<   2008年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧

2008年鑑賞年間回顧

 今年最後のアップです。
 2008年鑑賞年間回顧を書いてみます(2007年はこちら)。
 展覧会は181回訪れることができました。そのうち2度訪れたのが17ですから、展覧会としては164の展示を拝見できたということになります。
 今年は200回目標でしたがチョット及びませんでした。もちろん訪れた数じゃないですがね・・・。
 心に残った展覧会を少し記しておきます。

1.「知られざる鬼才 マリオ・ジャコメッリ展」(東京都写真美術館)
 わたしの今年のナンバーワンです。
 あんまり取り上げられていないこともあって、あやうく見逃すとこでした(NHKの「新日曜美術館」では会期終了後に取り上げてましたが・・・)。
 こんな素晴らしい写真家がいたなんて。すっかりファンになってしまいました。わたしにとっては大発見です。
 今となっては一度しか行けなかったことが悔やまれます。

2.「大琳派展―継承と変奏―」(東京国立博物館)
 昨年は若冲と永徳でしたが、今年は琳派でした。琳派といえば、なぜが拡張した企画が多いのですが、こちらは正真正銘の琳派だけに限定しているのが好感持てました。もちろんこれ以上は望めない名品揃いの展示でした。

3.「対決-巨匠たちの日本美術」(東京国立博物館)
 日本美術のオールキャストが勢揃いの展示でした。こちらも名品揃いの展示で、これだけのビッグネームの名品ばかりが揃うなんては空前絶後だったかもしれません。

4.「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」(東京都美術館)
 7点ものフェルメールに日本に居ながら拝見できる贅沢。これでわたしのフェルメール体験作品数も一挙に増やしてもらいました。

5.「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」(国立西洋美術館)
 こんな素晴らしい画家が埋もれていたなんて。鮮やかね復活を演出してくれましたね。さすが西美ですね。

6.「コロー 光と追憶の変奏曲」(国立西洋美術館)
 名前だけ知っているが、その魅力が全く解らなかったコローの素晴らしさを知らしめてくれました。またもや西美です。

7.「諏訪敦絵画作品展~複眼リアリスト~」(佐藤美術館)
 日本の現代美術の一つの極地ですね。わたしにとって今年新たな発見の一人です。今後の変貌に期待大です。

8.「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」(Bunkamura ザ・ミュージアム)
 長らく見たいと思っていたオフェーリアをはじめとするミレイの全貌がわかる展示でした。

9.「石田徹也―僕たちの自画像―展」(練馬区立美術館)
 若くして亡くなった石田さん作品にようやく対面できました。孤独な魂のひびきがダイレクトに伝わる展示でした。

10.「ウルビーノのヴィーナス」(国立西洋美術館)
 ウルビーノのヴィーナスの展示にかこつけて、ギリシャ以来のヴィーナス像の変遷をたどるなんて、素晴らしすぎる企画でした。まままた西美でした。

11.「速水御舟-新たなる魅力」(平塚市美術館)
 平塚まで足を運ばせるだけの魅力ある企画でした。御舟といえば山種美術館と思ってましたが、山種抜きでこんなに傑作勢揃いの展示ができるんですね。企画力のあるこの美術館の面目躍如たる展示でした。

12.「没後100年 橋本雅邦展」(川越市立美術館)
 こちらも川越まで足を運ばせるだけの魅力ある企画でした。日本画創世期の画家の全貌を示す素晴らしい展示でした。こういった展示が地元だけの開催で、東京を含めて巡回しないのは残念ですね。

13.「白隠禅画墨蹟展」(瑞巌寺宝物館青龍殿)
 またまた松島まで足を運ばせるだけの魅力のある企画でした。こういった素晴らしい企画がひっそりと開催されるんですね。なぜ、地方の観光地での開催だけなんでしょう。白隠さんの魅力に触れることができました。

14.「町田久美─日本画の線描」(高崎市タワー美術館)
 またまたまた、今度は高崎まで足を運ばせるだけの魅力のある企画でした。新たな才能の現時点での全貌を知ることができました。地元への凱旋展示のようですね。

15.「狩野芳崖 悲母観音への軌跡」(東京藝術大学大学美術館)
 日本画創世期の画家の全貌にようやく触れることができました。西洋に出会った日本画家のまさに文明の浸食と受容と融合のスリリングな様子が体験できる展示でした。

