<   2008年 01月 ( 48 )   > この月の画像一覧

2008年01月読書記録

 2008年01月の読書記録です
 今月はたった8冊で終わってしまいました。年頭に年間200冊目なんて書いておきながら、半分のペースじゃ話になりませんね。2月には何とか立て直さなければ・・・。
 松木さんの「列島創世記」は読み応えがありました。この著作並みの水準を維持してくれれば、日本の歴史シリーズは期待が持てそうです。
 穂村さんの久々の短歌論も面白かったですし、飯沢さんの写真論も為になりました。
 でも、今月一番読み応えがあったのは何といっても四方田さんのペア本です。「翻訳と雑神」を◎としておきます。
 溜まってしまった週間本を一掃しなくてはなりませんので、ちょっとペースを上げるつもりです(でも、今月は2冊どまりでした)。いくら何でも普通の書籍並みの1冊にはできませんから、今回から週刊本は別立てにしました。
 図録も今月2冊どまりでした。昨年5冊繰り越しで、今月5冊購入に対して2冊しか読んでないので8冊残ったままになりました。溜まらないように注意、注意。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。週刊本及び図録には評価は原則付けません。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
△谷川俊太郎「詩集 私」(思潮社)
◇松木武彦「列島創世記(全集 日本の歴史1)」(小学館)
△粟津則雄「日本人のことば」(集英社新書)
◇穂村弘「短歌の友人」(河出書房新社)
◇四方田犬彦「日本のマラーノ文学―Dulcinea roja」(人文書院)
△畑尚子「幕末の大奥―天璋院と薩摩藩 」(岩波新書)
◎四方田犬彦「翻訳と雑神―Dulcinea blanca」(人文書院)
◇飯沢耕太郎「写真を愉しむ」(岩波新書)

 週刊本
-「週刊アーティスト・ジャパン48前田青邨」(デアゴスティーニ)
-「週刊アーティスト・ジャパン49浦上玉堂」(デアゴスティーニ)

 図録
-「図録 プラハ国立美術館展」(ホワイトインターナショナル)
-「図録 大倉集古館の名宝」(大蔵文化財団他)

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-31 06:43 | 読書記録(まとめ)

2008年01月鑑賞記録

 2008年01月の月間鑑賞記録です。
 01月に出かけて見てきた(聴いてきた)展覧会、映画、コンサート等をまとめてあります。
 展覧会は今月は17の展示を見ることができました。年の初めから良いペースでスタートを切ることができました。
 今月一番はやっぱり「横山大観展」でしょうね。繰り返し開催される大観展ですが、代表作をこれだけ集めた展示は滅多にお目にかかれません。展示替えの後期もぜひ訪れたいです。
 「諏訪敦展」も素晴らしかったです。実物を拝見したからからこその感動です。こちらも展示替えがあるようなのでも、もう一度訪れたいです。
 常設展示で雪舟の「秋冬山水図」にようやくのご対面をはたしました。こちらも感動ものでした。

 映画は4本見ることができました。こちらも年の初めから良いペースです。今年はこのペースを維持したいです。

 コンサートはN響のブルックナーからスタートです。充分堪能できました。今年は当日券中心で、あんまり欲張らずに月1ぐらいのペースを目標にしましょう。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

 展覧会
◇「プラハ国立美術館展 ルーベンスとブリューゲルの時代」(そごう美術館)
△「目黒の新進作家―七人の作家、7つの表現」(目黒区美術館)
△「上海近代の美術」(松濤美術館)
△「アンカー展」(Bunkamura ザ・ミュージアム)
-「北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」(後期)(江戸東京博物館)
△「北斎漫画展」(江戸東京博物館)
△「SPACE FOR YOUR FUTURE」(東京都現代美術館)
△「MOTコレクション ポップ道 1960s-2000s」(東京都現代美術館)
◇「近代日本画 美の系譜」(大丸ミュージアム)
◎「没後50年 横山大観―新たなる伝説へ」(国立新美術館)
△「『旅』展-異文化との出会い、そして対話-」(国立新美術館)
△「ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて」(サントリー美術館)
◎「諏訪敦絵画作品展~複眼リアリスト~」(佐藤美術館)
△「国宝 雪松図と近世絵画」(三井記念美術館)
△「現代絵画の展望展」(鉄道歴史展示室、上野Breakステーションギャラリー)
△「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」(東京国立博物館)
◇特別展示/雪舟「秋冬山水図」(東京国立博物館)

 映画
◇「ヴィーナス」(109シネマズ)
△「夜顔」(銀座テアトルシネマ)
◇「アース<日本語吹替版>」(movix)
△「マリア・カラス 最後の恋」(109シネマズ)

 コンサート
◇「N響第1610回定期公演 Aプロ/ブロムシュテット」(NHKホール)

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-30 12:14 | 鑑賞記録(まとめ)

ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC22 Bを買う

d0001004_12222569.jpg ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC22 Bを買った。
 iPod touchを使って音楽を聴くのは、ウォーキングの時や自宅に戻る長距離電車の中が大半です。この時聴く音楽がPops系であれば気にならないんですが、クラッシックとなるとかなり苦しいことがあります。
 強音部分はなんとかなりますが、弱音部分は聞き取れないことがしばしばありました。特に長距離電車の車内でのクラシック音楽を聴く気にはなれない状態でした。
 そこでノイズキャンセリングヘッドホンを探していました。
 もちろんノイズキャンセリングといえばBOSEですね。でも、外で音楽聴く時にオーバーイヤーの仰々しいヘッドホンをつける気にはなれません。
 そしたらあったんですね。インナーイヤータイプでノイズキャンセリング機能が付いたのが。さすがソニーさんです。
 発売からちょっと時間が経ってるのが気になりましたが、ほかに選択枝もないので早速買ってみました。6,539円でした。

d0001004_12232527.jpg 装着してみると、イヤーピースが耳栓型である為、耳に付けるだけでけっこう遮音します。今までのiPod touch付属のは断然違います、これだけでも騒音が多い場所では役に立ちます。もちろん外部音も充分聞こえますので、行動に差し支えることはないです。
 さらにノイズキャンセリングのスイッチをオンにすると、かなり遮音されることが実感できました。自宅に戻る電車の中で使ってみましたが、かなり効果がありました。オーケストラ曲とヴァイオリンソロの2枚のアルバムを十分に堪能できました。これで帰宅の電車での楽しみの幅が広がりますね。
 単4電池でノイズキャンセリングが稼働するのですが、電池がなくてもヘッドホンとしては使用できるのは有り難い仕様ですね。
 大きさの違ったイヤーピースや航空機用の変換コネクター、収納袋まで付属した至れり尽くせりですね。
 わたし的にはかなり満足です。ただ、外出だけで使うにはコードがちょっと長い気がするのが、ちょっと不便なぐらいですね。

 今、ネットで検索していたら、audio-technicaから同じタイプのノイズキャンセリングヘッドホンが2月に発売になるようです。値段は倍ぐらいするようですが、新し物好きとしてはちょっと早まったかな・・・・。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-29 12:26 | 買い物

雪舟「秋冬山水図」を見る

d0001004_112927.jpgd0001004_11291490.jpg 昨日(01月27日)「東京国立博物館」で特別展示の雪舟「秋冬山水図」を見た。
 常設展示も充実していました。今回は何といっても国宝展示コーナーの雪舟「秋冬山水図」です。やっと巡り会えましたね。そして展示最終日のギリギリセーフで間に合いました。
 図版などで想像してよりかなり小さい作品です。ちょっとビックリしました。
 でも、作品に近づいてじっくり拝見していると作品のパワーがびんびんと伝わってきます。すっかり引きつけられてしまいました。
 やっぱり線の力強さが際立っていますね。さすがに日本絵画史上燦然と輝く作品だけあります。 作品の前にはあんまり人もいなかったので、近づいたり遠ざかったりしながら独占的に拝見できました。まさに贅沢なひとときを過ごさせてもらいました。
 そのほかの常設展示では円山応挙「波涛図」が素晴らしかったです。「三井記念美術館」で「雪松図」ほかの応挙の代表作を拝見したばかりですが、こちらも負けてず劣らず良い作品ですね。
 浮世絵コーナーでは喜多川歌麿「青樓十二時」シリーズが展示してありました。初めて拝見しましたが、ちょっと面白いシリーズです。
 新春特別展示「子年に長寿を祝う」も最終日でした。めでたいお宝がいっぱい並んでいました。このあたりは新年早々に見た方がもっと興味惹かれたでしょうね。1月も終わりとなると時期遅れといった感じにもなりました。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-28 12:35 | 鑑賞記-展覧会

「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」を見る

d0001004_14312445.jpg 昨日(01月27日)「東京国立博物館」で展覧会「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」を見た。
 近衞家29代当主近衞文麿が昭和13年(1938)に設立した陽明文庫が創立70周年を記念して、20万点にもおよぶその所蔵品の全貌を俯瞰するはじめての展覧会とのことです。
 なんでこんなに人がいるんだといったぐらい混んでいました。こんな難しい展示に人が集まるんですね。いささか年齢層は高かったですがね。
 展示は「第1章 宮廷貴族の生活」 、「第2章 近世の近衞家」、「第3~4章 家熙の世界」、「第5~6章 伝世の品」といった区分で展示してあります。
 まず最初に、近衛家の遠祖にあたる藤原鎌足、定惠、不比等を並べた肖像画からスタートです。そして藤原道長自筆日記である国宝「御堂関白記」などなど歴史そのものといったお宝が続きます。昨年の「藤原道長展」で拝見したお宝もありますね。
 それ以降も、お宝が延々と展示してあります。どちらかといえば臨書や手鑑、そして書簡まで書関連の展示が中心です。このあたりを読み解ける人はそういない気もしますね。
 「伝来の品」のコーナーに至れば展示されているのは、さらにバラエティに富んだものとなってます。茶道具、香道具、太刀、御所人形、雛道具、染織品などなど。
 ただ、わたし的にはかなりハードルが高い展示でしたし、お目当ての絵画作品の展示はわずかでした。
 でも、酒井抱一の清冽な作品「四季花鳥図屏風」を見ることができただけでも満足ですね。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-28 12:30 | 鑑賞記-展覧会

