<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年11月読書記録

 2012年11月読書記録です。
 11月に目を通すことができたのは、書籍や特集雑誌が17冊、図録が14冊でした。
 その中で心に残った本について少々ふれておきます。

 まず小熊英二さんの「社会を変えるには」ですが、新書版とは言いながら、厚さも500ページを超える力作です。衆院選と都知事選のさなかですが、代議制民主主義をとらえなおすには絶好の著作です。
 山口晃さんの「ヘンナ日本美術史」は思いがけない好著です。画家の軽いエッセーと思って手に取ったのですが、日本美術に対する鋭い視点が至る所にちりばめられています。山口晃さん、画家として日本美術の最先端を走ってるだけではないんですね。本当に勉強になりました。
 村上隆さんの「Murakami: Ego」はドバイで開催された展覧会の図録ですが、村上隆さんの最新作がずらりと並んだ様は壮観です。日本に巡回しないのは残念です。図版もワイドに収録されていて、書籍としても永久保存版です。
 その他にも中沢新一「大阪アースダイバー」、国枝昌樹「シリア アサド政権の40年史」、池井昌樹・植田正治「手から、手へ」、黒崎政男「今を生きるための「哲学的思考」、「DAYS JAPAN2012年12月号」などが心に残りました。

 評価は以前と同じく次の通りです。◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」。あくまでも独断の勝手な評価です。
 週刊本及び図録には評価は原則付けません。
 では、一覧リスト。

書籍
◇ノーム・チョムスキー「アメリカを占拠せよ!」(ちくま新書)
◎小熊英二「社会を変えるには」(講談社現代新書)
◇中沢新一「大阪アースダイバー」(講談社)
△中村士「日本の暦と和算」(青春出版新書)
△「BRUTUS(ブルータス)2012年11/15号特集:ブルータスの映画特集 女優」(マガジンハウス)
△「みちのくの仏像(別冊太陽)」(平凡社)
◇国枝昌樹「シリア アサド政権の40年史」(平凡社新書)
△菅直人「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」(幻冬舎新書)
△「ザ・ビートルズ50th Aniversary Special!!」(シンコーミュージック)
△王敏「吉祥ありがた図鑑 幸運をもたらす干支のいわれ」(実業之日本社新書)
◎山口晃「ヘンナ日本美術史」(祥伝社)
◇池井昌樹・植田正治「手から、手へ」(集英社)
△「日経ビジネスアソシエ2012年12月号特集:整理術」(日経BP)
△「PEN(ペン)2012年7/5号 特集:ビートルズが聴こえてくる。」(阪急コミュニケーションズ)
◇黒崎政男「今を生きるための「哲学的思考」(日本実業出版社)
◇「DAYS JAPAN2012年12月号特集:信頼できる甲状腺医はどこにいる?」(デイズ ジャパン)
◎村上隆「Murakami: Ego」(Skira Rizzoli)

週刊本
 なし

図録
―「図録 没後70年 竹内栖鳳 ―京都画壇の画家たち―」(山種美術館)
―「図録 大正・昭和のグラフィックデザイン 小村雪岱展」(ニューオータニ美術館)
―「図録 日本の70年代 1968-1982」(埼玉県立近代美術館ほか)
―「図録 篠山紀信展 写真力 PEOPLE by KISHIN」(読売新聞社)
―「図録 近江路の神と仏 名宝展」(三井記念美術館)
―「図録 出雲―聖地の至宝―」(島根県立古代出雲歴史博物館)
―「図録 徳川家康の肖像(すがた)-江戸時代の人々の家康観-」(徳川記念財団)
―「図録 はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ」(大修館書店)
―「図録 ジェームス・アンソール展」(NHKプロモーション)
―「図録 没後120年 月岡芳年」(太田記念美術館)
―「図録 メトロポリタン美術館展 大地、海、空—4000年の美への旅」(読売新聞社)
―「図録 中国 王朝の至宝」(NHKほか)
―「図録 維新の洋画家 川村清雄」(江戸東京博物館ほか)
―「図録 巨匠たちの英国水彩画展」(朝日新聞)

[PR]
by daisenhougen | 2012-11-30 06:48 | 読書記録(まとめ)

2012年11月鑑賞記録

 2012年11月の鑑賞記録です。
 久しぶりですが、記録パターンは以前と同じにします。月一回、その月見に行ったり聴きに行った展覧会や映画、コンサートやその他をまとめておく備忘録です。リストだけではつまんないので、ついでに勝手な評価もつけさせて貰ってます。

