」「国宝 風神雷神図屏風国宝」「伴大納言絵巻展」「出光美術館名品展Ⅱ」
 記念イヤーだけあって今年の「出光美術館」は充実していました。
10.「雪舟からポロックまで展」
 「ブリジストン美術館」も記念イヤーでしたね。

 以上のほかにも「宇治山哲平展」「陳進展」「高島野十郎展」「ヨロヨロン 束芋」「浦上玉堂展」等々すばらしい展示にめぐり合えました。心から感謝、感謝です。

 次は映画です。こちらは36作品見ることができました。昨年は34作品でしたからほぼ同じですね。この中で感動した作品を少々。
1.「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」
 クリント・イーストウッドとポール・ハギスの組み合わせのこの連作は、今年のベストワンですね。
2.「うつせみ」「弓」
 キム・ギドクさんの2作もはずせません。小生が最も注目している映画監督の作品が2本も公開されてうれしい限りです。でも、引退騒動が気がかりですね。
3.「Vフォー・ヴェンデッタ」
 ちょっときわものの気がしますが、小生は気に入っています。偏愛すべき作品ですね。
4.「クラッシュ」
 ポール・ハギスの存在を強烈に意識させてくれました。現代アメリカを描いた作品の中では出色のできばえですね。
5.「ある子供」
 こちらは昨年作に入るべきなんでしょうが、今年見たので入れておきます。現代ヨーロッパ世界の病根を深く描いていますね。
 それ以外でも「太陽」「麦の穂をゆらす風」「夜よ、こんにちは」「ホテル・ルワンダ」などが心に残りました。

 そしてコンサートですが、今年は極めて低調で11回しか聴いていません。昨年が45回ですから、ヒドイ落ち込みぶりですね・・・。年間回顧を書くほどの回数ではありませんが、少し書いておきます。
1.ボローニャ歌劇場日本公演「連隊の娘」
 今年もオペラの引越し公演がいっぱいありました。小生はほんのわずかしか拝見できませんでしたが、ヨーロッパ総合芸術の粋だけあってその存在感は圧倒的です。
2.ルイゾッティ指揮のオペラ「トゥーランドット」
 ルイゾッティのサントリーホールオペラの最終回です。この歌心あふれた指揮ぶりはすばらしい限りです。
3.「ミッシャ・マイスキーの世界」
 マイスキーのチェロの音色の魅力を堪能しました。

 伝統芸能は、全く見に行きませんでした。昨年は20回ほど訪れていましたが、今年はすっかり熱が冷めてしまいました。

 以上、2006年に心惹かれた演奏や作品をリストアップしてみました。膨大なエンターテイメントの中、小生が触れえたほんの少しの中から独断・独善的なリストアップです。
 来年はどんなものに触れることが出来るんでしょう。楽しみです。
 それでは、よいお年を。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-31 23:07 | 鑑賞記録(まとめ)

2006年12月鑑賞記録

 2006年12月の月間鑑賞記録です。
 12月に出かけて見てきた(聴いてきた)コンサート、伝統芸能、展覧会、映画等をまとめてあります。
 今月もコンサート、伝統芸能ともになしです。
 展覧会は12ヶ所ほど訪ねることが出来ました。今月も充実した展示を多数拝見できました。個展としては「パウル・クレー展」「山口蓬春展」「大竹伸朗 全景」と個人の画業の全貌がわかる充実した展示でした。企画ものでも「揺らぐ近代」「ルソーの見た夢、ルソーに見る夢」と新たな視点を提供してもらいました。そして「出光美術館名品展Ⅱ」は記念イヤーの一年間の充実した展示を締めくくるにふさわしい展示でした。
 映画は5本です。今月はなんといっても「硫黄島からの手紙」ですね。
 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、○は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で非常に甘い評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