「現代絵画の展望」展を見る

d0001004_13171741.jpgd0001004_131731100.jpg 昨日(01月26日)「旧新橋停車場鉄道歴史展示室」と 上野駅「Breakステーションギャラリー」で「現代絵画の展望」展を見た。
 「東京ステーションギャラリー」が12名に絵画制作を依頼した作品のお披露目展示とのことです。
 肝心の展示場所が休館中と言うことで、2カ所の関連スペースでの展示と相成ったようです。入場はどちらも太っ腹にも無料でした。
 まず、新橋の展示場です。
 入り口に篠原有司男の作品「バミューダ島の乗合バスの天井にトカゲが」など2点ドーンと展示してあり、強烈なパンチを食らわせてくれます。篠原さんはノーマークできたのですが、昨年、「いわき市立美術館」の常設展示でのオブジェを見て以来、もっと作品を拝見したいと思っていましたが、少し実現しました。
 後は李禹煥、加納光於といった大家から大岩オスカール、小林考旦といった中堅そして若手までバラエティに富んだ人選の作品が並んでました。
 わたし的には加納光於さんのペイント作品が素晴らしかったです。加納光於さんといえば細密な版画作品といったイメージを持っていたのですが、こういった色彩感あふれた大型のペイント作品も描いているんですね。今度もっと注意しておかないといけませんね。

d0001004_13183564.jpg 上野に移ると、こちらは2階のレストラン街を結ぶ踊り場的スペースに展示してありました。こういった、ざわざわした空間での展示も悪くはないかもしれませんね。
 展示してある12名の名前写しておきます。
 池田龍雄、篠原有司男、堀浩哉、辰野登恵子、丸山直文、大岩オスカール、李禹煥、加納光於、小林考旦、山本麻友香、山口啓介、曽谷朝絵。

 新橋の展示の受付で図版売ってましたので、読んでから感想続けます。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-28 06:40 | 鑑賞記-展覧会

映画「マリア・カラス 最後の恋」を見る

d0001004_1226813.jpg 昨日(01月26日) 「109シネマズ」で映画「マリア・カラス 最後の恋」を見た。
 2005年、イタリア、原題:CALLAS E ONASSIS。
 監督:ジョルジョ・カピターニ、出演:ルイーザ・ラニエリ、ジェラール・ダルモン、アウグスト・ズッキ。
 オペラ歌手マリア・カラスと海運王オナシスとの不倫の恋と別れを描いた作品です。
 いやぁーこういったことだったんですね。
 貧乏な中から大歌手に駆け上がったプリマドンナと同じように貧困から世界一の大富豪がその共通の生い立ちから惹かれあい、互いに伴侶と別れるが、結局うまくいかなかった経緯が淡々と描かれていました。
 日本題の「マリア・カラス 最後の恋」といった少々ロマンチックな題名よりも原題のカラスとオナシスといった単刀直入な題名の方が内容を良く表していますね。
 ただ、わたし的には男と女のこういった関係をくだくだ描いた映画はあんまり好みではありません。いってみればマリア・カラスとオナシスという超有名人の痴話喧嘩を執拗に描いただけですからね。そして作品のテンポもあんまり良くなかったですね。
 カラス役のルイーザ・ラニエリはぴったりの役どころで、」まぁ好演でしょうかね。
 そしてなによりの不満は、マリア・カラスの人生を描くんだったら、もっともっとオペラハウスなどで歌う場面を入れて欲しかったです。
 たぶんマリア・カラスという題名に惹かれて映画館に足を運んだ大半の人はそう感じたんではないでしょうかね。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-27 08:00 | 鑑賞記-映画

