人気ブログランキング |

「図録 プラド美術館展」を読む

d0001004_9481658.jpg 「図録 プラド美術館展」(読売新聞社)を読んだ。
 ファン・F・ルナ「プラド美術館とそのコレクションの歴史と発展」、大久保二郎「ローマのベラスケス(1630年)、古典古代と風景への感興―ヴィラ・メディチを舞台として」、木村亮「スペイン・ブルボン家の宮廷美術の展開とゴヤ」の論文が載っています。これでプラド美術館についての概要がわかりますね。
 本題の図版のページは1枚ごとに詳しい作品解説がついていて大変便利です。ゆっくり解説を読みながら眺めていると、時間のたつのも忘れてしまいますね。ときおり拡大図が載ってるのも良いですね。
 巻末には作家解説、プラド美術館の文献解題、プラド美術館の建物の歴史、年表などもついています。
 全体としてはかなり充実した図録に仕上がってます。ここで仕込んだ知識をもって、もう一度展覧会の見たいですね。会期は6月30日までですからチャンスはありそうです。

by daisenhougen | 2006-03-29 09:47 | 読書-展覧会図録
<< 「図録 よみがえる源氏物語絵巻... miniSDカードを買う >>