 まだまだ書き足りませんが、きりがないので表題だけでも。
 「髙山辰雄遺作展―人間の風景」(練馬区立美術館)、 「没後30年 熊谷守一展」(埼玉県立近代美術館)、「岡村桂三郎展」(神奈川県立近代美術館 鎌倉館)、「大岩オスカール展」(東京都現代美術館)、「ジュリアン・オピー」(水戸芸術館)、「アール・ブリュット-交差する魂-」(松下電工 汐留ミュージアム)、「ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密」(国立新美術館)、「没後50年 横山大観―新たなる伝説へ」(国立新美術館)、「生誕100年 東山魁夷展」(東京国立近代美術館)、「KAZARI 日本美の情熱」(サントリー美術館)。

 映画は19本しか見ることができませんでした。これでは2008年の映画シーンを論ずる資格はありませんね。
 わたし的にはここにあげた4本の衝撃はいまだ心に残っています。
「ラスト、コーション」、「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」、「ノーカントリー」、「告発のとき」。

 コンサートに至っては4公演だけでした。
 ヒラリー・ハーンと五嶋みどりのヴァイオリンをはじめて聴くことができたのがせめてもの救いでした。

 伝統芸能はまったく見るとこができませんでした。

 昨年と同じ感想となりますが、サラリーマンの単身赴任の身では、なかなかエンターテイメント全般に目配りすることはできません。特に今年は美術展中心の一年になってしまいました。

 以上、2008年に心惹かれた展覧会を中心にリストアップしてみました。
 わたしが仕事の合間、東京と田舎を行ったり来たりする中で触れるとができた中からのリストアップでした。
 
 来年はどんなものに触れることが出来るんでしょう。楽しみです。
 それでは、よいお年を。

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-31 13:44 | 鑑賞記録(まとめ)

2008年読書回顧

 2008年の年間読書回顧を書いてみます(2007年はこちら)。
 今年読んだ本は一般書籍が128冊、週間本が39冊、図録が42冊でした。
 歴史のシリーズものでは、新たに始まった小学館の「全集 日本の歴史」を1巻から12巻まで一年間きっちり追っかけてきました。月々の読書のペースメーカーとなりました。内容的にもレベルの高い充実の全集でした。
 昨年から引き続きの「興亡の世界史」はペースダウンとなったようで5冊だけでした。こちらは巻毎の出来不出来の差がおおきかったですね。
 「シリーズ日本近現代史」にいたっては2冊しか刊行されなかったです。
 いずれにせよ歴史物が読書の中心でした。
 美術関連では週間本の「週刊アーティスト・ジャパン」が完結しました。少々を未読で終わってしまいました。
 更には「週刊世界の美術館」がスタートしました。こちらは遅れずについていきたいですね。
 一般書籍の方でも美術関連で20冊程度読むことができました。画集の素晴らしのをいくつか入手できたのもラッキーでした。
 その他、評論や小説なども少々覗きました。
 いつも追いかけている馴染みの方々の著作がチョット低調だったのは気のせいでしょうか。
 図録はだいぶ読み残したのが残念でした。美術展訪れる回数増えた分、図録の購入が増えましたが、目を通すのが追いつきませんでした。

 心に残った著作としては以下の3冊をあげておきます。

1.辻惟雄「岩佐又兵衛 浮世絵をつくった男の謎」(文春新書) 
2.山田篤美「黄金郷伝説―スペインとイギリスの探険帝国主義」(中公新書)
3.川上弘美「どこから行っても遠い町」(新潮社)

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-31 09:18 | 読書記録(まとめ)

2008年12月鑑賞記録

 2008年12月鑑賞記録です。
 今月訪れることができた展覧会は12個でした。年末ということで、チョット落ち穂拾い的な訪問になりました。
 その中では「蜷川実花」さんの鮮やかな色彩感は忘れられないですね。
 「丸紅コレクション展」もボッティチェリ「美しきシモネッタ」一枚看板の展示でしたが、この名品だけでも価値ありでした。
 「世田谷美術館」の「山口薫展」、「難波田史男展」は地味ながら見応えある展示でした。
 コンサートは久しぶりでしたが、年末恒例の第九を聴けて満足でした。
 映画およびその他はありませんでした。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で、かってな評点です。それぞれのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 それでは一覧です。

