<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「オノレ・ドーミエ版画展」を見る

d0001004_1551331.jpg 先日(07月02日)「国立西洋美術館」で展覧会「オノレ・ドーミエ版画展―『カリカチュール』と初期の政治諷刺画―」を見た。
 先月、福島県立美術館の「25年目の贈りもの展」でドーミエの版画が新収蔵品として、けっこうまとまって展示されていました。
 わたしの好みにドンピシャリと、けっこうドーミエさんに興味を覚えて、もう少し知りたいと思っていたら、ちょうどタイミングよくこちらで展示スタートです。ラッキーですね。
 まずは美術館の説明文から。
 「19世紀フランスを代表する諷刺版画家オノレ・ドーミエ(1808-1879)は、その生涯にわたって約4000点のリトグラフ、約1000点の木版画を残しています。本展では、1700点にも及ぶ当館所蔵のドーミエのリトグラフから『カリカチュール』誌に掲載された初期の政治諷刺画に焦点をあて、約40点を紹介します」とのことです。 凄いですねぇ。1700点も所蔵してるんですか。さすが西美。
 でも、もったいないですねぇ。1700点も所蔵していたって、数年に1回40点程度の展示じゃ、100年かかっても展示し切れないじゃないですか。
 モットどんどん公開してくださいよ。
 さて、今回の展示は「第1章 国王陛下の七変化」、「第2章 政治家の本態」、「第3章 自由と平等の希求」といった区分となっていました。
 いずれも毒気たっぷりの風刺のきいた諧謔の世界です。
 ユーモアたっぷりに描かれた作品はどれも笑ってしまいます。静かな美術館でひっそり拝見するのはチョット場違いかもしれません。
 一見すれば意味もなんとなくわかる気もするのですが、おそらく裏に隠された政治的に危ない風刺もかなりあるんではないでしょうか。そのあたりの詳しい解説も欲しかった気がします。
 いずれにしても、ドーミエさんの独特な世界を満喫できる展示でした。

 こちらもカポディモンテ美術館展といっしょに再訪しなくてはなりませんね。

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-09 06:50 | 鑑賞記-展覧会

「ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展」を見る

d0001004_14214013.jpg 先日(07月02日)「国立西洋美術館」で展覧会「ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展 ルネサンスからバロックまで」を見た。
 カポディモンテ美術館。
 わたしには初めて聞く名前なんですが、ナポリにあるイタリア有数の美術館だそうです。
 なんせ国立西洋美術館が持ってくるんだから、並の美術館じゃないですよね。
 一応説明文を写しておきます。
 「ナポリの丘の上に建つその名もカポディモンテ美術館(カポディモンテとは「山の上」の意)は、イタリアを代表する美術館のひとつとしてその名を知られています。
 所蔵品の核となっているのは、16世紀にファルネーゼ家が収集した作品です。当時権勢をふるったファルネーゼ家は、一級の美術品を収集することで家名を高めました。本展の前半は彼らが収集したルネサンスからバロックまでの作品を紹介します。後半は、17世紀のナポリ絵画を紹介します。当時ナポリはバロック美術の中心地のひとつとして、多くの優れた画家たちを輩出しました。これらはナポリを統治したブルボン家が収集したものでした。
 展示されるのは約80点の絵画・彫刻・工芸・素描です。かつての大貴族の栄華を物語る名品の数々をご鑑賞ください」とのことです。

 今年は印象派ばっかり目立って、チョット食傷気味になってますんで、こういいった正統的なオールドマスターの展示は貴重です。

 前半は「Ⅰ.イタリアのルネサンス・バロック美術」ということす。
 由緒正しい正統的な大作がずらりと揃って展示されている様は壮観です。チョット気軽になんて作品はまったくありません。重厚かつ荘厳な作品達です。
 わたくしめもチョット居住まい正して拝見させてもらいました。

 その中から有名どころをいくつか。
 まずは、なんといってもパルミジャニーノ《貴婦人の肖像(アンテア)》です。
 チラシやポスターで大々的に扱われていますし、今回の展示の目玉中の目玉ですね。
 意志が強そうで凛とした感じが凄いです。はたして貴婦人なのか娼婦なのか興味深いですね。
 ブロンズィーノ《貴婦人の肖像》。美しいですね。気に入っちゃいました。
 ティツィアーノ《マグダラのマリア》。すごいですね。ティツィアーノさんも持って来ちゃったんですね。
 エル・グレコ《燃え木でロウソクを灯す少年》。さすがエル・グレコ。一気に彼の世界になってしまいます。大好きなエル・グレコ見れただけでも大満足です。
 グイド・レーニ《アタランテとヒッポメネス》。大胆な構図にしばし唖然。
 その他書けば切りないので、この辺でやめておきます。

