人気ブログランキング |

「週刊世界の美術館 第31号 ルーヴル美術館4」を読む

d0001004_10245544.jpg 「週刊世界の美術館 第31号 ルーヴル美術館4」を読んだ。
  ルーヴル美術館も今回で4冊目です。さすがにルーブルだけのことはありますね。
 今回は古代から一九世紀までの彫刻がいろいろ収録されています。
 そして表紙はやっぱり「ミロのヴィーナス」でした。ルーヴル所蔵の彫刻の代表といえばこれしかないですね。
 目次:<1階、地下1階の彫刻 必見ベスト3>ベスト1 「ミロのヴィーナス」、今さら聞けない名品の秘密、ベスト2 「瀕死の奴隷」ミケランジェロ、ベスト3 「クピドの接吻で目覚めるプシュケ」カノーヴァ、比べてわかる!名作の裏側「ランパンの騎士」、名品ギャラリー、見落とせないこの一点「サテュロスとディオニュソスの巫女」ジェームス・プラディエ、ヨーロッパ彫刻の楽しみ方、英雄の生涯 アレクサンダー大王、古代ギリシア・ローマの頃、日本では、名画に隠されたメッセージ 壺(甕)、パリ市内の美術散歩。
 講談社、2009年03月05日発行、580円、A4変形、35頁。

by daisenhougen | 2009-02-26 07:24 | 読書-詩歌小説評論他
<< 「週刊 西洋絵画の巨匠 4号 ... 陶山幾朗「内村剛介ロングインタ... >>