 コンサート
 なし

 伝統芸能
 なし

 展覧会
〇「パウル・クレー 創造の物語」(宮城県美術館)
〇「ルソーの見た夢、ルソーに見る夢」(世田谷美術館)
△「千住博展」(山種美術館)
〇「揺らぐ近代  日本画と洋画のはざまに」(東京国立近代美術館)
〇「出光美術館名品展Ⅱ」(出光美術館)
〇「ジェイソン テラオカ:隣人たち」(原美術館)
〇「山口蓬春展」(神奈川県立近代美術館葉山館)
△「葉山に開花した山口蓬春の芸術」(山口蓬春記念館)
×「再興第91回院展」(そごう美術館)
△「現代の美術 アイドル展」(横浜美術館)
〇「大竹伸朗 全景」(東京都現代美術館)
△「川崎小虎と東山魁夷展」(日本橋三越)

 映画
△「武士の一分」(MOVIX)
△「トゥモロー・ワールド」(TOHOシネマズ)
〇「長い散歩」(109シネマズ)
◎「硫黄島からの手紙」(109シネマズ)
△「敬愛なるベートーヴェン」(シャンテシネ)

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-31 07:34 | 鑑賞記録(まとめ)

「川崎小虎と東山魁夷展」を見る

d0001004_18305236.jpg 昨日(12月29日)「日本橋三越」で展覧会「川崎小虎と東山魁夷展」を見た。
 今の時期は美術館はほとんど休館になってますから、デパート系がたよりです。ということで、今年の締めくくりの展覧会に訪れました。
 あわただしい年末だからでしょうが、訪れている人もまばらでした。ゆっくり拝見できたのでラッキーでしたね。
 川崎小虎(1886-1977)は東山魁夷(1908-1999)の奥さんの父親といった関係らしいですね。その関連での二人展のようです。
 川崎小虎さんの作品をまとめて拝見するのは初めてです。「大和絵の伝統に近代の感性を加え」たとのことですが、平安朝を現代的に蘇らせたような明るい画風が良いですね。晩年は少し抽象的な画風にも挑んでいたようで、けっこう幅広い試みもあったようです。
 東山魁夷さんは、2004年に「横浜美術館」での展覧会でまとめて拝見して以来です。良くも悪くも戦後の日本画の代表選手みたいな存在ですから、安心してその世界に浸ることができました。
 ただ、川崎小虎さんの息子さんやお孫さんの絵まで展示してあるのは、ちょっといただけませんね。日本画壇のエリート血縁とか言うらしいですが、川崎小虎と東山魁夷には何の血縁もないですし、血縁で絵の評価はできませんからね。こんな展示しているから、伝統工芸になってしまうんですよね。

 ともあれ、年末のあわただしい時期に、贅沢なひと時を過ごすことができました。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-30 08:30 | 鑑賞記-展覧会

映画「敬愛なるベートーヴェン」を見る

d0001004_1826416.jpg 昨日(12月29日)「シャンテシネ」で映画「敬愛なるベートーヴェン」(COPYING BEETHOVEN)を見た。
 2006年、イギリス=ハンガリー。監督:アニエスカ・ホランド、出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ラルフ・ライアック、ジョー・アンダーソン、ビル・スチュワート。
 今年の年末は第九を聴くのを逃がしてしまいました。その代わりと言っては何ですが、この映画を見ることにしました。
 映画としては、晩年のベートーヴェンを架空の女性コピスト(写譜師)の目を通して描くストーリーです。
 一般的なベートーヴェンのイメージである、野卑で独善的だが、独創的な音楽家としてのをベートーヴェン像をそのまま描いている感じです。ちっとも新たな視点は提供してくれません。
 そして、なにより進行のテンポが悪いですね。全然、映画の中に引き込んでくれません。監督としての力量はあんまり無いようですね。
 久しぶりの「シャンテシネ」でしたが、この映画は満員札止め状態でした。そんなすばらしい映画とは思えなかったのですが・・・。
 ただ、ベートーヴェンの音楽が映画のいたるところにあふれているのを聴くのは愉しかったです。第九初演シーンを12分にも亘って描いていて、成功するシーンは感激ものでした。まぁ、それだけでも良しとしましょう。今年の映画の締めくくりですから、不満を言っちゃ罰当たりますね。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-30 08:26 | 鑑賞記-映画

ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」を買う

d0001004_13301170.jpg 昨日(12月29日)「ビックカメラ」でゲーム機「ニンテンドーDS Lite」(任天堂)を買った。
 たまたま映画の上映開始までの時間つぶしに家電店内をうろついていました。すると緊急入荷の館内放送に遭遇しました。急いで行ってみると、あっというまに長蛇の列でした。人気のほどがわかりますね。こんな状態はいつまで続くんでしょうね。任天堂の一人勝が続いていますね。
 ということで、早速並んで衝動買いしてしまいました(でも、一体何に使うんでしょうね)。色は***です。
 さすがDS Liteというだけあって旧来のDSと比べるとだいぶ小型で軽くなっています。これで気軽に持ち運べるようになりましたね。携帯ゲーム機としてはずっと良くなった気がします。
 ただ、電源のコネクタ形状や全面スロット形状などが変更になったようで、DSとの互換性には難がありそうです。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-30 07:29 | 買い物

映画「硫黄島からの手紙」を見る

d0001004_18241767.jpg 昨日(12月28日)「109シネマズ」で映画「硫黄島からの手紙」(LETTERS FROM IWO JIMA )を見た。
 2006年、アメリカ、ワーナー・ブラザース。
 監督:クリント・イーストウッド、製作総指揮/共同原案:ポール・ハギス、出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童。
 イーストウッド監督、ポール・ハギス脚本、スピルバーグ製作の「父親たちの星条旗」に続く、硫黄島2部作の第2弾です。
 今回は日本側からの視点で硫黄島の戦いを描いています。しかも全編が日本語で通してあります。エンドロールのクレジットが英語なのでハリウッド映画と気づくようなもんです。これだけでも凄い事です。全編英語や中国語の日本映画なんて考えられないですものね。
 内容はもっとすごいです。戦争の悲惨さと残酷さを余すことなく伝えてくれます。しかも決して英雄的な形ではなく、日米どちらにも肩入れすることなく冷徹に描きこんでいます。
 しかもこういった作品が陥りがちな、ショボイ作りではなく、アメリカ軍の圧倒的な物量や戦闘シーンの迫力も決してきっちり描きこんであります。こういったところはハリウッド映画の良さですね。
 戦争映画としてものすごい戦闘場面にあふれているんですが、作品の印象は静謐そのものといった感じです。人間の悲しみや哀切さにあふれている作品です。しかも決して甘ったるい感情を廃しているんですね。また、バックで流れる音楽もすばらしいです。
 ともかくも、今年最良の一本となる、すばらしい作品です。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-29 08:23 | 鑑賞記-映画

2007年カレンダーを買う

d0001004_8402660.jpgd0001004_8403780.jpgd0001004_840461.jpg もう2007年も間近になってきました。ということで、今年もカレンダーを買い求めました。今回は美術館製のカレンダー一色になってしまいました。
 まずは、「東京国立博物館」。こちらは酒井抱一の「四季花鳥図巻」です。部分部分でカレンダーにふさわしい部分を切り取って作ってあるんですね。来年は抱一ワールドに浸って過ごすことになりそうです。
 次は、「山種美術館」。こちらは「愛らしきもの」ということで、この美術館の収蔵作品です。表紙/竹内栖鳳「班猫」、1・2月/荒木十畝「四季花鳥 冬」、3・4月/速水御舟「百舌巣」、5・6月/土田麦僊「香魚」、7・8月/西村五雲「金鱗」、9・10月/安田靫彦「うさぎ」、11・12月/上村松篁「竹雪」といった具合です。題名通り愛玩するするような対象を描いた作品達です。
 そして「出光美術館」。こちらは例年通りの仙崖カレンダーです。こちらは仙崖さん一色です。2006年も仙崖さんを飾ったので、2007年は卓上タイプにしようと思っていたのですが、今年は販売していなかったので、結局は同じ壁掛けタイプになってしまいました。2006年とは内容が全く違うので良しとしましょう。
 ということで、2007年のカレンダー揃いました。チョット早いですが、2007年のカレンダーに掛け変えてしまいました。またまた恒例の年末の作業をひとつクリアーですね。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-28 06:39 | 買い物