 展覧会
◇「丸紅コレクション展」(損保ジャパン東郷青児美術館)
◇「蜷川実花展」(東京オペラシティ)
△「027 磯見輝夫・小作青史」(東京オペラシティ)
△「project N 35ましもゆき」(東京オペラシティ)
△「日本の新進作家展 オン・ユア・ボディ」(東京都写真美術館)
△「ヴィジョンズ オブ アメリカ第3部」(東京都写真美術館)
△「チャロー!インディア:インド美術の新時代展」(森美術館)
◇「山口薫展―都市と田園のはざまで」(世田谷美術館)
◇「難波田史男展」(世田谷美術館)
△「琳派から日本画へー宗達・抱一・御舟・観山ー」(山種美術館)
△「沖縄・プリズム 1872-2008」(東京国立近代美術館)
△「陶磁の東西交流」(出光美術館)
△「セザンヌ主義 父と呼ばれる画家への礼賛」(横浜美術館)

 映画
 なし

 コンサート
「東京交響楽団 名曲全集 第43回 大友直人/ベートーヴェンの第九」(ミューザ川崎)

 その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-30 17:22 | 鑑賞記録(まとめ)

2008年12月読書記録

 2008年12月読書記録です。
 今月読んだのは11冊でした。
 今月の一冊は辺見庸さんの「愛と痛み」ですね。最近の辺見さんの思想が凝縮されています。
 沢木耕太郎さんの深夜特急の後日談もファンとしては締めくくる作品として懐かしかったです。
 林佳世子さん、平川新さんという両学者さんの歴史書も読み応えがありました。
 週間本は6冊で、なんとか付いていってます。
 図録はゼロ。いったい今年買った図録の読み残しは何冊になったんでしょう。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。週刊本及び図録には評価は原則付けません。あくまでも独断の勝手な評価です。読んだときのコメントはブログの該当投稿を参照してください。
 では、一覧リスト。

 書籍
◇林佳世子「オスマン帝国500年の平和(興亡の世界史10)」(講談社)
△中沢新一「鳥の仏教」(新潮社)
△秋山駿「忠臣蔵」を読んだ。新潮社
◇辺見庸「愛と痛み―死刑をめぐって」(毎日新聞社)
△松浦玲「坂本龍馬」(岩波新書)
◇沢木耕太郎「旅する力 深夜特急ノート」(新潮社)
△荒川洋治「読むので思う」(幻戯書房)
◇平川新「開国への道 (全集 日本の歴史 第12巻)」(小学館)
◇大久保純一「カラー版 浮世絵」(岩波新書)
△佐藤勝彦「宇宙論入門-誕生から未来へ」(岩波新書)
△塩川伸明「民族とネイション」(岩波新書)

 週刊本
-「週刊世界の美術館 第15号 東京国立博物館」
-「週刊世界の美術館 第16号 ヴァチカン美術館(2)」
-「週刊世界の美術館 第18号 オーストリア美術館」
-「週刊世界の美術館 第17号 プラド美術館(2)と『ゲルニカ』」
-「週刊世界の美術館 第19号 ピカソ美術館」
-「週刊世界の美術館 第20号 ウフィツィ美術館(2)とサンマルコ美術館」

 図録
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-30 08:43 | 読書記録(まとめ)