 中間に「Ⅱ.素描」で中休み。有名どこが並んでました。

 後半は「Ⅲ.ナポリのバロック絵画」ですが、こちらは門外漢にはほとんど名前の知らない画家たちの作品でした。
 解説によるとカラヴァッジョが2度ほどこのナポリに滞在したことで、その影響をうけた作品が多いとのことですが、なんとなく納得。

 それらの中ではアルテミジア・ジェンテレスキ《ユディットとホロフェルネス》が強烈なインパクトを与えてくれてます。
 血みどろの作品です。凄いですね。
 作者のアルテミジア・ジェンテレスキは世界初の女性画家で、先輩画家に犯され、男に対する恨みを絵に込めたなんて説明読むと、なおさら背筋がぞっとします。
 野次馬根性でこの作品見ただけでも、充分元が取れる展覧会です。

 まだまだ興味深い作品目白押しです。こんなに充実したオールドマスターの展示が日本で見ることできるなんて最高です。
 会期はまだまだあるので、絶対、再訪しなくてはね。

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-08 06:21 | 鑑賞記-展覧会

「マコトフジムラvs若手作家 日本画最新事情」を見る

d0001004_11471556.jpg 先日(07月02日)「佐藤美術館」で展覧会「マコトフジムラvs若手作家 日本画最新事情」を見た。
 マコトフジムラさんは日系米国人として日本に留学し、日本画を学んだ人のようです。1980年代後半に「日本画」のイメージを大きく変えようとする動きの中心的役割を果たした人とのことです。
 恥ずかしながら、そういった動きも含めてはじめて知りました。
 その動きをした人の中に岡村桂三郎、斉藤典彦といった方々がいるそうですが、このお二人は個展を拝見したことがあるます。
 でもマコトフジムラさんはノーマークでした。
 さて展示は、3階のフロアーにマコトフジムラ作品が大小取り混ぜて11点ほど展示されていました。
 わたし以外には見ている人もいなかったので、独占的に拝見できました。
 作品としては抽象画を岩絵の具で描きましたといったとこです。
 ただ抽象画といっても、なんとなくその対象物が浮かび上がってくるといった感じでした。
 今から見れば特にインパクトはありませんが、その頃の伝統的な日本画の世界では果敢な試みだったのかもしれませんね。
 それの流れを引き継いだということでしょうか、4階のフロアーにはそれ以降の世代の日本画アーチストの作品が展示されていました。
 名前だけでも写しておきます。
 荒井経、石崎昭亜、奥村美佳、神戸智行、鴻崎正武、高木優子、中村寿生、牧野環、伴戸玲伊子、古市正彦、松井冬子、三瀬夏之介。
 この中では松井冬子、三瀬夏之介のお二人がダントツで有名ですね。
 
日本画の現在を知る上で大変興味深い展示でした。

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-07 06:46 | 鑑賞記-展覧会

「ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景」を見る

d0001004_10281687.jpg 先日(07月01日)「Bunkamuraザ・ミュージアム」で展覧会「ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景」を見た。
 フランスのアルザス地方の中心都市ストラスブールの美術館の日本初公開とのことですが、今回はそのコレクションの中から近現代の風景画にまとをしぼった展示だそうです。
 1.窓からの風景―風景の原点、2.人物のいる風景―主役は自然か人間か、3.都市の風景―都市という自然、4.水辺の風景―崇高なイメージから安らぎへ、5.田園の風景―都市と大自然を繋ぐもの、6.木のある風景―風景にとって特別な存在、といった描かれた内容別に展示してありました。
 約80点ほどが展示されていますが、どちらかと言えば穏やかに風景を描いた作品が淡々と並んでいるといった感じです。
 その上、わたしには初めて目にする画家が大半でもあります。副題にあるような「コロー、モネ、シスレーからピカソまで」というような華やかな感じはありませんね。
 かなり渋めなセレクションといった感じでした。