 11月は22の展示を見ることができました。先月は1つも見に行けなかったのとは大違いでした。やっぱり展示会に足を運べば、素晴らしい出会いがありますね。

 今月のナンバーワンは「はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ」展でしょうか。浮世絵の最終ランナー的な扱いの国芳が、実は明治以降の日本美術の源流なのだといった主張を込めた展示です。
 最近やたら開催されている国芳展とは、かなり趣が違う展示でした。新たな視点から江戸末期から近代の美術の流れを見直すことができました。
 そしてその観点から見ると、今月拝見した「竹内栖鳳展」、「月岡芳年展」、「小村雪岱展」、「川村清雄展」といった素晴らしい展示も、もっと深みのある見方ができてくるのかもしれませんね。
 「日本の70年代 1968-1982」はその時代の雰囲気を「かろうじて」味わった世代としては興味つきない展示でした。
 「巨匠たちの英国水彩画展」もターナーの水彩画がたくさん展示してあったのだけでも大満足の展示でした。
 その他にも「メトロポリタン美術館展」はちょっとまとまりの無い展示の気もしましたが、ゴッホの「糸杉」が見れただけでも満足でしたし、「アンソール展」の「悲しみの人」には衝撃を受けました。「近江路の神と仏」や「中国 王朝の至宝」なども心に残りました。

 映画とコンサートともに今月は行ってません。

 評価基準は以前とと同じで、◎は「最高」、◇は「良かった」、△は「まあまあ良かった」、×は「ちょっとねえ」です。再訪は評価マークはつけません。あくまでも小生の主観で勝手な評点です。
 では、一覧です。

展覧会
△「常設展示」(日光竹下夢二美術館)
◇「ジェームス・アンソール展」(損保ジャパン東郷青児美術館)
△「篠山紀信展 写真力 PEOPLE by KISHIN」(オペラシティアートギャラリー)
△「ナイーヴな作家たち」(オペラシティアートギャラリー)
△「project N 50榎木陽子」(オペラシティアートギャラリー)
◇「没後70年 竹内栖鳳 ―京都画壇の画家たち―」(山種美術館)
◇「没後120年 月岡芳年」(太田記念美術館)
◇「大正・昭和のグラフィックデザイン 小村雪岱展」(ニューオータニ美術館)
◇「近江路の神と仏 名宝展」(三井記念美術館)
△「第10回「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト」(日本橋三井タワーアトリウム)
◎「日本の70年代 1968-1982」(埼玉県立近代美術館)
△「常設展示 2012 MOMASコレクション 第3期」(埼玉県立近代美術館)
◇「メトロポリタン美術館展 大地、海、空—4000年の美への旅」(東京都美術館)
◇「中国 王朝の至宝」(東京国立博物館)
△「出雲―聖地の至宝―」(東京国立博物館)
△「宋時代の書」(東京国立博物館)
△「140周年特集陳列館蔵仏像名品選」+「常設展示」(東京国立博物館)
◇「維新の洋画家 川村清雄」(江戸東京博物館)
△「徳川家康の肖像(すがた)-江戸時代の人々の家康観-」(江戸東京博物館)
◎「はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ」(横浜美術館)
△「横浜美術館コレクション展 光をめぐる表現」(横浜美術館)
◎「巨匠たちの英国水彩画展」(Bunkamuraザ・ミュージアム)

映画
 なし

コンサート
 なし

その他
 なし

[PR]
by daisenhougen | 2012-11-29 07:30 | 鑑賞記録(まとめ)

ブログ再開します

 長らく中断していたこのブログ再開することにしました。
 中断から早くも2年近くになります。
 そもそも2005年3月11日に書き始めたこのブログも、2009年の後半ぐらいからだんだん更新頻度が落ちてきて、ついには2010年の年末で更新ストップの状態となってしまいました。
 継続するってのは本当に難しいもんですね。
 
 最近になって何か書いてみようという気になってきました。
 2年近くも中断したのですから、いっそ別なブログを立ち上げたほうがスッキルするんじゃないかと迷いもしました。
 でも、東京への単身赴任は今だ続いておりますので(もはや11年半)、単身赴任の備忘録としてのこのブログを継続しようと思いました。
 なんせ物忘れがひどいので、記録しておかないとすぐ忘れてしまいますので・・・・。
 中年男の(もはや老年か)迷言をいろいろとを書きつらねていきたいと思っています。

[PR]
by daisenhougen | 2012-11-28 21:22 | その他