雑誌「ユリイカ2009年5月号 特集:クリント・イーストウッド」を拾い読み

d0001004_8503157.jpg 雑誌「ユリイカ2009年5月号 特集:クリント・イーストウッド」(青土社)を拾い読みした。
 「グラン・トリノ」の感動の余韻がさめやらぬ中で、クリント・イーストウッド特集雑誌を手に入れました。
 巻頭は蓮實重彦×黒沢清の重鎮同士の対談「イーストウッドは何度でも甦ってしまう」からスタートです。さすがに唸らせる指摘が満載でした。
 でも、この特集号の目玉はなんといってもクリント・イーストウッドご本人へのインタビュー「イーストウッド、『グラン・トリノ』 を語る」ですね。
 準備中の次回作の進行具合も語ってくれてます。主演はモーガン・フリーマン、マッド・デイモンでネルソン・マンデラを描くようです。今から公開が楽しみです。
 青山真治、稲川方人、中条省平、蓮實重彦、丹生谷貴志といった一癖も二癖もある面々が力のこもった論考が収録されていました。
 それらの中でも、一番参考となったのはアメリカ文化が専門の越智道雄さんの「老人とフロンティア」でした。
 アメリカの政治状況など目から鱗の話が満載でした。思弁的な論考よりズーッと興味深かったです。
 なんせこの作品の題名となっているフォードの「グラン・トリノ」はシャーシーに問題があり、腐食に弱く、中古価格が低い、オールドカーとしても商品価格が低いと定評がある。主人公がこれにひとしお入れ込むのは、自分と車との出来の悪さでの同一化を表しているというんですから、まったく思いもかけない指摘でした。
 専門家おそるべしですね。
 巻末のクリント・イーストウッド監督作品ガイドも資料として有り難かったです。

[PR]
by daisenhougen | 2009-05-31 06:49 | 雑誌など
<< 2009年05月鑑賞記録 映画「グラン・トリノ」を見る >>