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-06 06:35 | 鑑賞記-展覧会

「浮世絵入門」を見る

d0001004_16245647.jpg 先日(07月01日)「山種美術館」で展覧会「浮世絵入門」を見た。
 こちらの美術館は近代以降の日本画がウリとなっていますので、自前の収蔵品だけで浮世絵展が開催というんでビックリして訪れてみました。
 でもまぁ、こちらの美術館は、移転してから訪ねるのが大変になりましたね。恵比寿駅からだらだらと続く上りの坂道、そのうえなんと歩道橋と幾多の試練をクリアーしないとたどり着けません。暑い季節は特にシンドイです。
 とまぁ、やっとこたどり着いて、ほっとしながら涼しい館内で展示を拝見しました。
 展示の中心となっているのは、広重の「東海道五拾参次」の一挙公開です。
 なんといっても浮世絵では有名中の有名作ですが、全展揃いの展示を見たのは、わたしも3度目ぐらいだと思います。
 初心に返って、じっくり拝見させてもらいました。
 その他には春信、清長、歌麿、写楽、北斎といった有名どころののみで構成された展示となっていました。
 そういった意味でも、展覧会の題名ともなっている「浮世絵入門」の展示でしたね。
 ただ、もはや浮世絵を「六大浮世絵師」なんて枠組みでとらえるのは、一時代前のくくりかたの展示といった気がしないわけでもありませんでしたがね・・・・。
 まぁ、こちらの美術館も浮世絵のコレクションがいろいろあることが分かっただけでも収穫でした。20年ぶりなんて言ってないで、定期的に公開して欲しいもんです。

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-05 06:24 | 鑑賞記-展覧会

「ジオメトリック・イメージズ」+「projectN 41喜多順子」を見る

d0001004_1622505.jpg 先日(07月01日)「東京オペラシティアートギャラリー」で展覧会「ジオメトリック・イメージズ」と「projectN 41喜多順子」を見た。
 まず「ジオメトリック・イメージズ」。
 収蔵品展の第33回ですが、いわゆる抽象絵画の特集です。幾何学的な作品がずらりと並んでいます。
 わたし的にはチョット退屈な作品が多かった気がします。
 なんせ同じ抽象作品でも猪熊弦一郎さんの後では格が違うって感じでした。 でも、吉原治良さんの作品や李禹煥さんといった、この美術館の代表的コレクションに再見できただけでも良しとしておきましょう。

d0001004_16231066.jpg 次は「projectN 41喜多順子」。
 比較的若い作家を紹介する展示ですが、こちらも41回目とは凄いですね。
 喜多順子さんの作品はたぶん初めて拝見するんだと思います。
 写真を基にして、布に水彩で描くといった技法のようです。
 よく理解できたとはとうてい思えませんが、淡い色使いが好ましい感じでした。
 今を象徴するような希薄で優しげな感じというんでしょうか。
 もう少しいろんな作品を見てみたい気もしました。

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-04 06:22 | 鑑賞記-展覧会

「猪熊弦一郎展『いのくまさん』」を見る

d0001004_16192481.jpg 一昨日(07月01日)「東京オペラシティアートギャラリー」で展覧会「猪熊弦一郎展『いのくまさん』」を見た。
 猪熊弦一郎(1902-1993)さんの作品はいろんな機会に眼にしてきました。なんといったって三越の包装紙は超有名ですよね。
 ただ、まとまって拝見するのは今回がはじめてでした。
 今回の展示は「2007年に丸亀市猪熊弦一郎現代美術館において開催された展覧会の東京展で、同館所蔵の猪熊作品約100点を展示します。まるで絵本の中を歩くように、谷川氏による簡潔で美しい文に導かれ、「顔」「鳥」「猫」「色」「形」といったテーマに沿って猪熊の絵画世界を巡る本展が、絵を描くこと、創ることのよろこびに触れる機会になることでしょう」とのことです。 詩人の谷川俊太郎さんが猪熊弦一郎さんの絵に言葉をつけて構成した絵本「いのくまさん」から生まれた展覧会とのことで、谷川さんの詩「こどものころから えがすきだった いのくまさん。おもしろいえを いっぱいかいた」、「いのくまさんは じぶんで じぶんの かおをかく」、「ほかのひとの かおをかく」、「たくさん たくさん かおをかく」・・・・・と、その言葉にあわせて作品が展示されています。
 ハードルを思いっきり低くし、子供でも猪熊ワールドに引き込んでくれるという仕掛けです。
 そしてその試みは見事に成功していますね。
 具象と抽象を自由に行き来した、猪熊さんの幅広い世界を十分愉しませてもらいました。

 ただ、今回はあくまで谷川俊太郎さんの視点からクローズアップした猪熊弦一郎さんといった側面が強いですから、もっと別の視点から猪熊弦一郎さんに接近していきたいですね。

