<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「特別展 菱田春草」を見る(後期)

d0001004_10582637.jpg 先日(2009/11/08)「明治神宮文化館 宝物展示室」で展覧会「特別展 菱田春草」を見た。
 菱田春草といえば天心門下で横山大観と双璧をなす存在といわれ、いろんな展覧会でも必ず展示されているんですが、その割には、なかなかまとまった展示にはお目にかかれませんでした。
 ところが、ひっそりと思わぬところで開催されていました。
 あんまりひっそりと開催されていたので、前期の展示を見逃してしまったのは残念でした。
 この「明治神宮文化館 宝物展示室」は展示スペースが狭いので、前期と後期で展示作品は全面展示替えでしたので、なおさら悔やまれました。

d0001004_10583951.jpg さて展示ですが、やっぱり後期展示の目玉は明治天皇が手元に置いていたという「雀に鴉」でしょうかね。
 素晴らしい作品ですね。
 ほとんど独占状態で じっくり拝見させてもらいました。
 その他にも大観との共作や組み物の「月四題」なども含めて、展示点数は少ないながら貴重な作品を拝見できました。
 奇を衒うことなく実直に描かれた作品を眺めていると背筋を伸ばして拝見しなければならない気にさせられました。
 若い純粋さと気品の高さを保ったまま亡くなってしまった感じがする存在ですね。このあたりが長寿をまっとうし、聖毒併せ持ちながら名声を得た大観との違いかもしれません。
 もっともっと、いろんな春草さんの作品を見たいですね。
 どこかで回顧展みたいな企画立ててくれないんでしょうかね。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-12 06:57 | 鑑賞記-展覧会

「新・根津美術館展-国宝那智瀧図と自然の造形」を見る

d0001004_1731337.jpg 先日(2009/11/08)「根津美術館」で展覧会「新・根津美術館展-国宝那智瀧図と自然の造形」を見た。
 根津美術館がようやく新装なって生まれ変わりました。「新創記念特別展」ということで一年にわたって特別展がにぎにぎしき開かれるようです。
 今回はその第1部にあたります。
 チョット出遅れて、第1部の最終日にようやく滑り込むことができました。
 新しい建物はやっぱりイイですね。
 入り口までの竹を配した通路もすがすがしい気分にさせてくれます。
 まず、特別展の展示は展示室1です。
 目玉となる展示が「那智瀧図」です。
 この作品は一度拝見していますが、国宝と言うことで有り難く拝見させてもらいました。
 それ以外では「観瀑図」、「吉野龍田図」あたりが印象に残りました。
 残りは常設展示コーナーです。
 展示室2は「手を競う―王朝びとの筆のあと」、「展示室3」は「仏教彫刻の魅力」、「展示室4」は「古代中国の青銅器」、「展示室5」は「吉祥―明清の漆工と陶磁」、「展示室6」は「初陣茶会」といった具合に多方面にわたるコレクションが展示されていました。
 昔の常設コーナーはなにか雑然とした古めかしい展示で、どちらかといえばあんまり熱心に見る気がしなかったのですが、今度は劇的に変わっています。
 展示方法でこんなにも見え方が違ってくるんですね。
 今後は常設展示も楽しみになりました。
 そうそう、庭園の方は今回はパスしてしまいました。かなりの混雑している様子に尻込みしてしまいました。こちらは次回のお楽しみということにしておきましょう。次回は4月末からの燕子花図屏風の展示あたりがねらい目ですね。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-11 05:30 | 鑑賞記-展覧会

「夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展」を見る(後期)

d0001004_15292898.jpg 一昨日(2009/11/08)「三井記念美術館」で展覧会「夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展」(後期)を見た。
 慶應義塾で教鞭をとっていた経済学者の高橋誠一郎さんという人が、浮世絵のコレクターでもあり、その遺品が慶應義塾の移譲されていたそうです。
 今回はそのコレクションが16年ぶりに公開とのことです。
 約300点の作品の公開ですが、前期、中期、後期の3回に分けて展示となっています。
 わたくしは前期は拝見しましたが、残念ながら中期の展示は見逃してしまい、今回、なんとか後期の展示は訪れることができました。
 結局は300点中200点見ることができたということですね。

d0001004_15293893.jpg 展示方法は前期と同じく、いつも常設展示コーナーに使われている展示室1と展示室2に極めつきの良品が展示することでスタートです。
 ライトを効果的に使っており、浮世絵の名品が浮き立つように展示されています。
 展示方法でここまで映える展示に変身できるんですね。
 今後の展示ではこういった見せ方の工夫がキーワードになってきそうですね。
 師宣、春信、清長、歌麿、北斎、広重、写楽の名品14点をじっくりと細部まで拝見することができました。
 多くの作品を見るのではなく、極めつきの名品をじっくり眺めるにはうってつけの展示でした。 その後は、ほぼ年代順に浮世絵の名品がズラリと勢揃いといった展示となっていました。
 こちらは気に入った作品は立ち止まり、それ以外はザーッと流すような普通の鑑賞方法で拝見しましたが、名品の数々に満足いっぱいの展示でした。
 こんなに素晴らしい作品が16年も展示されなかったとは、もったいない限りですね。
 今後は残りの何千点もある膨大なコレクションも含めて定期的な展示を希望したいですね。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-10 06:28 | 鑑賞記-展覧会

「えどはくでおさらい!江戸時代」を見る

d0001004_15504873.jpg 昨日(2009/11/08)「東京都江戸東京博物館」で展覧会「えどはくでおさらい!江戸時代」を見た。
 「学校で学んできたことをより深く理解してもらおうと、この企画展では、江戸時代のはじまりから終わりまでの時期を、教科書に出てきた人や事柄からたどっていきます」とのことです。
 展示は「江戸時代になる前」、「江戸時代のはじまり」、「江戸幕府の安定へ」、「江戸時代の人びと」、「さまざまな学問・成熟する文化」、「江戸時代のおわり」といった区分となってました。
 副題となっている「教科書で見た、あの人、この絵」の通りに、信長、秀吉といった肖像画から「ペルー横浜上陸の図」といったところまで、一度は見たことのある江戸時代の資料がズラリとならんでいました。
 もちろん、この博物館のお得意技で、本物とレプリカが混じり合った展示です。こういった展示では、これは本物かなんて詮索するのが野暮というものなのかもしれませんね。
 でも、まぁ、それなりに貴重な資料が混じっていたりして、結構愉しんで拝見させてもらいました。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-09 06:50 | 鑑賞記-展覧会

「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展」を見る

d0001004_9274091.jpg 昨日(2009/11/08)「東京都江戸東京博物館」で展覧会「よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展」を見た。
 気になっていた展示でしたが、ぐずぐずしている内に会期末。なんとかギリギリ最終日に訪れることができました。
 「新版画とは、江戸時代の浮世絵版画と同様の技法によって制作された、大正から昭和初期にかけて興隆した木版画です。当時、社会の近代化にともない風前の灯だった木版技術を復興し、新たな芸術を生み出そうと版元、版画家、彫師、刷師らが結集し、さまざまな画題の2,000点を超える新版画が作られました。本展では、約250点の作品・資料を展示いたします」とのことです。 展示は第1章 新版画の誕生、第2章 大正新版画と浮世絵、第3章 新版画とモダニズム、第4章 日米の架け橋 ロバート・ムラー 新版画コレクションの形成、第5章 新版画の制作といった区分で、新版画の全貌を知ることができる展示となっていました。
 中心的な作家の橋口五葉、伊東深水、川瀬巴水、吉田博といった人の作品をまとめて拝見することができました。
 明治期のおどろおどろしい感じや刺激的な赤色が薄まってきている上に、大正期ののモダーンな雰囲気が反映されていて、わたくし的には好ましい印象でした。
 中心的な作家以外に、外国人作家も含めた周辺的な作家の作品も展示してあるのも良かったです。
 浮世絵の海外での評価が高まったってきたが、お膝元の日本では浮世絵の制作が途絶えていたことから、その復興には外国人が大きな役割を果たしていたのが良くわかる展示となっていました。
 今回の展示で、「浮世絵」も江戸時代オンリー、広くても明治期までだったのが、昭和初期まで対象期間が延びたことを高らかに宣言したになります。
 まさしこの大正新版画は「浮世絵」の最後の輝きだったのかもしれませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-09 06:26 | 鑑賞記-展覧会