塩川伸明「民族とネイション-ナショナリズムという難問」を読む

d0001004_813334.jpg 塩川伸明「民族とネイション-ナショナリズムという難問」を読んだ。
 国際問題の二大難問といえば宗教とナショナリズムではないでしょうか。そのナショナリズムについて中立的に問題整理してくれる著作です。
 最初に概念と用語法の整理ということでエスニシティ、民族、国民、あるいはネイションといった言葉に意味と揺らぎあるいは翻訳の問題まで整理してくれてます。
 その後、歴史的に即しながら地域ごとのナショナリズムの諸相を概観しています。
 あくまで実際の個々の実態を描き、抽象的に陥ることを注意深く避けようとしています。こいった微妙な問題はこういった姿勢は大事かもしれません。
 著者の立場はあくまでもナショナリズムを難問としてとらえることであって、その解決策を安易に求めることではないようです。
 ナショナリズムについて考える際の基礎知識を得ることができる好著だと思います。 
 著者の塩川伸明(1948-)さんはロシア現代史専攻で東京大学教授。       
 目次:はじめに、第1章 概念と用語法―一つの整理の試み(エスニシティ・民族・国民、さまざまな「ネイション」観―「民族」と「国民」、ナショナリズム、「民族問題」の捉え方)、第2章 「国民国家」の登場(ヨーロッパ―原型の誕生、帝国の再編と諸民族、新大陸―新しいネイションの形、東アジア―西洋の衝撃の中で)、第3章 民族自決論とその帰結―世界戦争の衝撃の中で(ナショナリズムの世界的広がり、戦間期の中東欧、実験国家ソ連、植民地の独立―第二次世界大戦後(1)、「自立型」社会主義の模索―第二次世界大戦後(2))、第4章 冷戦後の世界(新たな問題状況―グローバル化・ボーダレス化の中で、再度の民族自決、歴史問題の再燃)、第5章 難問としてのナショナリズム(評価の微妙さ、シヴィック・ナショナリズム?、ナショナリズムを飼いならせるか)、あとがき、読書案内。
 岩波書店(岩波新書)、2008年11月20日第1刷、777円、新書版、236頁。

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-29 08:12 | 読書-詩歌小説評論他

「ポメラ専用ケース DMC1」を買う

d0001004_17202491.jpg 「ポメラ専用ケース DMC1」を買った。
 ポメラDM10を買って一月以上たちました(購入時の感想はこちら)。結構重宝に使ってます。
 フルキーボード付きで起動が速く、いつでもメモできるというコンセプトは当たり前ながら、どこも実現してくれなかった待望の機能なんだとあらためて思います。



d0001004_17203619.jpg
 ところで、注文していた専用ケースがやっとこ届きました。
 いつまでも届かないので、しびれを切らして電子手帳用のケースで代用していました(その感想はこちら)。
 そちらも結構満足してたのですが、取り替えてみるとやっぱり違います。
 さすがに専用ケースだけあります。
 どんぴしゃりです。
 質感もグーです。
 まぁ4,000円もするんですから当然ですかね・・・。
d0001004_17204699.jpg
  「ポスト・イット」ノート付きってのも、全てをキーボードで処理するんじゃんないとの開発コンセプトが現れていているようで、いいですね。

 サイズ : 幅155×奥行110×高さ40mm

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-28 07:18 | 買い物

2009年カレンダーを買う

d0001004_15323419.jpg 2009年カレンダーを買った。
 押し迫ってきましたね。
 2008年ももう少しです。
 2009年いっぱい付き合うカレンダーを部屋に飾りました(2008年はこちら)。








d0001004_15324575.jpg
 今回は山種美術館の「山種コレクション名品選」にしてみました。
 収録されているのが、表紙/奥村土牛「聖牛」、1月,2月/上村松園「春芳」、3月,4月/橋本明治「朝陽桜」、5月,6月/東山魁夷「緑潤う」、7月,8月/川合玉堂「荒海」、9月,10月/小林古径「秋采」、11月,12月/加山又造「冬山」といったオール日本画です。







d0001004_15325582.jpg
 この美術館の高い水準を示す名品揃いです。

 卓上用では2009年「出光美術館卓上カレンダー」にしました。
 出光美術館所蔵の陶器と絵画が載ってます。こちらはかなり渋めの選択ですね。中では酒井抱一「燕子花図屏風」が気に入りました。

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-27 07:46 | 買い物

2009年手帳を買う

d0001004_1156975.jpg 2009年手帳を買った(2008年の手帳はこちら)。
 仕事用ではシステム手帳は止めにして、ごくごく普通の手帳にしました。
 重いシステム手帳を持ち歩くのが面倒になってしまったことと、取り外したリファイルの整理も面倒になったことですね。
 スケジュールと記録は別の方がシンプルに整理できますからね。 
 といことで、極めてオーソドックスな高橋書店の「ニューダイアリーアルファ13」といったタイプにしました。見開き1週間でスケジュールのスペースが大きいタイプです。
 仕事での手帳の使い方はスケジュールとTO DOだけに限定することにしました。
d0001004_11561981.jpg
 プライベート用は引き続き「ほぼ日手帳2009」にしました。
 よくできた手帳です。コンセプトも作り込みも完璧です。
 こちらはプライベートなスケジュールだけでなく、備忘録兼記録帳も兼務させます。
 不満としては各ページに格言が載ってるんですが、スペース取りすぎです。こういったシャレは頁毎に1行ぐらいでいいんじゃないかと思うんですがね・・・。

