携帯電話「SH-04A」を買う

d0001004_12355052.jpg 携帯電話「SH-04A」を買った。
 わが携帯電話もバッテリーの持ちが極端に短くなってきていました。その上、つながっているのに相手の声が聞こえなかったり、声のトーンがおかしく聞こえたりといった現象が時々発生するようになってきました。
 この機種を買ったのが2006年ですから3年以上も使ってることになります。
 まぁ、限界かなぁということで、買い換えることにしました。

 新たに選んだ機種は機種はシャープの「SH-04A」です。
 今年の2月発売ですから、ヒョッとしたら年末にも新機種発売かもしれない機種でしたが、まぁ、そんなに新製品にこだわる必要もないかと、衝動的にドコモショップで買い換えてしまいました(下手すると数ヶ月は待たされるかもしれませんしね)。
 この機種はPROシリーズで、タッチパネル&QWERTYキーがウリです。
 わたくし、どうにも携帯電話の文字入力になじめなかったのでQWERTYキー付きというに惹かれてしまいました。
 さらに今回買った自動車のカーナビとの連携にbluetooth対応している機種であることも条件でしたが、この機種は公式に動作確認済みだったことも決め手になりました。
 もちろんカメラ&ムービー(520万画素、手ぶれ補正付き)、ワンセグ、GPS機能といった日本製携帯の基本機能もほとんど網羅していますし、ネットとの親和性もけっこう配慮してあるようです。 価格的には前の機種よりグーンと高くなって62,699円もしますが、2年月賦にして基本料金も安くなるので、そんなに負担にはならない仕組みになっていました。

 さっそく使ってみました。
 通常の携帯電話とは操作法はかなり異なっています。
 電話をかけるとか、メニューを呼び出すといった基本機能を操作することも、慣れるまではチョット戸惑います。
 何度か取扱説明書をめくって悪戦苦闘させられました。
 そもそも取扱説明書がひどすぎます。
 基本機能の使い方と細かい説明が一緒くたに記述してありわかりにくいことこの上なしです。その上、一連の簡単な操作をたどるのにも、ページを行ったり来たりしないとわからないといった駄目マニュアルの典型みたいな作りでした。せっかくの新機能もこの取説ではハードルを高くしているだけですね。
 いろいろ試してみて、基本的な操作がなんとかできるところですね。
 まぁ慣れればそんなに操作性が悪いと言うことでもなさそうです。
 これから、せっせといろんな機能を試してみようと思っています。設定もいろいろいじってみたいですしね。
 わたし的には、かなり愉しめる携帯になりそうな予感がしています。

[PR]
by daisenhougen | 2009-11-05 06:35 | 買い物
<< 「よみがえる浮世絵-うるわしき... 「トリノ・エジプト展」を見る(再訪) >>