オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」を聴く

d0001004_2285549.jpg 昨日(3月27日)「新国立劇場」でオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」聴く。
 演出:コルネリア・レプシュレーガー、指揮:ダン・エッティンガー、出演:ヴェロニク・ジャンス/ナンシー・ファビオラ・エッレラ/中嶋彰子/グレゴリ-・トゥレイ/ルドルフ・ローゼン/ベルント・ヴァイクル、演奏:東京交響楽団、合唱:新国立劇場合唱団。
 席は3階正面の中央付近。前の日に@ぴあでチケットがとれたので、ガラガラかと思っていたら、ほほ満員なのでびっくりする。
 今年オペラを聴くのは2度目で、1月に同じ「新国立劇場」での「マクベス」以来。音の饗宴を満喫した。今回の「コジ・ファン・トゥッテ」は初めて聴く演目だが、モーツァルトのすばらしさを改めて認識。この美しい音楽がずっと続いてほしいと思ってしまう。演奏も小生にはりっぱな演奏に思えた。

[PR]
by daisenhougen | 2005-03-28 22:16 | 鑑賞記-コンサート
<< 吉本隆明「中学生のための社会科... 映画「カナリア」を見る >>