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-26 06:55 | 買い物

「日経会社情報2009年Ⅰ新春号」を拾い読み

d0001004_11463058.jpg 「日経会社情報2009年Ⅰ新春号」(日本経済新聞社)を拾い読みした。
 この号は11月末の株価を基準とした4,009社が掲載されています。
 ここのところ毎号、掲載されている上場銘柄も減少しています。
 そして株価も暴落の道をまっしぐらです。前号の8月末の日経平均株価は13,072でした(その時の感想はこちら)。
 その後10月27日には7,162円。そして10月28日には一時6,000円台にまで突入しました。この号の基準値の11月末は多少持ち直して8,512円ですが、それにしてもこの暴落はどうにもなりませんね。
 パラパラ中を覗いていると、下方修正が目白押しです。
 期末に向けて、更にこの傾向は続きそうです。
 なかなか買い出動には勇気がいりますね。
 巻末には主要500銘柄について最低投資額が10万円以下の銘柄がすぐ分かる一覧表を掲載されていました。
 少額でアタリを見ておく時期なのかもしれません。

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-25 06:45 | 雑誌など

佐藤勝彦「宇宙論入門-誕生から未来へ」を読む

d0001004_10454164.jpg 佐藤勝彦「宇宙論入門-誕生から未来へ」を読んだ。
 137億年の宇宙の歴史を最新の物理理論を紹介しながら解説すると言ったところのようです。
 ただ、私のような文系一本やりにはちょっとハードルが高かったかもしれません。
 相対性理論から超ひも理論、素粒子論といった難解そのものの理論がバンバン飛び出してきます。
 おそらく半分も理解できなかった気もします。
 でも、3名ものノーベル物理学賞を受賞したタイミングに、なんとなく宇宙物理学の雰囲気が味わえただけでも良しとしましょう。
 なんせ対象が137億年ですから。半端じゃないですね。
 こういった無限とも思る空間と時間を探求するとはうらやましい限りの領域です。
 学者ってのは、こういった何の役にも立たないことを黙々と研究するのが本来の姿ですね。
 ただただ羨望の世界の一端に触れさせてもらいました。
 更には過去から現在だけでなく、宇宙の果てしない未来についても触れてくれてます。 知的生命体(人類)は変貌に変貌を重ね、環境の激変を生き延びたり、異次元の世界にまで踏み込んでいて興味つきませんでした。
 かなり暴走じみた空想の世界のようですが、面白さは抜群でした。

 著者の佐藤勝彦(1945-)さんは宇宙物理学専攻で東京大学教授。
 目次:プロローグ ビッグクランチからの脱出、第1章 宇宙論の始まり(アインシュタインの宇宙、膨張宇宙の発見、ビッグバン理論の確立、宇宙の始まり)、第2章 素粒子と宇宙―インフレーションという鍵(力の統一理論と宇宙、真空の相転移と力の分岐、インフレーション宇宙、ミクロのゆらぎからの誕生―量子宇宙、高次元空間に浮かぶ膜―ブレーン宇宙)、第3章 見えてきた宇宙の歴史(宇宙の見えない主役―暗黒物質、宇宙の本当の主役―暗黒エネルギー、現在は第二のインフレーションか、精密に測定された火の玉宇宙、宇宙の謎は解けたのか?)、第4章 宇宙の未来(加速膨張を続ける宇宙、暗黒エネルギーが消えた宇宙、ビッグクランチと宇宙の終焉)、第5章 マルチバースと生命(宇宙が無数に生まれる、なぜ「この宇宙」なのか?、宇宙における生命)、あとがき、参考文献。
 岩波書店(岩波新書)、2008年11月20日第1刷、735円、新書版、219頁。

[PR]
by daisenhougen | 2008-12-24 06:44 | 読書-詩歌小説評論他