「国宝 雪松図と近世絵画」を見る

d0001004_1037182.jpg 昨日(01月26日)「三井記念美術館」で展覧会「国宝 雪松図と近世絵画」を見た。
 まず入館すると、いつも通りに第1室から第3室までは三井家伝来の茶道具名品の展示です。こちらはわたしにはハードル高いのでさっさと通り過ぎました。
 そしていよいよ第4室から近世絵画の展示スタートです。
 最初が鳥居清長「駿河町越後屋正月風景図」と三越を描いた作品でスタートです。さすがに伝統をほこる三越さんですね。
 そしていよいよ円山応挙の「国宝 雪松図」がでーんと展示してあります。
 この作品を拝見するのは美術館のオープニング展示の時以来ですが、存在感は抜群ですね。言う事無しです。じっくり作品世界に浸ることができました。混んでないのがラッキーでしたね。
 応挙作はこの他にも「雲龍図」など、三井家所蔵の応挙のお宝一挙公開みたいな展示ですした。さすが三井家。イイお宝たくさん持ってますねぇ。
 更に最後のコーナーでは今年度、松阪三井家より寄託を受けた近世絵画の13点が展示してありました。
 まぁ花鳥画で有名な酒井抱一が描いた「観音像」が展示の目玉のようでした。珍品であることは間違いありませんね。

 三井家は十一家もあるそうですから、まだまだお宝眠ってるんでしょうかね。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-27 07:50 | 鑑賞記-展覧会

「諏訪敦絵画作品展~複眼リアリスト~」を見る

d0001004_941543.jpg 昨日(01月26日)「佐藤美術館」で展覧会「諏訪敦絵画作品展~複眼リアリスト~」を見た。
 この「佐藤美術館」は初めて訪れました。大江戸線の国立競技場前駅から歩いてそんなに遠くないですね。5階立てのビルで1階で受付を済ますと、5階から見ながら降りてくるスタイルです。 諏訪敦さんの全貌を示すために全館使っての展示とのことです。
 初期作品 (~94年)/大野一雄・慶人シリーズ (00~07年)/SLEEPERS (95~06年) /Stereotype(新シリーズ・新作といった構成です。
 諏訪敦(1967-)さんは何となく気になっていた画家です。雑誌で紹介されたのを読んだこともありますし、実際の作品も(もちろん1点だけの展示で)二三度拝見したことがあります。でも、なかなかまとまった展示に巡り会えませんでしたが、今回は一挙公開でしたね。
 まずは大野一雄を描いた超リアルな作品に衝撃を受けました。
 年老いた老人のやせ細った皮膚とその下の静脈までリアルに描き込んでいます。そのリアルな画面に引きつけられて見入っていると、いつしか別な世界に呼び込まれて行く錯覚におちいってしまいます。何とも不思議な感覚です。

d0001004_9414337.jpg 女性の寝姿を描いたSLEEPERSや、同じく女性の裸体を描き込んだ最新作のJapaneseシリーズも同じく超リアルに描き込んでいるんですが、リアルであればリアルなほど現実の実在とは遠い世界に連れ去られるような気分になってしかいます。
 ある意味、これ以上ないぐらいエロチックなのですが、猥褻感からこれほど遠い作品もめずらしいぐらいでもあります。
 そして、これ以上ないぐらい髪の毛1本まで微細にリアルに描いているのに、実在のモデルからは遙かに遠く連れ去られる作品です。
 わたし的には非常に衝撃を受けた展覧会でした。
 02月05日から展示替えされるようなので、もう一度訪れることにします。

 2005年に作品集が発売されていたようです。会場で買い求めましたので、読んでから感想続けます。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-27 07:40 | 鑑賞記-展覧会

「ロートレック展」を見る

d0001004_9355986.jpg 昨日(01月26日)「サントリー美術館」で展覧会「ロートレック展 パリ、美しき時代を生きて」を見た。
 この展覧会は、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864~1901)が活躍した晩年の十数年に焦点を絞り、日本初公開のオルセー美術館のロートレック・コレクションのほか国内外から集めた版画やポスター、当時の写真など約250点を展示するとのことです。
 ロートレックといえば19世紀末のパリを描いたポスターが直ぐ思い浮かびますね。でもそれ以上となると、ほとんどなんにも知らない存在でした。
 その個展というんで、期待をふくらませて出かけました。開会初日ですからけっこう混んでました。
 でも、ちょっと肩すかしにあったような展示でした。

d0001004_9365224.jpg 特に期待した油彩画はがっかりしました。展示されている作品の点数も少ないし、精彩がを放つ作品はあまり見あたりませんでしたし、完成度もあんまり高いとは思えませんでした。
 今回の展覧会のチラシでも大きく扱われていた「黒いボアの女」も展示された中ではインパクトのある作品であるのはたしかですが、油彩画としての完成度はそんなに高いとは思えませんでした。
 やっぱりロートレックは風俗を瞬間的に切り取ったポスターなどだけにその才能を発揮したのでしょうか。それとも、丹念に描きこんだ油彩画などにも傑作があるのに、今回は展示されなかっただけなんでしょうか。ちょっと解りませんでした。なんとはなしにモヤモヤだけがの残った展覧会でした。

[PR]
by daisenhougen | 2008-01-27 07:35 | 鑑賞記-展覧会