人気ブログランキング |

佐藤晃子「常識として知っておきたい日本の絵画50」を読む

 佐藤晃子「常識として知っておきたい日本の絵画50」(KAWADE夢新書)を読んだ。
 目次は以下のようになっています。1日本人として、これだけは知っておきたい名画,2麗しき女性像に誰もが魅了される名画,3華やかな美と色彩に圧倒される名画,4その静穏な世界にこころ癒される名画,5庶民の暮らしを巧みに活写した名画,6興味深い謎、意外なエピソードを秘めた名画,7大胆さとユーモアに思わず脱帽の名画,8再評価されつつあるいま注目の名画。
 日本美術の名画入門書ですね。特別、新鮮な視点とかがあるわけではありませんが、気軽に電車の中で読み飛ばすには良かったですね。
 日本絵画史のなかから50点を選ぶんですから、かなりの選択眼が要求されますね。この本では歴史的評価の定まった作品が大半選ばれていますが、中には変なのもありますね。竹久夢二の作品がベスト50にはいるとは到底思えませんが・・・・。
 でも、小生がこの50作品の内、現物を見たのは1/3程度しかありません。これじゃ大層なことは言えませんね。もっとせっせと美術館巡りをしなくては。
 忘れないようにリストを写しておきます。
「源氏物語絵巻 夕鶴」(五島美術館)
「慧可断臂図」雪舟(京都国立博物館)
「松林図屏風」長谷川等伯(東京国立博物館)
「風塵雷神図屏風」俵屋宗達(京都国立博物館)
「紅白梅図屏風」尾形光琳(MOA美術館)
「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」葛飾北斎(東京国立博物館)
「高松塚古墳壁画西壁女子群像」(奈良文化財研究所)
「鳥毛立つ女屏風」(正倉院)
「見返り美人図」菱川師宣(東京国立博物館)
「婦女人相十品 ポペンを吹く娘」喜多川歌麿(東京国立博物館)
「黒船屋」竹下夢二(竹下夢二伊香保記念館)
「序の舞」上村松園(東京芸術大学)
「日月四季花鳥図屏風」(出光美術館)
「四季花鳥図屏風」狩野元信(白鶴美術館)
「唐獅子図屏風」狩野永徳(宮内庁三の丸尚蔵館)
「山中常磐物語絵巻」岩佐又兵衛(MOA美術館)
「雪汀水禽図屏風」狩野山雪(個人蔵)
「動物綵絵 南天雄鶏図」伊藤若沖(宮内庁三の丸尚蔵館)
「松に孔雀図襖」円山応挙(大乗寺)
「雪中梅竹遊禽図襖」(名古屋城管理事務所)
「鳶鴉図」与謝蕪村(北村美術館)
「洞庭赤壁図巻」池大雅(ニューオータニ美術館)
「夏秋草図屏風」酒井砲一(東京国立博物館)
「斑猫」竹内栖鳳(山種美術館)
「三遊亭円朝像」鏑木清方(東京国立近代美術館)
「道」東山魁夷(東京国立近代美術館)
「病草子 眼病の治療」(京都国立博物館)
「信貴山縁起絵巻」(朝護孫子寺)
「一休宗純像」(東京国立博物館)
「洛中洛外図 舟木本」(東京国立博物館)
「夕顔棚納涼図」久隅守景(東京国立博物館)
「布晒舞図」英一蝶(遠山記念館)
「伴大納言絵巻」(出光美術館)
「伝源頼朝像」(神護寺)
「風俗図(彦根屏風)」(彦根城博物館)
「雨夜の宮詣で(見立蟻通)」鈴木春信(東京国立博物館)
「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」写楽(東京国立博物館)
「屈原」横山大観(厳島神社)
「地獄草子 雲火霧地獄」(東京国立博物館)
「鳥獣人物戯画 甲巻」(高山寺)
「布袋図」雪村(板橋区立美術館)
「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」本阿弥光悦・俵屋宗達(京都国立博物館)
「不忍池図」小野田直武(秋田県立近代美術館)
「東海道五十三次 庄野」歌川広重(川崎・砂子の里資料館)
「みかけはこわゐがとんだいい人だ」歌川国芳(町田市立博物館)
「朱達磨」白隠(萬壽寺)
「郡仙図屏風」曾我蕭白(京都国立博物館)
「虎図襖絵」長沢蘆雪(無量寺)
「観世音菩薩図」河鍋暁斎(日本浮世絵博物館)
「草炎」川端龍子(東京国立近代美術館)

by daisenhougen | 2006-05-17 07:57 | 読書-詩歌小説評論他
<< 地図「なるほど知図帳日本200... 「ニキ・ド・サンファル展」を見る >>