手帳を買う

d0001004_1616970.jpg 2007年の手帳を買った。
 昨年に引き続き「フランクリン・プランナー」を継続使用することにして、「ユニバーサル・デイリー・リフィル」を買いました。
 この「フランクリン・プランナー」2005年から使い始めたので、3年目となります。
 いつも、どの手帳で1年を乗り切るかは迷ってしまいますね。2006年はこの「フランクリン・プランナー」の他にも「ほぼ日手帳」を買いましたが、結局は、使いませんでした(無駄な買い物してますね)。
 2007年は、この「フランクリン・プランナー」一本に絞りました。2年使ってきて、ようやく使い方に慣れてきました。
 この手帳の本来の売りである、価値観だとかミッションだとかの面倒なことはやってませんが、スケジュール表と業務ノートとしてはなんとか使いこなせるようになりました。
 最初買ったときは、紙質がちょっと厚くて、一度に持ち歩けるリファイルの量が少なかったのですが、2006から発売された「ユニバーサル・デイリー・リフィル」は従来より30%薄い紙を使用しているために、その不満も解消されました。
 なによりこの手帳の大きさが、小生には使いやすいですね。そして、最初にチョット奮発して、革製バインダーを購入したのがよかったのかも知れません。

 2007年分のリファイルに入れ替えて、休日などの記入完了です。これで恒例の年末の作業を又、ひとつクリアーです。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-27 07:15 | 買い物

CD「BESTYO/一青窈」を買う

d0001004_16133963.jpg CD「BESTYO/一青窈」(Columbia)を買った。
 先日、TV東京の「みゅーじん/音遊人」という番組で一青窈さんを特集しているのを見ました。それで、けっこう良い曲歌ってるなぁ思ってしまいました。
 更には吉本隆明さんも対談に中で褒めていました。それで、CDついつい欲しくなってしました。
 一青窈のベストアルバムということなので、初めて買うには良いのかもしれません。収録曲、写しておきます。
01.ハナミズキ、02.翡翠、03.もらい泣き、04.一思案、05.月天心、06.影踏み、07.うれしいこと、08.江戸ポルカ、09.大家、10.さよならありがと、11.指切り、12.アリガ十々、 13.かざぐるま、14.金魚すくい、15.あこるでぃおん~long.ver、16.てんとう虫。
 けっこう耳慣れた曲が多いですね。あんまり意識していませんが、けっこうヒット曲出していたんですね。
 若い女性の非常に鋭い感性で作り上げた世界がひろがっています。ひとつの表現たり得ている気がします。この才能が持続して花開いていって欲しいですね。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-26 07:12 | CD・DVD・ビデオ

パソコンソフト「宛名職人2007」を買う

d0001004_157581.jpg パソコンソフト「宛名職人2007」を買った。
 年賀状を出すタイムリミットになりました。昨年は、エプソンの無償ソフトで年賀状の印刷しましたが、やっぱり無料だけあって、細かい設定ができずにチョット不満でした。
 今年は、思い切って、ソースネクストのネット販売で「宛名職人2007」のダウンロード版を買いました。
 さっそく使ってみました。でも、不満いっぱいのソフトでしたね。
 自動で文字配置などをしてくれますが、文字の大きさや、細かい位置調整もできません。ソフトが自動設定したのを修正できない仕様ですね。かなりお馬鹿さんソフトでした。
 さらに、ダウンロード版のためもあるんでしょうが、素材数も少ないですしね。
 さらに、住所録の検索や表示、印刷機能の貧弱さもヒドイの一言ですね。こんなソフトで住所録の管理はできません。
 結局は、エプソンの無償版と大差がないといった結果でした。価格が1,980円ですから期待してはいけないのかもしれませんが、かなり不満が残りました。
 やっぱり、キチンとした定評のある年賀状ソフトを買わないとダメなんでしょうね。
 
 ともかくも、半日がかりで年賀状の作成終わりました。なんとか元日に届きそうですね。ホッとしました。これで恒例の年末の作業をひとつクリアーです。

[PR]
by daisenhougen | 2006-12-25 07:06 | 買い物