 ともかくも、今回の展示でわたしには猪熊弦一郎さんが大きな存在に思えてきました。
 マイブームになりそうな予感がしています。

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-03 06:18 | 鑑賞記-展覧会

2010年06月読書記録

 2010年06月の読書記録です。
 06月は11冊しか読めませんでした。5月に続いて低調なままです。
 そんな数少ない読書でしたが、心に残った本をいくつか挙げておきます。
 宮下さんと吉川さんの新書版の美術本は力のこもった著作でした。四方田さんの新書版の映画本も目配りの効いた力作ですね。
 でもなんといっても今月のベストワンは野間さんのハングルの誕生を描いた作品です。こちらも新書版ですが、学術書といってもいいぐらい力がこもっていました。学者恐るべしです。

 一方、今月は×を付けた著作が2冊もありました。めったに×なんて付けないんですが、この2冊はひどすぎます。
 前者は韓国人、後者はアメリカ先住民に対する強い偏見が根底に流れていました。正論を吐いているように科学的な装いをまといながら頑迷な偏見を主張するジャーナリストと大学教師といったとこでしょうか。
 こういった本にあたってしまうと悲しくなりますね。こんな本読まされると、つくづく人間って進歩してないだけじゃなく、退化してるんじゃないかと思ってしまいます・・・・・。

 そうそう「興亡の世界史」もようやっと完結です。だいぶ待たせた割には内容の薄い最終配本の一冊でした。このシリーズはレベルのバラツキが大きいシリーズでしたが、最後はハズレでした。

 評価は次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

書籍
◇宮下規久朗「ウォーホルの芸術 20世紀を映した鏡」(光文社新書)
△加島祥造「美のエナジー 加島祥造詩画集」(二玄社)
◇吉川節子「印象派の誕生―マネとモネ」(中公新書)
△姜尚中、玄武岩「大日本・満州帝国の遺産(興亡の世界史18)」(講談社)
△「BRUTUS2010年06/15特集:印象派、わかってる?」(マガジンハウス)
△「一個人2010年07月号特集:日本の仏教入門」(KKベストセラーズ)
×室谷克実「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)
◇四方田犬彦「『七人の侍』と現代-黒澤明再考」(岩波新書)
△「芸術新潮2010年6月号 特集:ルーシー・リー」(新潮社)
×G.コクラン、H.ハーペンディング「一万年の進化爆発」(日経BP社)
◇野間秀樹「ハングルの誕生 音から文字を創る」(平凡社新書)

週間本
-「週刊 国宝の美36[絵画11]肖像画」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美37[彫刻13]肖像彫刻」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美38[絵画12]渡来絵画」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美39[建築10]中世の禅宗建築」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美40[建築11]桃山時代の建築」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美41[絵画13]風俗画」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美42[絵画14]等泊と永徳」(朝日新聞)
-「週刊 国宝の美43[工芸3]刀剣」(朝日新聞社)

図録
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-02 06:16 | 読書記録(まとめ)

2010年06月鑑賞記録

 2010年06月鑑賞記録です。
 06月は8つの展示しか見ることができませんでした。02月以来の低水準でした。こういうバラツキのある見方をするから、大事な展示を見落とすんですよね。
 まぁまぁそうは言っても、結局、上半期は87の展示を見ての折り返しとなりました。半年の展示数としては、まぁまぁでしょうかね。
 なにはともあれ下半期もがんばろう(何を頑張るか意味不明)。

 さて、その数少ない06月に訪れた展示の中では「山本丘人展」と出光の「屏風展」が心に残りました。
 「山本丘人展」は2006年の「平塚美術館」以来ですが、素晴らしかったです。初期から晩年まで見通すことが出来ました。丘人さんはもっともっと評価が上がっても良いと思うんですが、そのきっかけになってくれればと思います。
 出光美のコレクションの奥深さも半端じゃないですね。屏風の名品がそろい踏みでした。あらためて感嘆させられました。

 今月も映画とコンサートがご無沙汰でした。07月にはこちらも途切れないようにしたいですね。

 評価基準はいつもと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で勝手な評点です。
 では、一覧ともいえないです一覧です。

展覧会
△「江戸を開いた天下人 徳川家康の遺愛品」(三井記念美術館)
△「中島千波の花鳥画の世界展」(日本橋三越)
◇「生誕110周年記念 山本丘人展」(日本橋高島屋)
△「印象派はお好きですか?」(ブリヂストン美術館)
△「会田誠+天明屋尚+山口晃」(高橋コレクション日比谷)
◇「屏風の世界―その変遷と展開―」(出光美術館)
△「アンドレ・ボーシャン展」(福島県立美術館)
-「25年目の贈りもの展(再訪)」(福島県立美術館)

映画
 なし

コンサート
 なし

その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2010-07-01 06:14 | 鑑賞記録(まとめ)