携帯電話「SH-04A」を買う

d0001004_12355052.jpg 携帯電話「SH-04A」を買った。
 わが携帯電話もバッテリーの持ちが極端に短くなってきていました。その上、つながっているのに相手の声が聞こえなかったり、声のトーンがおかしく聞こえたりといった現象が時々発生するようになってきました。
 この機種を買ったのが2006年ですから3年以上も使ってることになります。
 まぁ、限界かなぁということで、買い換えることにしました。

 新たに選んだ機種は機種はシャープの「SH-04A」です。
 今年の2月発売ですから、ヒョッとしたら年末にも新機種発売かもしれない機種でしたが、まぁ、そんなに新製品にこだわる必要もないかと、衝動的にドコモショップで買い換えてしまいました(下手すると数ヶ月は待たされるかもしれませんしね)。
 この機種はPROシリーズで、タッチパネル&QWERTYキーがウリです。
 わたくし、どうにも携帯電話の文字入力になじめなかったのでQWERTYキー付きというに惹かれてしまいました。
 さらに今回買った自動車のカーナビとの連携にbluetooth対応している機種であることも条件でしたが、この機種は公式に動作確認済みだったことも決め手になりました。
 もちろんカメラ&ムービー(520万画素、手ぶれ補正付き)、ワンセグ、GPS機能といった日本製携帯の基本機能もほとんど網羅していますし、ネットとの親和性もけっこう配慮してあるようです。 価格的には前の機種よりグーンと高くなって62,699円もしますが、2年月賦にして基本料金も安くなるので、そんなに負担にはならない仕組みになっていました。

 さっそく使ってみました。
 通常の携帯電話とは操作法はかなり異なっています。
 電話をかけるとか、メニューを呼び出すといった基本機能を操作することも、慣れるまではチョット戸惑います。
 何度か取扱説明書をめくって悪戦苦闘させられました。
 そもそも取扱説明書がひどすぎます。
 基本機能の使い方と細かい説明が一緒くたに記述してありわかりにくいことこの上なしです。その上、一連の簡単な操作をたどるのにも、ページを行ったり来たりしないとわからないといった駄目マニュアルの典型みたいな作りでした。せっかくの新機能もこの取説ではハードルを高くしているだけですね。
 いろいろ試してみて、基本的な操作がなんとかできるところですね。
 まぁ慣れればそんなに操作性が悪いと言うことでもなさそうです。
 これから、せっせといろんな機能を試してみようと思っています。設定もいろいろいじってみたいですしね。
 わたし的には、かなり愉しめる携帯になりそうな予感がしています。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-05 06:35 | 買い物

「トリノ・エジプト展」を見る(再訪)

d0001004_12322852.jpg 昨日(11月01日)「宮城県美術館」で展覧会「トリノ・エジプト展」を見た。
 08月に「東京都美術館」で拝見しましたが、仙台に巡回と言うことで、こちらで再訪してみました。
 まず、会場に到着してビックリ。なんと駐車場がいっぱいでした。結構離れたところの臨時駐車場に回されました。
 その上、チケット売り場から行列ができており、展示入り口2階から1階のロビーまで並んでいました。なんと入場まで30分待ちでした。
 こんなに混雑した「宮城県美術館」に遭遇したのは初めてです。
 「東京都美術館」で拝見したときはスムーズに入場できましたから、宮城県人はとりわけエジプト好きなんでしょうかね・・・。
 さて、この展覧会は、イタリア北西部にある「トリノ・エジプト博物館」所蔵コレクションの日本初の出張展示です。
 この博物館は世界屈指のエジプトコレクションを所蔵しているとのことです。収奪品の宝庫が英国やフランスだけでなくイタリアにもあったんですね。

d0001004_12323726.jpg 展示は第1章 トリノ・エジプト博物館、第2章 彫刻ギャラリー、第3章 祈りの軌跡、第4章 死者の旅立ち、第5章 再生への扉の区分となってます。
 ようやく入場を果たしても、最初のコーナーでは人を詰め込みすぎて、まったく人が動かず、鑑賞する環境ではないといった感じでした。
 このあたりは一度見たからいいやといった気持ちで後ろから覗き込む感じでザーッとやり過ごしました。
 でも、「彫刻ギャラリー」あたりからは、展示スペースもゆったりしていることもあり、ようやくじっくり拝見できるようになりました。
 今回の目玉展示である大型の彫像「アメン神とツタンカーメン王の像」、「イビの石製人型棺の蓋」といったところはじっくり眺めることができました。 
 まぁ、この彫像群を再見できただけでも満足度は高かったです。
 その後もパピルスに描かれた「死者の書」やミイラなどなどじっくり拝見させてもらいました。 再訪して、並んでまで見た価値は充分ありました。

 常設展示では「素描特集」やこの美術館の目玉であるカンデンスキーの作品などを拝見できました。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-04 06:32 | 鑑賞記-展覧会

「日本画にみる世界遺産の旅」を見る

d0001004_12294212.jpg 一昨日(11月01日)「茨城県立天心記念五浦美術館」で展覧会「日本画にみる世界遺産の旅」を見た。
 世界遺産を描いた日本画作品を集めて展示するといった企画です。
 竹内栖鳳や速水御舟といった日本絵画の歴史的大家の作品から平山郁夫などの現役の有名どころの作品、さらには岩永てるみといった若手までバラエティにとんだ人選になってます。
 最初は日本の世界遺産を描いた作品が並んでいるコーナーです。
 京都・奈良を描いた作品はたくさん並んでいるのですが、それ以外はかなり手薄の感じですし、世界遺産に指定されていても展示されていない地区もありました。
 せっかく世界遺産の旅とうたってるんですから、日本の世界遺産ぐらいはすべての地点の作品を揃えて欲しかったですね。
 作品のできばえで選んだわけでもなさそうですから、なおさらそう思ってしまいますね。

d0001004_12295070.jpg 日本以外の世界遺産のコーナーとなれば、無数にある世界遺産ですから、選択はかなり自由となっています。
 でも、その自由度を活かした選択にはなっていなかった気がします。
 なにか選択基準が恣意的といった印象だけが残りました。
 作品そのものを重視するのか、対象地である世界遺産を重視するのか、の曖昧さが中途半端な印象を残した要因だと思います。
 かなり安易な企画にも思えましたが、現代の観光名所を綺麗な日本画で巡るということで、観客を呼ぶ企画としては成功だったのかもしれません。
 実際に人気があるようで、観光バスまで来ていました。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-03 06:29 | 鑑賞記-展覧会

「ビュフェとアナベール展」を見る

d0001004_10491714.jpg 昨日(11月01日)「いわき市立美術館」で展覧会「ビュフェとアナベール展」を見た。
 横浜そごうでの展示を見逃したので、会期終了間近にこの地でなんとか間に合いラッキーでした。
 静岡県にある「ベルナール・ビュフェ美術館」所蔵コレクションの出張展示です。
 このコレクションの一部は、以前、「損保ジャパン」に出張展示されていたのも拝見したことがあります。
 世界一のビュフェ・コレクションを所蔵するだけあって、所蔵作品だけでビュフェの全貌を知るに足る展示ができるんですから大したもんです。


d0001004_10501494.jpg 今回の展示は奥さんのアナベールを描いた作品がテーマとのことです。
 でも、多少はアナベールを描いた作品も展示してありましたが、そこにテーマを絞りきった展示とはなっていませんでしたね。
 でも。まぁ、ビュフェの作品をたくさん拝見できただけでも有り難い限りでした。
 ところで、今回は展覧会用の図録もなかったようですし、展示リストもいただけなかったのはチョット残念でした。
 
 常設展示は地元、いわきに関係するアーチストの作品展示でした。
 一人も知ってる人がいなかったです。
 この美術館のお宝コレクションは次回に大々的に展覧会として展示するようですね。
 その他には斎藤定さんという方の写真連作もロビーのコーナーに展示してありました。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-02 06:48 | 鑑賞記-展覧会

2009年10月読書記録

 2009年09月の読書記録です。
 10月に読んだ本は11冊でした。
 質、量ともに低調な月でした。あたりまえですがハウツー本にはろくなもにはありませんね。来月からはもう少し読む本のレベルをあげなくてはなりません。
 まぁ、10月に読んだ中では川上弘美さんの小説を読めたぐらいが収穫といえば言えるかもしれません(でも、川上さんの代表作といえる作品ではありませんね)。
 週間本は順調に追いついていってます。
 図録は少々眼を通すことができましたが、まだまだ今年買ったのが17冊も残ってます。なんとか年内には全てに眼を通しておきたいですね。
 その他に佐藤亮一 「全国方言辞典 都道府県別」(三省堂)も買いました。結構興味深い辞典でした。
 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

 書籍
△田中希美男「「デジタル一眼」撮影術入門」アスキー新書
△戸田覚「仕事がサクサク! パソコン整理の裏ワザ」青春出版社
△小山龍介「整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣」東洋経済新報社
△佐々木俊尚「仕事をするのにオフィスはいらない」光文社新書
△関川夏央「新潮文庫 20世紀の100冊」新潮新書
◇川上弘美「これでよろしくて?」中央公論新社
△西田宗千佳「クラウド・コンピューティング仕事術」朝日新書
△「肉筆春画(別冊太陽」(平凡社)5/14を読む
△立花隆・佐藤優「ぼくらの頭脳の鍛え方」(文春新書)10/20
△佐藤育子・栗田伸子「通商国家カルタゴ (興亡の世界史03)」9/29
△鴻池朋子「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」を読む

 週刊本
-「週刊 国宝の美08号 [絵画3]王朝絵巻とやまと絵」
-「週刊 世界の美術館61号 アカデミア美術館とサンジョルジョ・マッジョーレ教会」
-「週刊 西洋絵画の巨匠 33号 ラ・トゥール」
-「週刊 国宝の美09号[絵画4]飛鳥・白鳳・奈良時代の絵画」
-「週刊 西洋絵画の巨匠 34号 ルドン」
-「週刊 世界の美術館62号 五島美術館と根津美術館」
-「週刊 国宝の美10号[建築3]飛鳥・奈良時代の寺院建設」
-「週刊 西洋絵画の巨匠 35号 ティツィアーノ」
-「週刊 世界の美術館63号 パリ市立近代美術館とギメ美術館」
-「週刊 国宝の美11号[彫刻3]白鳳・天平の金剛仏」
-「週刊 西洋絵画の巨匠 36号 エル・グレコ」
-「週刊 世界の美術館64号 奈良国立博物館」

 図録
-「図録 特別展「国宝 阿修羅展」を読む
-「図録 日本の美術館名品展」を読む
-「図録 クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」を読む
-「図録 江戸の幟旗」を読む
-「図録 海のエジプト展」を読む

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-01 06:44 | 読書記録(まとめ)